今日の睡眠前

日々の日記です。

喜寿

1


先週末は母親達の喜寿のお祝いで、八雲町の銀婚湯に行ってきました。

2


お盆前からコツコツと作っていた仕掛け。

3


午前7時出発、行きは赤井川経由で。

4


行く途中の食事はあちらこちらの道の駅でつまみ食い。

5


最後は黒松内の道の駅で15分待ってマルゲリータを頂きました。

5-1


到着は16時15分。予定より15分遅れました。母親達をここに連れてきたのは8年ぶり、ここで函館神社に御朱印をもらいに行ってた妹夫婦と合流です。

6


カメラの設定が・・・

7


宿の裏側には宿泊者専用の露天風呂がいくつかあります。

8


9


これは二日目の朝に一人で入った露天風呂。湯加減も最高です。

10


美味しい夕食を食べて

11


部屋に戻りお祝いの余興です。

12


ケーキはやっぱりきのとやさん。

13


77本のローソクは立てられません!

14


Tシャツ、生まれた日の新聞、ネーム入りの箸等々お祝いのプレゼント。

15


翌朝天気予報に反して快晴。朝の散歩。

16


女性が入りやすい、囲われている露天風呂もいくつかあります。

17


朝ごはんを食べて

18


10時チェックアウト。妹夫婦は八雲神社、長万部経由で。私達は海沿いを走ることにしました。

19


風は強いが海はとても綺麗です。

20


太田神社。本殿は上の岩峰にあります。今度来る時は山登りの装備をして参拝してみたい。

21


道南の日本海はずっと綺麗です。

22


岩内町で昼食兼夕食。これで今年の家族達との大イベントは無事終了しました。

トムラウシ山

1


風は強いが天気が良かったはずの週末、スポーツクラブ仲間とトムラウシ山に行ってきました。

2


土曜日の午後10時頃登山口に到着、車中泊組とテント組に分かれて寝ましたが、4人用テントに10人入って寝る前の安着、そして睡眠にしましたが、強風と大雨の音でほとんど寝れませんでした。

5時50分出発、不気味な朝焼けです。

3


雨で登山道はぐちゃぐちゃ、笹を掴みながら右に左にと端を歩きます。

4


予定通り3時間でコマドリ沢分岐に到着。

5


沢で汲んだ浄水器の水が美味いカバ君!(笑)

6


沢を超えると風がどんどん強くなります。

7


結局体ごと吹き飛ばされそうな風になり、がれ場で転倒したらケガをするので前トム平を少し超えたケルンの所でこの日の頂上と判断!

8


この先からトムラの絶景ですが、山は逃げない!セーフィティーファースト安全第一がモットーです。

10


13時10分登山口到着。頂上まで行っていればあと3時間後ってところでしょうか?

11


足元

12


向かって左側のカバ君の足元が一番綺麗でした。

13


泥は関係なく歩くももちゃんの足元。洗濯が大変かも?

トムラウシ温泉に浸かり帰路へ。

14


富良野の小玉家さんで晩御飯。ダイエット中のT美さんはかつ丼セットをやめてカツカレー蕎麦

15


そして私はこのお店に来たらお決まりのアナゴ蕎麦。超美味!

トムラウシ山はまた来年リベンジですね!

愛別岳

1


20日の日曜日、山岳会メンバーのT美さんが一人で愛別岳に行くと聞いたので、テントを積んでのお泊りツーリングを取りやめ、お供してきました。

2


朝6時登山開始。予定より1時間遅れてしまった。

3


初めは沢沿いを歩きます。直日が当たらず清々しい。

4


2時間程歩くと下界には沼の平が見えてきます。

5


3時間半で永山岳頂上

6


永山岳頂上からこの日の目標愛別岳が見えるのですが、雲が下から上がってきました。スタートが遅れたことをちょっと後悔。

7


いよいよ分岐から愛別岳に向かう稜線に入ります。最初はずるずるなので足を滑らすと何処まで落ちるかわかりません!緊張感が走ります。

8


この辺りまで降りるとちょっと安心。それでも転倒しないように慎重に歩きます。

9


ナイフリッジ。先が見えません。

10


頂上直下で視界が開けてきました。登るルートを探します。

11


5時間で愛別岳頂上に到着。最初は視界がなかったのですが、また開けてきました。この日はこんな天気なんですね!

12


永山岳と歩いてきた登山道。険しいですね!

13


なかなかの迫力です。

14


愛別岳から戻ります。

15


最後の登り。

16


下る時は怖かった道ですが、登るのは簡単です。

17


愛別岳とツーショット

18


沼の平経由で下山すると1時間近く余計に時間がかかります。そこで登ってきたルートを下山することにしました。

19


愛別岳頂上から下山4時間。沼の平から下山した方が時間かかかっても楽かも?愛山渓温泉は気持ちが良かった。この日羊蹄山を登っていたS男ちゃんを無理やり誘えば良かったかなと、反省!(笑)

オロロン街道

1


滝川→留萌→羽幌→幌加内→深川→滝川。土曜日の昼下がり、半日あれば走れる私の得意のコースで今年初のプチツーリングに行ってきました。

2


鬼鹿にある超人気店のすみれさん。でも15時頃ならすんなりと入店できます。

3


この時期限定のうに丼は高くて食べませんが、このかつ丼がめちゃ美味い!

4


日本一の面積を誇る幌加内の蕎麦畑も借り入れがあちらこちらで始まっています。もうすぐ新そばが食べられる。バイクはやっぱり気持ちいいなぁ〜!

盆休

1


雨ばかりだった今年の盆休。楽しみにしていた日高の山行も中止。仕方なく雨をできるだけ避けながら道北の旅に行ってきました。大先輩から聞いていた松山湿原。

2


天気がパッとしないのでとても幻想的です。

3


大小の沼も湿原なので当然あります。

4


ここはお花の宝庫なのか色々な花が咲いています。もう少し早ければもっと綺麗かと。

5


変わった色の紫陽花。

6


これだけのトリカブトで何人殺傷できるのだろう?こわっ!

7


美深の道の駅で買ったここでしか買えない羊の牛乳。すごく濃厚です。

8


真っ黒な音威子府そば。美味い!

9


豊富温泉に入る前に購入したソフト。他でもソフトを食べたが今回これが一番美味かった!

10


初日は土砂降りの稚内の道の駅で車中泊。そして二日目はサロマ湖のほとりで。これだと雨が降ってきてもすぐ退避できる。結局この後も土砂降り。

11


15日は父の納骨とお墓のリフォームの竣工式。半世紀ぶりに対面した親族も。こんなメンバーで集合したのは初めて。私の今回の最大のイベント、大成功だった。

12


半年がかりで調べ抜いたここで眠っている人達。どうしてもこれが作りたかった。私の分のスペースも残してあります!(苦笑)

海水浴

1


週末は浜益のKっち君の浜小屋で幼なじみとの海水浴。もう何年続いているのだろう?すっかり恒例行事になりました。ちなみに来年も8月の第一週の週末です。
山ばかり登っているのでひさびさの魚釣り、大物の縞ソイを釣り上げました。

2


土曜日の昼下がり出発。
この年になると黄昏時はやっぱり定年後と年金の話で盛上ります!(苦笑)

3


いつも通りしっかり飲んだくれ!

4


A山嬢は焼き芋がお好きなようです!

5


K美嬢を誘って翌日控えているエアロの練習も!楽しそう!(^.^)/~~~

6


女性軍はKっち君宅へ、そして野郎は浜小屋の二階で爆睡です。ちなみにわたくしは車中泊!

6-1


朝のまったりとした時間。とても気持ちがいい!

7


風が吹かないのでS男ちゃん、優秀な部下を連れてセカンドカーで登場!

8


その時ちょうどH山さんから頂いた私のボートのエンジンを試運転していたところでしたが、やり方で馬鹿にされた!(笑)

9


Kっち君が手際よく朝飯を作ってくれました。

10


美味しい朝食を食べ・・・

11


Kっち君の船を停めてある港へ。

12


ひさびさに乗せてもらいます。

13


カッコイイ!

14


浜小屋と黄金山

15


釣のテンションが上がります!

16


コーラ大好きのS男ちゃんは山専のボトルでキンキンのコーラを飲んでいます。優秀な部下はS男ちゃんがお店に来るとまずはコーラを出すとか!(笑)

17


雄冬沖に到着して釣を開始。私は竿とバッテリーは持ってきたのですが、肝心の電動リールと仕掛けを忘れてkっち君の道具を借りました。

18


空を見ると旭川空港からでしょうか?飛行機が飛んでいます。

19


皆さん調子よく釣り上げます。

20


カバ君も

21


真ソイをゲット

22


大物でご満悦!(笑)

23


釣初めての中学生時代のマドンナK美嬢はなんとタラを釣り上げました。持っているなぁ〜!(笑)

24


25


海岸線近くを走行しながら帰路へ。

26


S男ちゃんは魚を入れてある水槽から出る水が気になっているようです。

27


このメンバーの腕前では大漁です!(笑)

28


Kっち君がホッケを手際よく開いてくれました。

29


腹が減って・・・

30


食います!

31


食います!
そして今年の幼なじみとの海水浴も無事終わった・・・って全然海に入っていないし!(苦笑)



収穫

1



7月下旬の私のニンニク畑。

2



何かと忙しかったのですが、朝活でなんとか収穫しました。

3



サイズ別に仕分け。今年は6月の天気が悪かったからなのか出来が悪いです。こんなに規格がばらついたのは初めて。さらには枯れたのも多かった。

4



今年は江部乙にあるKっちさんの畑にもHべぇ〜さんが床を作ってくれていたので植えてみました。でも、Hべぇ〜さんの植えたニンニクは完璧に育っていたのですが、私のニンニクは自宅のものと生育状態がほとんど同じでした。種に原因があるのでしょうか?

5



家の前のバーベキューハウスで乾燥。今年植える種はどうしようか迷います。とりあえず今週末は江部乙で収穫したニンニクを浜小屋で食べよう!

車中泊仕様

1


愛犬と一緒に四国まで車中泊で旅をしているY穂さんのヴォクシーの車中泊キット。6万円位するとか。夢が膨らみとても羨ましかった。でも私にはこれを買う経済力がありません。

2


そこでホームセンターでイレクターパイプを購入し、自作で作ることにしました。最初にこのパイプを買ったのは4月初めです。

3


専用の切断機は高いので安いパイプカッターを購入。最初は使い方もよくわからず、切断するのに大変苦労しました。(苦笑)

4


暇を見つけてはコツコツと。

5


6


普通の状態からパッと車中泊仕様にでき、パッと普通に戻す事を考えなければなりません!

7


最初作ったのは荷台部分。こうやる事で収納力が違います。でもこのサイズでは頭が天井に触り、窮屈で失敗でした。

8


普通の状態。

9


改良した荷台。高さを低くし、後ろの収納から物の出し入れができるよう、黄色の部分から解体できるようにしました。

10


コンパネを乗せますが、上の説明から考えるとコンパネの向きに改良の余地があります。そのうち・・・

11


セカンドシートの上にもパイプをセット。黄色の部分は接着していないので簡単に外す事ができます。

12


13


折り畳み式のコンパネもセット。

14


銀マットを設置して

15


エアーマットを置いて完成。でもこのマットは安物で寝心地がいまいちです。これもそのうち改良。

16


テーブルもつけてみました。

17


簡単な食事が作れます。

18


家の前でも外で食べると美味い!(笑)

19


先週末は私の仲間達がトムラウシや十勝岳で楽しんでいたのですが、私は父の納骨がお盆に控えているでその前にやる事が沢山ありました。そこで家の前で一泊。 この車、名付けてひきこもり2号とでもしましょうか!(笑)

富士山4

resize0582


駐車場から須走道の駅へ。まずはやっぱりこれでしょ!ソフトクリームを食べました。

1



そして箱根の山を越えて奥湯河原温泉へ。景勝地を走行してきたのですが、残念ながらあいにくの天気で景色は全く見ることができませんでした。

2



ここの宿、とっても親切な対応をしてくれ靴を洗わせてくれたのです。さらには乾燥室で乾かしてまでくれました。感謝!もちろんじゃらんの評価は最高点ですね!

3



実は30年ほど前、この湯河原町に半年ほど出向で住んでいたことがあり、現地の会社の方と二人で7本の現場を担当していました。早朝から夜遅くまで、さらには全く休日のないとても忙しい日々でしたが、その一部の現場を見たくて真鶴町へ。

4

位置的にはちょっと違う感じがしましたが、この景色を見ながらお弁当をよく食べていたのを思い出しました。とても辛かったけれどさざ波があったこの景色に心が癒されていたのです。

5

私が天然石をふんだんに使ったトイレや園路、階段等を作った公園。植樹も沢山しました。中へ入って見たかったのですが、道路が狭くさらには駐車場もないので諦めました。

6



部屋に戻り、メイン料理のアワビの踊り食いを食べて21時頃爆睡!

7



翌朝、滝と竹林に囲まれたとってもロケーションの良い露天風呂に入って・・・

8



お腹一杯朝食を食べ・・・

9



はい、ここからは山男や山姥ではなく普通の観光客モードに変身!(笑)

10



まずはひものを買いに小田原市へ。道路縁にあるような大きなお店ではなく、こういうお店が皆の心をつかみます。

11



そして小田原城へ。

resize0584

おきまりの写真。完璧な一般観光客です!

12-1


小田原城前の小学校。お城の前とは言えこの建物に圧倒されました。

13


そしてサザンの歌にも出てくる江の島へ!

14


まずは腹ごしらえ!生しらすで一杯!

15


サザエのつぼ焼き。

16


金目の煮付け。

17


海鮮丼。至福のひとときです。

18


お腹一杯になったところで島を散歩?

19


S男ちゃんには似合いそうですが、山女には湘南の海は似合わないかも?(笑)

20


散歩はさらに続き

21


暑いのでやっぱりアイス!

22


その後いざ鎌倉へ!

23

道産子人憧れの竹林でEXILE!(笑)

24


最後は鎌倉蝶に見送られ駅へ直行!ここでY穂さんと別れました。登山と観光と混ぜた山行計画でしたが、気の合う仲間との旅は楽しいですね!終わり。

富士山3

1


午前1時起床。一人雨が祟ったのか体調を崩して待機となりましたが、朝食を食べ2時少し前に出発です。

2


外に出ると凄い人。ツアーの団体さんと外人さんがとても多いのです。

3


ご来光を見るために頂上を目指す人の群れ。ヘッドランプの光が蛍の光にも見えま
す。あちらこちらにダウンして休んでいる人も見受けられました。

4


3時55分頂上に到着。胸突江戸屋さんから2時間でした。

5


少し歩いてカメラをセット。でも残念ながらこの日のご来光は雲に阻まれこれ以上にはなりませんでした。

6


運よく風がほとんどなかったので、お鉢回りも凄い人です。

7


新しくなった鳥居。

7-2


富士山の頂上にはバックホウも!

8


富士山の最高点、剣ヶ峰には観測所も。

9


富士山の三角点が一等ではなく二等だと言う事には驚きました。

10


ここが日本一の標高3776m。5時30分到着。

11


少し歩いて朝食。富士山の上で子供の頃から大好きな北海道限定ホンコンやきそばを食べるのが夢だった!(笑)

12


ブルとキャリアダンプを後にして・・・

13


雲海をバックに記念撮影。

14


日本一高い所にある自動販売機の飲み物は一本400円。高い?安い?

15


300円のトイレで用を済まし下山です。

16


8合目までは吉田ルートと同じなので凄い人です。

17


宿泊した宿で合流し

18


体調を崩したT美さんもゆっくり寝れたらしく、元気一杯で下山。

19


名物砂走!でも調子こくと止まることができません!(苦笑)

20


砂払い5合目で飲んだコーラ。ちょっとぬるかったのが残念!

21


あと一踏ん張り

23


午前7時下山開始。9時40分到着。須走コースは下山がとても早い!

24


お土産を買ってシャトルバスで駐車場へ。

25


駐車場から見た富士山。シャトルバスは30分位でした。続く。
livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ