今日の睡眠前

日々の日記です。

銀河の滝

1


連休最後は悪天候の予報でしたがダメ元で銀河の滝へ。この時期限定の2回目です。

2


まずは駐車場にいる大勢の外国人観光客に見守られながら石狩川の横断!(笑)

3


寒くて風が強く、いつでもやめる予定で滝にとりつきます。ここでも厳しいつぼ足ラッセル。

4


まずは上級者の先輩が登り、私がビレイです。この時やる事なす事ロープの仕掛けが逆になり、セットにとても時間がかかり、先輩に申し訳なかった。反省です!

5


続いて支点を回収しながら私が登りました。この日は氷がもろい!

6


1ピッチを登り左手は凍傷寸前くらい冷たかったですが、ご機嫌な笑顔!(笑)

6-1


隣のロープでは巨匠がビレイし、T宮さんが最初に登ります。

7


Y井さんが登った後、今回初めて参加のT美さんが登ります。

8


初めてとは思えないくらいスイスイと登ります。ちなみに奥で登っている人達は東京から観光ついでに来たとか。

9


T美さんあっという間に登って行きました。センスありますね!

10


Y井さんの懸垂下降。

11


そしてT野先輩のお手本懸垂下降!ダメ元で行っただけにこれだけできて満足でした。

12


冷え切った体を黒岳の湯で浸かり、いつもの上川町のさつきさんで遅い昼食。今回は黒塩ラーメン!やっぱり美味い!




カメラ

resize1097


土曜日の坊主山でコンデジを落としてしまったので、日曜日は急遽ヨドバシカメラに行くことにしました。その行く途中の腹ごしらえ。らんちの看板が一瞬うんちに見えるのは私だけでしょうか?(笑)

resize1099


メニュー。もちろんお目当ては幸寿司丼です。

resize1098


一瞬焦りましたが、上げ底になっているのでごはんの量はそんなにも多くなく、女性でも食べられると思います。

resize1100


そして迷った挙句にしばらく相棒になるコンデジはこれ。インスタ映えする写真撮らないとね!(笑)

坊主山

1



昨日は三度目の正直を狙って幌加内坊主山へ。南ルートです。

2



雪が深くて重く、交代交代でラッセルをします。前と後ろでは雲泥の差。

3



高度を上げるにつれ、だんだんと天気が怪しくなってきました。

4



標高500m位ではほとんど地形が見えないのでGPSを頼りに歩きましたが何かの影響で誤作動。北に向かわなければならないのに東に歩いていました。戻って軌道修正。やっぱり電子器具を寒冷地では100%信用してはいけません。コンパスとのチェックが必要です。

5



頂上まであと200m位。高低差にして50m

6



でも坊主山だけに全く目印がないのでこれ以上進むのはやめました。

7



モンスターの影で下山準備

11



寒いです!

8



降りると別世界。

9



下山。標高743mの山に雪深くて登り4時間かかっても頂上には行けませんでした。くたくたです。おまけに私はカメラをどこかに落として大赤字!次回はノーマルな西ルートにします。

10



帰りはおきまりの温泉に浸かってこの日は塩ラーメン480円也!


銀河の滝

1


山岳会で銀河の滝へ。外国人観光客の間でパチリ。

2


最初の試練は長靴を履いて石狩川を渡ります。今年は水が多く、ルートを選びながら歩いていた先輩の靴の中に水が入ってしまいました。

3


予想に反して気温が高く、滝にとりつくまでに結構な汗がでます。

4


トップを登るのは巨匠。上級者でないと登れません。私はビレイ。

9


二番手はT宮さんが登り、懸垂下降で降りてきました。

10


三番手はY井さん。今回私達のパーティーで紅一点です。ちなみに後から奥に見えるパーティーは5人中4人が女性。今時の女性は凄いですね!

5


私はもう一つのロープを使い三番手で登りました。体が重いです!(苦笑)

6


1ピッチの上から駐車場方向

7


滝の上はすぐそばに見えますが、ここから3ピッチが必要です。

11


上では指導員のT野さんが確保をしてくれています。

8


私は初めて使うロープで懸垂下降。でもなんか絡みそうで、安全ルートを降りました。

13


お手本の懸垂下降。

14


下山してパチリ

15


なかなか千円札を受け入れてくれない券売機ですが、いつもの温泉に浸かり・・・

16


上川町のさつきさんで新メニューを食べました。美味い!

ワインの会


A



B



C



D



金曜日の夜は同級生が営む酒屋が主催する道産ワインの会。私の力量では飲むことのできないレアなワインの飲み比べができました。

E



二次会はスポーツクラブで知り合ったキン肉マンのSさん夫妻と日本酒で乾杯!

F



そして三次会。久しぶりに飲み過ぎた週末となりました。(苦笑)

鷹泊山

1


先週のリベンジで幌加内坊主山南ルート登山口へ。ところが悪天候の為に断念!せっかく幌加内まで行ったので、先々週登った鷹栖山に変更しました。

凄い雪の量。ストックを逆に使って支点を作り、雪壁をよじ登ります。

2


交代交代でラッセルです。雪が今回も重たい!

3


稜線はほぼ視界がありません!坊主山はやっぱり無理でしたね。

4


ほぼ頂上。

5


雪が多くて緩斜面ではスキーの滑りも悪いです。

6


先々週は砂の撒いた道路をスキーを履いたまま歩いて滑走面に傷をつけてしまい後悔。今回は横着こかず、スキーを脱いで歩きました。

7


最後はおきまりのコース。1月のおすすめ野菜あんかけ広東麺?800円也!美味いですね!


18禁カレー

1



日曜日の夜は町内会の新年会。役員は気の合う人達ばかりなのでとても楽しいです。ことしも二次会までしっかり盛上りました。

2



そして昨日の朝、しばらく食べていないカレーが急に食べたくなり、昨年陽ちゃんから頂いたこのカレーを食べる事にしました。実はこれしかなかったのです。

3



カレーのネーミングが面白いのでネタにでもと思い、写真はしっかり撮っていたのですが、この注意書きをよく読まなかったのが大きな間違いでした。

4



湯せんして・・・

5



完成。そしてスプーン3杯口の中に入れ食べたのですが、最初はちょっと辛いな程度、その後舌がビリビリ、今度は胃が痛くなってそのうち吐き気、そして今度は下痢。しばらく動けなくなり横たわって苦しんでいました。当然のごとく会社にも行けず、少し遅れる連絡をしました。

6



3回ほど吐いてなんとか動けるようになり、血圧を測ってこれなら会社に行けると判断!一番ひどい時はどれくらい血圧が上がっていたのだろうと思うとぞっとします。(苦笑)

7



家に帰るとカミさんは夜勤でいませんでしたが、残したカレーはドライカレーになっていました。恐る恐る食べると美味しかった!でも一日中下痢は続きました。(苦笑)

このレトルトカレー、知りませんでしたがネットで見ると一つ2,000円ちかくする超高級品。陽ちゃん、どうもありがとう!(笑)

坊主山

1



昨日の日曜日、幌加内坊主山に行ってきました。今回は南ルート、初めての山です。朝晴れていたのですが、幌加内町に入ると空模様が怪しくなり、登山開始にはこの状態。もう初めてなので何が何だかわかりません!まあ天気予報通りですが・・・(苦笑)

2



とりつきらしきルートを発見。ところがこれが大きな間違いでした。

3



GPSと地図で確認すると、尾根が一本違います。間の沢が深くて渡る気はならず、まあ上に行けばなんとかなると茨のルートを登ります。

4



沢の渡れる場所を探しながら登るとすでに稜線に。

5



稜線から頂上方向に歩くと標高にして50m位下がらなければなりません。風も強くとても寒いので、帰りの事を考えるとここでやめることに。

6



歯痛い、いや敗退です!(笑)

7



下山は向かい風でとても強く、登ったトレースもほどんど見えなくなっていました。勘で歩いていると、やっと車を停めてある人家が見えました。

8



でも、初めての山はこんな事もあるけどやっぱり楽しい!

9



醤油ラーメン480円也。冷えた体には優しいし、私のお財布にも優しい!

10



青が予定のルート。赤が歩いたルート。天気さえ良ければ来週は間違いなく頂上に行ける!(笑)






鷹泊山

1



先週末はお腹の調子がちょっと悪かったですが、いつものごとくおにぎりを作り、こつこつ集めた入場券を持っていざ出発!(笑)

2



幌加内探索第2弾、先週とは国道を挟んで反対側の鷹泊山に行ってきました。

3



準備に手鈍い私はスタート時はいつも最後!後を追います。

10



幌加内は豪雪地帯。先週はラッセルに大変苦労したので30分遅らせてスタートしたのですが、この日も一番乗りでトレースがありません。交代交代でラッセルしますが、男で一番若い私はやっぱり一番多く先頭に立ちます。初めての山なのでGPSと地図を見ながら進行方向を定め、修行です!(笑)

4



木のトンネル。この辺りの山は木が密集していないので、楽しく滑れそうな斜面が至る所にあります。

5



頂上。おきまりの写真です。

6



登りと反対方向の東側の斜面で登り返しが必要ですが、とても良い急斜面があります。今回は調査なので滑り降りませんでした。

7


このルートは緩斜面が多く、稜線が広いので、天気が悪いと気をつけないとならないルートです。雪はまあまあでスキーはとても楽しかった!

8


最後に私は横着こいて、ガードロープの上をスキーを履いたまま通過したため滑走面に傷をつけてしまい大変ショックでした。

賢い人はスキーを脱いで歩きます。(苦笑)

9


温泉に浸かっておすすめの豚骨ラーメン。美味かった!






南浅羽山

1


幌加内BCエリア調査、第一弾は南浅羽山に行ってきました。

2


初めての山は小さな山でもホワイトアウトになると慎重になります。GPSや地図で居場所をチェック。右側の斜面は暖気の影響でしょうか、雪崩れていますね!

3


頂上直下で頂上。この先はだらだらとした斜面なので、ここがこの日の頂上としました。すると急に晴れてきました。

4


帰る途中、地元のスノーモービルチームと遭遇。この辺りの地形を詳しく教えてもらいました。

5


地形がわかったので、今度はこの大斜面を滑り降ります。

6


下山すると晴れ。まあいつものパターンですが・・・

7


帰りは秩父別温泉に浸かって、名物緑のナポリタンを食べました。しばらく幌加内調査が続くかも?
プロフィール

まあどん

livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ