今日の睡眠前

日々の日記です。

羊蹄山

1



日曜日は朝3時30分起床、4時10分に出発し、山岳会仲間のT美さん、M和さん、そしてスポーツクラブ仲間のまなぶんと真狩町へ。途中札幌からはS男ちゃんとボルボさんと合流し、現地では室蘭やきとりチームの人達等、チーム羊蹄の方々総勢10名のパーティで羊蹄山を登り(滑り?)ました。

21


この日のチーム滝川ジンギスカンメンバー

2



登り始めは生憎の天気でしたが、高度を上げるにつれ、なんと良くなってきたのです。

3



ところがそんな天気も束の間。下界が見えたのも森林限界付近のこれが最後。

4



稜線に出ると風速15m位の風が襲いかかり、バラクラバを被っていないと顔が凍傷になります。流石単独峰!

5



標高1,270mあたりではもう完全にホワイトアウト。これ以上登っても仕方がありません!

6



下山準備!

7



これよりボルボさんが撮影してくれた素晴らしい滑りの数々。まずはT美さん。

8



M和さん!

9



今回BC初めてのまなぶん。初めてでこれだけ山スキーに乗れたら大したもんです。

10



11



12



13



14



15



16



17



18



そして私の滑りの連写。こんなかっこよく写してもらったのは初めてです。ボルボさんありがとう!

19



下山しておきまりの温泉。

20



店長おすすめの新メニュー味噌ラーメン。チャーシューが使えないとかで100円負けてくれて600円也!でもここではやっぱり400円のもりそばがおすすめです!(苦笑)

帰る途中S男ちゃん宅でコーヒーと美味しいザーサイ、唐揚げをゴチになりました。

やっぱり羊蹄は時間的にはきついが楽しかったなぁ〜!最高!

豪雪

1


すっかり有名になってしました滝川市の豪雪。我家の北側。

2


物置

3


南側。

4

このままではヤバイと思い、意を決して土曜日の昼下がりから除雪をしました。

5


ウッドデッキの除雪はきつかったけど、前夜飲み過ぎたアルコールが抜けた。(苦笑)

6


3時間かかってとりあえず完了。オンコも久しぶりに顔を出しました。

7


普通の家より基礎高にしていますが、もしあと1m積もったら我家は完全に闇の世界です!(笑)

バレンタインデー

1



今年のバレンタインデーに頂いた今年で最後の義理チョコ!チョコレートはウイスキーにとてもよく合います。やっぱり高級チョコは高級ウイスキーで食べないとね!(笑)

銀河の滝

1


連休最後は悪天候の予報でしたがダメ元で銀河の滝へ。この時期限定の2回目です。

2


まずは駐車場にいる大勢の外国人観光客に見守られながら石狩川の横断!(笑)

3


寒くて風が強く、いつでもやめる予定で滝にとりつきます。ここでも厳しいつぼ足ラッセル。

4


まずは上級者の先輩が登り、私がビレイです。この時やる事なす事ロープの仕掛けが逆になり、セットにとても時間がかかり、先輩に申し訳なかった。反省です!

5


続いて支点を回収しながら私が登りました。この日は氷がもろい!

6


1ピッチを登り左手は凍傷寸前くらい冷たかったですが、ご機嫌な笑顔!(笑)

6-1


隣のロープでは巨匠がビレイし、T宮さんが最初に登ります。

7


Y井さんが登った後、今回初めて参加のT美さんが登ります。

8


初めてとは思えないくらいスイスイと登ります。ちなみに奥で登っている人達は東京から観光ついでに来たとか。

9


T美さんあっという間に登って行きました。センスありますね!

10


Y井さんの懸垂下降。

11


そしてT野先輩のお手本懸垂下降!ダメ元で行っただけにこれだけできて満足でした。

12


冷え切った体を黒岳の湯で浸かり、いつもの上川町のさつきさんで遅い昼食。今回は黒塩ラーメン!やっぱり美味い!




カメラ

resize1097


土曜日の坊主山でコンデジを落としてしまったので、日曜日は急遽ヨドバシカメラに行くことにしました。その行く途中の腹ごしらえ。らんちの看板が一瞬うんちに見えるのは私だけでしょうか?(笑)

resize1099


メニュー。もちろんお目当ては幸寿司丼です。

resize1098


一瞬焦りましたが、上げ底になっているのでごはんの量はそんなにも多くなく、女性でも食べられると思います。

resize1100


そして迷った挙句にしばらく相棒になるコンデジはこれ。インスタ映えする写真撮らないとね!(笑)

坊主山

1



昨日は三度目の正直を狙って幌加内坊主山へ。南ルートです。

2



雪が深くて重く、交代交代でラッセルをします。前と後ろでは雲泥の差。

3



高度を上げるにつれ、だんだんと天気が怪しくなってきました。

4



標高500m位ではほとんど地形が見えないのでGPSを頼りに歩きましたが何かの影響で誤作動。北に向かわなければならないのに東に歩いていました。戻って軌道修正。やっぱり電子器具を寒冷地では100%信用してはいけません。コンパスとのチェックが必要です。

5



頂上まであと200m位。高低差にして50m

6



でも坊主山だけに全く目印がないのでこれ以上進むのはやめました。

7



モンスターの影で下山準備

11



寒いです!

8



降りると別世界。

9



下山。標高743mの山に雪深くて登り4時間かかっても頂上には行けませんでした。くたくたです。おまけに私はカメラをどこかに落として大赤字!次回はノーマルな西ルートにします。

10



帰りはおきまりの温泉に浸かってこの日は塩ラーメン480円也!


銀河の滝

1


山岳会で銀河の滝へ。外国人観光客の間でパチリ。

2


最初の試練は長靴を履いて石狩川を渡ります。今年は水が多く、ルートを選びながら歩いていた先輩の靴の中に水が入ってしまいました。

3


予想に反して気温が高く、滝にとりつくまでに結構な汗がでます。

4


トップを登るのは巨匠。上級者でないと登れません。私はビレイ。

9


二番手はT宮さんが登り、懸垂下降で降りてきました。

10


三番手はY井さん。今回私達のパーティーで紅一点です。ちなみに後から奥に見えるパーティーは5人中4人が女性。今時の女性は凄いですね!

5


私はもう一つのロープを使い三番手で登りました。体が重いです!(苦笑)

6


1ピッチの上から駐車場方向

7


滝の上はすぐそばに見えますが、ここから3ピッチが必要です。

11


上では指導員のT野さんが確保をしてくれています。

8


私は初めて使うロープで懸垂下降。でもなんか絡みそうで、安全ルートを降りました。

13


お手本の懸垂下降。

14


下山してパチリ

15


なかなか千円札を受け入れてくれない券売機ですが、いつもの温泉に浸かり・・・

16


上川町のさつきさんで新メニューを食べました。美味い!

ワインの会


A



B



C



D



金曜日の夜は同級生が営む酒屋が主催する道産ワインの会。私の力量では飲むことのできないレアなワインの飲み比べができました。

E



二次会はスポーツクラブで知り合ったキン肉マンのSさん夫妻と日本酒で乾杯!

F



そして三次会。久しぶりに飲み過ぎた週末となりました。(苦笑)

鷹泊山

1


先週のリベンジで幌加内坊主山南ルート登山口へ。ところが悪天候の為に断念!せっかく幌加内まで行ったので、先々週登った鷹栖山に変更しました。

凄い雪の量。ストックを逆に使って支点を作り、雪壁をよじ登ります。

2


交代交代でラッセルです。雪が今回も重たい!

3


稜線はほぼ視界がありません!坊主山はやっぱり無理でしたね。

4


ほぼ頂上。

5


雪が多くて緩斜面ではスキーの滑りも悪いです。

6


先々週は砂の撒いた道路をスキーを履いたまま歩いて滑走面に傷をつけてしまい後悔。今回は横着こかず、スキーを脱いで歩きました。

7


最後はおきまりのコース。1月のおすすめ野菜あんかけ広東麺?800円也!美味いですね!


18禁カレー

1



日曜日の夜は町内会の新年会。役員は気の合う人達ばかりなのでとても楽しいです。ことしも二次会までしっかり盛上りました。

2



そして昨日の朝、しばらく食べていないカレーが急に食べたくなり、昨年陽ちゃんから頂いたこのカレーを食べる事にしました。実はこれしかなかったのです。

3



カレーのネーミングが面白いのでネタにでもと思い、写真はしっかり撮っていたのですが、この注意書きをよく読まなかったのが大きな間違いでした。

4



湯せんして・・・

5



完成。そしてスプーン3杯口の中に入れ食べたのですが、最初はちょっと辛いな程度、その後舌がビリビリ、今度は胃が痛くなってそのうち吐き気、そして今度は下痢。しばらく動けなくなり横たわって苦しんでいました。当然のごとく会社にも行けず、少し遅れる連絡をしました。

6



3回ほど吐いてなんとか動けるようになり、血圧を測ってこれなら会社に行けると判断!一番ひどい時はどれくらい血圧が上がっていたのだろうと思うとぞっとします。(苦笑)

7



家に帰るとカミさんは夜勤でいませんでしたが、残したカレーはドライカレーになっていました。恐る恐る食べると美味しかった!でも一日中下痢は続きました。(苦笑)

このレトルトカレー、知りませんでしたがネットで見ると一つ2,000円ちかくする超高級品。陽ちゃん、どうもありがとう!(笑)
livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ