今日の睡眠前

日々の日記です。

十勝、日高方面

resize0839



珍しく風邪をひいてしまって体調不良だった先週末、カミさんのお付き合いで道立帯広美術館で開催されていた高倉健さんの追悼特別展に行ってきました。

resize0838



土曜日のお昼前に出発。十勝といえば豚丼、清水町のここで少し遅い昼食を食べました。

resize0837



黄色いハンカチ。帯広の中心部は今が紅葉一番でした。

resize0836



会場へ。

resize0835



撮影はここまで、残念ながら会場は撮影禁止です。

resize0834



藤丸デパートで食材を調達し、虫類の道の駅で車中泊。

resize0833



ここは朝風呂があるので最高です。

resize0832


天気の良い日の誰もいない朝風呂は最高です!

resize0840


その後南下し、2か月後には毛がに祭りが開催される広尾町の会場へ。もちろん閑散としています。(笑)

resize0831


さらに南下し、途中S男ちゃんがいないかチェックをしながら走行してひさびさのえりも岬。相変わらず風が強いです。

resize0830


浦河町の松山さんで昼食。マツカワの漬け丼、これは美味い!

resize0829


鵡川町で高い旬のししゃもを一串だけ買って帰宅。

resize0828


今回仕入れた食材はほとんど小分けしてお弁当のおかずになります。


太田山神社

1


大千軒岳から帰宅途中の朝風呂。20数年ぶりに熊石の熊の湯に来てみました。

2


もちろん無料で景色も最高!

3


喜寿のお祝いの帰りに通った太田山神社の前。どうするか迷いましたが山道具があるので登ってみることに。

4


最初の階段を上りきったところ。上の方が急になっています。

5


続いてロープ伝いにトラバースをしながら登ります。

6


20分程で女人堂に到着。

7


さらに急斜面をロープ伝いに登り・・・

8


登り始めて35分程で本殿の鳥居に到着。

9


ここから今にも落ちそうな怪しげな橋を少し歩くと・・・

10


本殿のある場所が見えます。ここからこの鉄輪の梯子を登れば終わりですが、お腹が痛くなってとても踏ん張れません!急いで退却!(苦笑)

11


上からの景色はこんな感じ。晴れていればとても素晴らしいかと。

13


下山して北上し、島牧のモッタ海岸温泉へ。500円也

14


誰もいないし時間が早いからなのか内風呂にはお湯が入っていません。

15


でも露天風呂は最高です!

16


ここは北海道には4か所しかないと言われているラジウムラドン温泉。しかも濃度が圧倒的に他の温泉と比べて濃いのです。つまりラジウム温泉としては北海道ではナンバー1

17


寿都町の道の駅の近くにある漁協の直売所で食べた海鮮丼500円、浜鍋は200円也!これは最高に美味かった!

大千軒岳

1



誰とも約束事も用事もなかった体育の日の連休、天気が良さそうなので前から行きたかった道南の山、大千軒岳に行ってきました。

土曜日の夕方出発、森町の道の駅で車中泊をし、5時30分出発。途中夜明けと共に見えた駒ヶ岳がとても綺麗でした。

2



登山口には10台程の車が停まっていました。7時50分登山開始、私が一番最後の登山者です。

3



ガイドブックには初めに吊り橋を渡ると書いていたのですが、それは古い情報で立派な木橋がかかっていました。

4



しばらくは川沿いの高巻を繰り返します。沢靴なら直登もできるかと。

5



1時間程で広い河原に到着。

6



たまりには逃げ遅れた岩魚がいました。

7



1時間半程で金山番所跡に到着。寛永16年(1639年
)に松前藩による隠れキリシタン処刑で106人が殉教した地だとか。

8



その後、しばらく沢コースらしく急登が続きます。この日は夏のように暑く、体から汗が吹き出します。

9



青森方面。残念ながら岩木山が見えません!

10



千軒平に到着。この景色が見たかった。

11



頂上直下から前千軒方面。途中追い抜いた登山者と下山者が数名歩いています。

12



頂上には11時15分に到着。約3時間30分です。風が強くてすぐ下山。

13



この山の一等三角点は最古なんですね。

14



千軒平でランチ。

15



紅葉は中腹あたりが一番綺麗でしたが、黄色ばかり。

16



素晴らしいコブの木。

17



14時20分に下山し、知内温泉へ。

19


ここはJRの地温泉として北海道では唯一選ばれた温泉宿です。日帰りですが、とても良かった。

18


松前の道の駅で食べた本マグロの漬け丼。これにはガッカリ。この後、乙部町まで北上し、道の駅で車中泊。


ニセイカウシュッペ山

1


今月初めの日曜日、スポーツクラブ仲間とは今年最後の夏山登山でニセイカウシュッペ山に行ってきました。

2


5時半自宅出発、登山口に向かう林道でまさかのパンク。凸凹道を走っていたので全く気づかず,後ろを走っていたカバ君が気づいてパッシングしたため、緊急停止です。

3


タイヤにはなんと石が刺さっていました。

4


借りた車だったのでスペアタイヤの取り方がわからず、マニュアルを見て一瞬あたふたしましたが、元整備士のカバ君、手際よくタイヤ交換。流石です!

17


それでも予定より大幅に遅れて登山開始。

6


1時間ほど歩くと見晴らし台に。上の方はうっすらと雪化粧です。

7


振り返ると大雪山の上は真っ白。夜中に降った雨は山の上では雪だったのです。

8



9


雪化粧した絶景を見ながらテンションは上がりますが・・・

10


私の計画の目的地はニセイカではなく右側に見えるアンギラス山

11


岩峰なのでどう登ろうかとルートも考えましたが、時間も遅れているし、雪の影響で滑りやすく危険と判断。

12


頂上では風が強くて寒く、写真をとって即退散!大雪山の方から吹いてくるので天然のクーラーなのです。

13


頂上直下の風の当たらないところでランチ。この日のメニューはももちゃんから頂いたおにぎりと、私の自家製チャーシューと玉子のラーメンです。

14


ランチをしながらアンギラス山の方を見ると頂上に3名見えましたが、この日は上記の理由で諦めました。

15


下山

16


紅葉もここではすっかり終わりです。

18


14時30分には登山口到着。

19



この日は愛別の協和温泉。緊急タイヤが目立ちます。

20


帰宅して我が家で安着。これがまた楽しい!そして22時解散です。

21

翌日タイヤ屋さんへタイヤを持って行ったところ、刺さった石が折れていました。こんな事もあるのですね!この勢いで宝くじ買わないと!(笑)

富良野岳〜カミホロ

2



スポーツクラブ仲間と同級生で富良野岳からカミホロカメットク山に行ってきました。
7時15分登山口からスタート、30分弱で安政火口に到着。

3



紅葉はカミホロとの分岐少し手前のこの辺りが一番でした。

4



何も見えないガスの中をしばらく歩いていたのですが、突然視界が開けてきました。

5



そして十勝岳も。でもこの少し後から十勝岳はこの日姿を現すことはありませんでした。

1



富良野岳頂上には2時間30分程で到着。でも視界はありません。写真を写して退却!

6



実はカミホロの分岐でじゃんけんをし、負けたK保さんが皆の最低限の荷物を背負っています。勝った私たちは楽ちん!(笑)

7



11時20分頃三峰に到着。ここでランチタイム。

8



この日の私のメニューはイオンの九州市で購入したちゃんぽん

9



カミホロカメットク山には12時40分に到着。残念ながら絶景が何も見えません!

10



かみふらの岳の頂上。三つめにもなると蟹の名前が出尽くします!(苦笑)

11



下山。

12



皆さんスリルが楽しそう!

13



14時45分下山。登山口の凌雲閣から見た紅葉が皮肉にも一番綺麗でした!(苦笑)

14



白銀荘の風呂上りに食べるソフトは超美味い!

15



そしていつも立寄るミシュランガイド掲載の蕎麦やさんが閉まっていたので、芦別の新宝来軒で、がたたんスープを美味しく頂きました。

夏山登山もあと2回ほどで終わりですね!

土曜日

4


今年はサンマが高くて買えませんが、鮭も高いですね!イクラを作ることができません。ひさびさに家の事ができた土曜日の事。スーパーで見つけて思わず購入した生鮭のカマ200円也。朝一番にスーパーのはしごをすると、たまに掘り出しものに出会う事ができます。

ソミュール液作って冷まし・・・

5



冷蔵後で4時間程寝かせました。

1



その間に牛を飼育している先輩から堆肥を頂き私のニンニク畑に入れました。

2



スコップで土を耕すのは腰にとても悪いです。

3



それでもなんとかマルチ張りまで完了。

6



冷蔵庫から取り出したカマを乾かし、車庫や物置の片付けです。

7



そして夕方燻製に・・・

8



200円で購入した鮭が生まれ変わりました。とても美味い!(笑)

おたる亭

1


大阪から陽ちゃん夫妻が来道したので、急遽S男ちゃんの会社の数ある中のお店で席をセットしてもらいました。昨年の広尾かに祭り以来なので陽ちゃん夫妻に会うのは9か月ぶりです。

2


私には似合わない高級感漂う雰囲気のお店。

3


4


6


7


8


もちろん料理は最高に美味いです!おたる亭最高!

5



そして日本酒の美味しい季節になってきましたね!

仕事が終わってから電車に乗ってとんぼ帰りでしたが、久しぶりに乗った終電!プチ旅行気分になれました。

また12月には陽ちゃん夫妻に会えるのが楽しみです。
そしてS男ちゃん、どうもご馳走さまでした!<m(__)m>

美瑛富士

4


山岳会で美瑛富士に行ってきました。本当は一泊二日の予定でオプタテに行く予定でしたが、台風接近の為に日帰りでオプタテを予定しました。

1


6時45分スタート。

2


台風が接近している影響なのか東風。北南に稜線が連なる十勝岳連峰には雲がかかってしまいました。晴れる祈りもむなしく・・・

3


天気が悪く避難小屋で行先をオプタテから美瑛富士に変更。それでも頂上直下は風が強くてとても冷たく、まるで初冬訓練のようでした。

5


登りは登山口からここまで3時間。ここから頂上までは1時間、写真を写して即避難小屋に戻ってきました。12時30分にランチタイム。

6


久しぶりの袋ラーメン。

7


下界はやっぱり晴れていました。

8


下りはスピード下山。大まかな休憩はここの自然庭園のみです。

9


避難小屋から2時間で下山。白金温泉に入って帰宅途中、大雪山の方を見ると雲がなく晴れていたので愕然としました。今年の私の秋山登山は天気には恵まれないようです!

10


翌朝家の周りの台風対策に追われ・・・

11


この辺りは何も被害がなくてよかったです。

緑岳

1


10日の日曜日、スポーツクラブ仲間達と緑岳に行ってきました。

2


自宅6時出発9時登山開始。天気はどんよりです。

3


緑岳の紅葉はまだ早いかなと思っていたのですが・・・

4


少し登ると色が変わってきました。

5


この後、突然の雨。急にとても寒くなりました。

6


でもそんなには雨は長く続かず、葉についた水滴も綺麗でした。

7


残念ながら青空は出てきませんが、こんな登山道だと歩きながらも心が癒されます。

8


チングルマの群生。7月中下旬頃なら花満開でしょうね!

9


ウラシマツツジも赤く染まっています。

10


上の方は岩場。

11


2時間半で頂上に着きましたがとても寒くてインスタントラーメンを食べてすぐ撤退。下山家達なので下りのスピードはとても早いのです。次から次へと他のパーティ達をごぼう抜き!

12


それでも急所はケガをしないように慎重に。私の流儀です。

13


下りタイムは1時間半程

14


久しぶりの高原温泉の白濁湯は気持ちが良かった!

15


帰宅途中に旭川のやまねこ軒さんで夕食。私が食べたのはタラと牡蠣のキノコソテー。女性が多い時には少しお洒落なお店を選ばないとね!(笑)


釧路まで

1



近年この時期、道東に仕入れに行く口ばしが黄色くて背が盛り上がっている秋刀魚。仕事が終わって出発するので、夕食はいつも富良野の支那虎さん!

2



今までは恋問の道の駅で車中泊をしていましたが、道東道が阿寒まで延びたので、無料区間が始まる本別町の道の駅で車中泊をしました。

3



朝起きて1時間半程で釧路市内へ。まずは6時から営業しているお風呂に入ります。

4



そして一件目。生サンマの高いのには驚きました。一番型の良いものは13匹で8,300円、私には手が出ません!今年は今まで以上に不漁のようです。

5



違うものを少し購入し、サービスのすりみ汁を頂きました。超美味です!

5-1



市内観光ついでに幣舞橋のロータリーを回って・・・

6



和商市場へ。ここでも同じくサンマは超高め!

7



イワシとサバとサンマの勝手丼。一般の観光客達は2〜3千円の高価なものを食べていますが、私のはライスも含めて630円也!

8



サンマは諦め久しぶりにスパカツの名店泉屋さんから独立した千房さんへ。

9


千房風。

10



スパカツ。どちらも超美味!量が多くても美味しければ全部食べられます。


11


千房さんの裏の方には私の山の師匠宅があります。突然お邪魔したが残念ながら留守でした。でもアポなしで行くのが師匠の教えです!(笑)

12


帰りにここにも寄ってルーを購入。

13


帯広市内で信号機に止まった時の隣の軽トラ。さすが畑作地帯帯広の風景。

14


今回仕入れした品々。小分けして冷凍し、お弁当のおかずや晩酌のつまみに使います。
livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ