今日の睡眠前

日々の日記です。

ニペソツ山

1


13日自宅5時出発。6時30分登山口。今年の山岳会でのお盆山行はクワンナイ川からトムラウシ山を二泊三日で歩く予定でしたが、前夜の雨で増水。これでは沢登は自殺行為です。急遽車の中で会議。

2


臨時会議の結果、ニペソツ山一泊二日コースに変更しました。10時幌加温泉より登山開始、40分ほど林道を歩きました。

3


たもぎ茸発見。

4


水草の沼。

5


16時30分テント場到着。前を歩いていた若い一人の男の人が最高のテン場を譲ってくれました。

6


メインディナーのたもぎ茸のスープ。沢で釣る予定だったイワナから変更です。

7


残念ながらご来光はいまいち。

8


朝食。二泊三日の沢登の食事なのでフリーズドライが中心です。

9


6時10分サブザックで頂上へ。

10


トムラウシ山や十勝岳連峰がきれいに見えます。

11


二ぺの窓から。

12


頂上に少し雲がかかっているのは近々スポーツクラブ仲間達と登る予定の石狩川の源頭、石狩岳。

13


7時40分頂上。

14


頂上から前天狗岳方面。

15


下山。しばらく二ぺともお別れです。

16


朝、T野会長が湧き水を見つけ、朝食の水を確保しました。これは下山用の水を確保。私のオレンジ色の浄水器は大量の水を以外と簡単に作れます。いざという時の防災グッズにもなりますね!

17


撤収してテン場より10時下山。

18


ナキウサギが見送りです。超望遠レンズが欲しいなぁ〜!

19


下山途中またまたたもぎ茸を発見。

20


14時30分下山。

21


温泉に浸かって・・・ここは女湯はあるのですが、男湯がないので女性が3名ほど混浴に入っていました。

22


露天風呂に入っていると来客が・・・

23


最後はこれを食べて今年の山行は終わりました。

スタンプラリー

1


夏季休暇初日の朝は浜益の友人宅で奥様手作りの美味しい朝ごはんをゴチになってスタート。

2


今回はオホーツク街道の残っているところを右回りか左回りか迷いましたが、左回りで制覇に行きました。

3


二駅目の網走で車中泊。今回は数が少ないのでのんびりです。ここは繁華街が近いので地域貢献の意味も含め歩いて食事にでかけました。

4


大好物のくじら専門店を見つけ・・・

5


このメニューはたまりません!

6


どれも美味いが腹の部分が最高!

7


郷土料理のキンキの湯煮。ソースで初めて食べてみました。美味しいですね。しかも2,480円は安いかと!その他一品料理数品とお酒もたっぷり飲んで大満足!

7-1


久しぶりのサロマ湖。

8


ここは賑やかでした。

9


昨夜肉を全く食べていなかったのでサロマ豚串で朝食。

10


すぐ横にある遊園地は家族で賑わい!

11


ここで私は入浴。この手の温泉は期待はしていませんでしたが、お湯は加温していますがなかなか良し!

12


ここは無理やり公共施設を道の駅にしたような感じ。超久しぶりです。

13


昼食はここで。

14


1,800円の海鮮丼。2,000円以上の海鮮丼は食べません!(苦笑)

15


ここは場所のせいでしょうか?芝さくらの時期以外はひっそりとしているのかな?ここから国道を通らず道道の士別線を走ります。

16


かぼちゃの生産量日本一の和寒町でソフト!かぼちゃ大好き人間の私にはたまりません。

17


この有名なお店でお盆用のジンギスカンを購入して帰路へ。こんな夏季休暇の前半戦でした。

浜小屋

1


8月の第一土日は浜益のKっち君の浜小屋で幼馴染達と海水浴。恒例行事であります。今年は同級生の参加が少なかったのですが、代わりに私の山仲間達が加わりました。今年初お目見えのKっち君のボート。

2


中学生時代からの幼馴染達にこの日は釣り師のT美さんも加わり、クルージング。

3


船長はもう太ることもなくカッコいい!(笑)

4


土曜日の夕方はうねりがあり、ボートは結構跳ねましたが、送毛までクルージングを楽しみました。

5


私は浜小屋の二階のデッキに寝床を確保。

6


出会ってから40年来のメンバー達と。それにしても皆飲むと食べなくなった!

7


さっちゃんの作ったピザが美味い!

8


突然この道でカリスマ的存在の同級生H山登場。そして爆音と共に去って行った。

9


夜11時には皆睡眠。そして朝はまったりと・・・

10


私はさっちゃんが作ったパンで朝食。美味い!

11


同級生たちは皆諸事情で帰宅。山仲間メンバー&Mかつと10時前に雄冬沖へ出発!

12


漁場には先に到着している船がいました。

13


ももちゃん初釣り!

14


Y穂さんのレン君は船酔いしません。

15


14時頃帰港。暑くて釣りの成果もイマイチだったけれど楽しかった二日間でした。海も山も最高!

雌阿寒岳

1



週末はスポーツクラブ仲間達と雌阿寒岳に行ってきました。土曜日の夜、メンバー達の仕事が終わってから出発。途中上川町で晩御飯。

1-2



ここのお店の水槽には珍しい模様のエイが!とても食べる気にはなりません!(苦笑)

2



食欲をなくしたところで私はガテン系王道のチャーハンラーメンセットを食べました。(笑)

3



オンネトー野営場には23時半過ぎに到着。早速テントを張ります。

4



安着の乾杯!

5



翌朝5時30分出発。

6



阿寒富士に登る途中の直射日光攻撃!

7



8時10分阿寒富士。

8



阿寒富士側から雌阿寒岳。下山途中です。

9



花を撮影しながら下山。メアカンキンバイ。

10



イワキキョウ。

11



白っぽいイワブクロ。

23


旬の過ぎた〇代後半位のコマクサ!(笑)

13


雌阿寒岳頂上直下の・・・

14


阿寒富士をバックにベストポジションで一枚。葬式候補!(苦笑)

15


9時40分雌阿寒岳。ペンタQ7魚眼レンズで撮影。お昼ご飯に少し早いので下山します。

16


この日のランチは足寄チーズのカレーホットサンド。夏山はのんびりできて山ご飯も楽しめます。

17


お腹一杯で下山。

18


12時半温泉側に下山。そしてアクシデント。T美さんが車の鍵を出発側の車に忘れてしまい3.5kmの道のりを歩いてとりに行くことに。走ったので早かった!その後野中温泉に浸かってここで記念撮影。

19


帰り道。車から降りると灼熱地獄。夕方知った事ですが、この日のこの時間の足寄の気温は35.5℃。熊谷市と並んで日本一だったとか。

20


アイスもすぐ解けます。

21


アイスを食べると喉が渇いて・・・

22


最後は上川町のきよしさんでメンマ醤油ラーメン。美味かった!







雨竜沼

1



日曜日。朝起きて山ごはんの仕込み。大阪の友達から頂いた揖保乃糸の最高級品、黒帯のひね。歯ごたえが全然違います。

2



もう20年近く前に仕事でお世話になった方達と雨竜沼へ。花のガイドに私のブログやFBでお馴染みのT美さんを雇いました!(笑)

3



7時50分スタート。ひさびさの快晴、飛行機雲がお出迎えです。

4



昨年は大雨の影響で林道が崩壊し、ここには来れませんでした。2年ぶりです。

4-1



さすがに暑く、所々休憩。急ぐ必要もないので休みながらゆっくり登りました。

5



湿原到着。暑寒別岳には雲がかかっています。

6



今年は雨があまり降らないからなのか、水の量が少なく感じました。そういえば雪も少なかったなぁ〜!

7



木道を歩いて展望台を目指します。花は咲いていますが少しだけ時期が遅かったような気が・・・

8



冷たいソーメンにシーチキン、北村産のミニトマト、深川産の大葉、小平産のタコを使い展望台でお昼ごはん。先日のTV番組、カンブリア宮殿で山ごはんを楽しむ登山も流行っているとか。確かにこれはこれで楽しいですね!ソーメンは伸びないし、たれを少しかけるだけで麺がすぐほぐれます。

9



帰りもゆっくり撮影会。写真の上手なNさん、600mmの望遠で写した世界は・・・

11-1



無断でFBからのカットなので画質がかなり落ちていますが、食虫植物のモウセンゴケ。

11-3


ワタスゲ

11-4


珍しいウリュウコウホネ。コウホネはアイヌ語ではカパトと言って、樺戸郡という地名はここからとったとか。

11-2


ルリイトトンボ。メスはこの後水の中に沈んで卵を産むそうです。望遠レンズ600mmの世界ですね!流石の腕前!

10


私も愛用のコンデジSONY RX100靴粘萃イ蠅泙后

11


この日の私が写した風景のベスト。

12


下山時に寄った白竜の滝。RX100のNDフイルターモードをオンにしてシャッタースピード1/15。青空が欲しかった。

13


私の花のベストは形が崩れていますがこのダイモンジソウ。歩きながら色々と撮影テクニックや鳥の見つけ方をNさんに教えてもらい、普段とは違うとても楽しい登山でした。少し久しぶりに写真の勉強します。

14


下山して500円協力金を払うと割引券がついてきました。

15


地元に少しでもお金を落とさないと!と言うことで道の駅で雨竜米アイス50円引き。町内の商店街で100円の割引券もあるのでセイコーマートで108円のファンタも購入しました。

16


皆さんと別れて汗を流しにいきいき館へ。100円割引で300円で入浴ができます。ここは温泉ではないが、静かで掃除も行き届いているのでとても気持ち良く入れます。穴場ですね!500円払ってしっかりと250円回収しました!(笑)




スタンプラリー&雄阿寒岳

1



どしゃ降りの三連休、予定を大きく変更して道東方面の道の駅スタンプラリーへ。登山の最初の師匠が亡くなった事もあり、一人傷心旅行です。一応山の道具も用意しました。一日目、白滝→丸瀬布→温根湯→陸別→あいおい→摩周温泉。知床方面に行くときいつも気になっていたここの温泉に立寄りました。

2



ロビー。昭和の雰囲気が漂う私の好きな感じです。

3



お湯は柔らかくて想像以上良かった。湯加減も良くずっと入っていられます。今年は久しぶりに北海道キャンピングガイド2019年度版を購入したので日帰り入浴クーポン券が付いています。ここの施設もありました。500円→400円也。

4



陸別の道の駅。スタンプラリーに挑戦しないとここに来ることはたぶんありません!

5



鉄道ファンにはたまらないかも?

6



相生。あいおいの道の駅。なかなか読めませんね!

7



名物を食べました。美味い!

8



ここで車中泊。今回はここをベースにしました。

9



ディナー。旭川の小柳ストアさんで食材を調達。本マグロとイワシの刺身、ザーサイを購入して1,000円位。安くてクオリティーも最高です。ちなみにもやしのナムルはイオンで10円で買った自作!(笑)

10



二日目、摩周温泉→さっつる→羅臼→ウトロ→斜里→小清水→東藻琴→美幌峠→摩周温泉。雨音を聞きながらぐっすり寝て8時行動開始。

11



朝飯は道の駅で。

12



名物蝦夷鹿エゾシカバーガー。

13



霧の摩周湖。霧どころか何も見えません。第3展望台でちょっと降りたのですが、強風で傘が壊れた!

14



ここの道の駅は温泉付きで斜里岳に登る時は車中泊に便利。過去に一度泊まっています。夜だと焼酎も試飲できる!(苦笑)

15-1



羅臼の道の駅。さすが知床に来ると悪天候でも観光客が沢山。道の駅でも魚が安い!キャンプなら食材を調達するのですが・・・

15



うにのふんどし巻き。500円。これは美味い!

16



羅臼の道の駅でランチをするとき、私は黒ハモ丼をいつも食べます。

17



羅臼よりさらに人混みで大雨だったウトロはスタンプを押してすぐ出発。斜里の次の小清水。

18



ここに近年オープンしたモンベル。ご当地限定品のTシャツを購入しました。

19



2階。あなたはどこから来ましたか?

20



私の地元からは私が初めてだったのかな?

21



こちらも最近できた道の駅。綺麗です。

22



寝る前の温泉はここ。クーポン券を使って300円→200円。とても良い湯です。

23



主人は自転車とリアカーで日本一周をした方でした。

24



三日目、雨が上がったので雄阿寒岳登山→足寄→足寄湖。10数年ぶりですが、山が見えません!

25



太郎湖

26



眼下の阿寒湖も見えません。

27



8合目でイワブクロの群生。

28



頂上。雲海のみで何も見えません。セブンイレブン沖縄出店記念新メニュー!

29



4月に賞味期限切れのやきそばをやっつけました。

30



最後はやっぱりここ。350円→300円。登山者ばかりでした。ほとんどが本州の方?
走行距離1,100km。

夕張岳

1



今日は若い時から大変お世話になったN氏のお通夜。悲しいけれど登山を通じて素晴らしい仲間達と出会えたのもN氏のおかげです。感謝!心よりご冥福をお祈りいたします。

さて、7日の日曜日は会のメンバー達と夕張岳へ。この花の有名な山、何故か縁がなく初めて登りました。私は巨匠と朝3時自宅出発。5時登山開始。10分ほど歩くと前泊組に追いつきました。

2



下の方はガスがかかっていて直射日光が当たらず、登りやすいです。

3



稜線に出ると雲海。右側に一週間前に登った芦別岳がカッコよく見えました。

4



木道もあり、歩くのは楽ちん。人気の山だけの事はあります。

5



花は少し時期が遅かったけれど所々に咲いています。

6



まだ水芭蕉が咲いているとは・・・

7



ギンリョウソウ(ユウレイタケ)高山植物に詳しいT美さんに教えてもらいました。

8



詳しくないY美さん曰くハチドリ(笑)

9



アズマギク

10



固有種のユウバリソウは残念ながら遅かった。

11



葬式用候補の一枚!(苦笑)ゆっくり歩いて登り4時間下り3時間30分。三笠の湯の元温泉に入って帰宅。来年はもう少し早い時期にここに登ろう!





スタンプラリー

1


全然興味が今までなかったのに突然思いつきで5月2日から始めてしまったスタンプラリー。諸事情があって山が中止になり突然時間が空きました。まずは車中泊で名寄まで。翌朝6時30分スタート。

2


始めて行ったトナカイ観光牧場。夏に見ると毛がないので貧相ですね!

3


こちらも初めて見た幌延の施設。無料で展望台に上がれます。

4


一番の目的地はここ。ここの食堂のメニューにある・・・

5


このジンギスカンが食べたかったのです。

6


500g1,700円と、とても高価ですが、あまりにも美味しく購入してしまいました。

7


そしてさらに北上。日本で5番目?に平均所得が高い街。ホタテ様様ですね!

8


オホーツク沿いを東へ。バイクだと最高の道路!

9


できたてほやほやの道の駅。観光客にとってはちょっと物足りないですね!

10


滝雲。枝幸に向かいます。

11


その途中の出来事。私の前を熊が飛びだしてきて、車が来たのであわてて戻りました。衝突しなくてラッキーです!(苦笑)

12


スタンプラリーをやらなければ通ることがない西興部の道の駅。

13


でもちょっと気になる山を発見!

14


閉店18時の5分前に剣淵の道の駅に到着。ここで終了です。

15


高速道路を使って暗くなる寸前に自宅に到着。走行距離726.8kmでした。

16


ボーナスが出たばかりのカミさん、大盤振る舞いで道の駅で買い物をしました。

17


鍋フェチの私は、今では手に入らなくなってしまったこのジンギスカン鍋を豊富温泉で見つけ衝動買いをしてしまいました。大出費!(苦笑)でも一生ものです。


芦別岳

1



昨日の日曜日は令和になってから初めてのスポーツクラブ仲間達との夏山登山で芦別岳に行ってきました。私の肩の故障で遅れ遅れになっていたのです。新道往復は私にとって十数年ぶり。7時元気よくスタート。

2



しんぎん坂序曲。これからもがき苦しむと言う意味です。

3



この日は曇っているけれどとても蒸します。油断すると熱中症になるので皆さんに水をこまめにとるように注意喚起。

4



蒸して苦しいながらも標高を上げると花が現れ少しだけ心を癒してくれます。タニウツギ。

5



ウサギギク

5-1



シラネアオイ。

5-2



そして松ぽっくり?

6



森林限界付近から急に晴れてきました。GWだとここは尻滑りコース!

7



山つばめが沢山飛んでいます。

8



雲峰山で山頂を見ながらお昼ごはん。

9



ももちゃんからココアをゴチになりました。

10



芦別岳はカッコイイ!

11



最後の登り。

12



諸事情があり下で休憩したので、頂上は13時到着。

13



残念ながら頂上ではガスがかかってしまい景色はほとんど見えません。

14



15分ほど休憩して下山。

15



新しい浄水器で水をくむT美さん。

16



美味そう!私もゴチになりました。冷たくて最高!

17



登りと同じで中間位からガスっています。

18



まあそれも幻想的な景色に変わってくれます。登りと違ってそんなに蒸しません。

19



見晴台まで下山するとあと少しに感じるのですが、新道の下山はこれからがいつも長く感じます。

20



17時40分下山。

21



ハイランド富良野で汗を流し、芦別の三千里さんで安着。超ひさしぶりにこの店に来ました。

22



ジンギスカンなまウマ!

23



やっぱり山登りの後の焼き肉とビールは最高ですね!(笑)

釧路へ

1


先週末は諸事情があって山の師匠が住む釧路へ。バイクで行く予定でしたが雨のため断念。鹿追で昼食です。

2


肩の病気以来すっかり運動不足で大きくなってしまったお腹周り、今回大好きなラーメンはご法度と決め、一応栄養のバランスを考えてのメニューを頼みました。

3


たんちょうの里の道の駅で見つけたTシャツ、一瞬買おうかと?

4


師匠宅ではA葉さんも来て頂き、奥様の美味しい手作り料理と美味しい酒をご馳走になりました。

5


帰りはA葉さんの私の夢のような部屋を見せていただき感動!白糠町に着いたのは14時近く。道の駅でスタンプラリーのスタンプを押して少し遅いランチにしました。

6


狩勝峠を過ぎると快晴。富良野にできた新しい道路を走ると早いですね!


プロフィール

まあどん

livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ