今日の睡眠前

日々の日記です。

当別丸山及び総会

1


24日土曜日は今シーズン初めての当別丸山。もうすっかり春山の雰囲気です。

2


それでも暑寒別方面はまだまだ冬景色。

3


先日登った黄金山。左側の方を登りました。

4


頂上でおきまりの記念撮影。

5


雪が固くてスキーは面白くなかった。

6


お昼は新しくなって初めて行った煉屋さんで、炭焼き炙り味噌チャーシューを食べました。そして食材調達。魚屋に魚がなくて参りました。スーパーはしごしてかき集め・・・

7


夜は山岳会の総会及び懇親会です。役員改選で会長がNさんからTさんにバトンタッチしました。Nさん長い間ご苦労さまでした。

8


今年度の山行計画・・・

9


翌朝私は朝飯も食べずに早朝ピンネ荘を出発!


黄金山

1


二日酔いの春分の日は、山岳会メンバーで北海道のマッターホルンこと浜益の黄金山に行ってきました。冬季の黄金山は4年ぶりです。知人の家の前に巨匠とT美さんの車を停めさせてもらって8時ちょい過ぎスタート。体調悪く、スタートから遅れ遅れです。(苦笑)

2


全身からアルコールが噴き出ている感じで体が重く、全然ついて行けません。所々で待ってもらっている始末。

3


それでも2時間位経過するとアルコールが抜けました!(笑)

4


いよいよこの辺りから本番。でもこの写真だと急斜面には見えませんね!

5


急斜面に入りスキーをデポ。この先からの装備はハーネスを装着し、アイゼンとピッケルで登ります。

6


振り返ると日本海。この景色を見てテンションが上がります。

7


気温が高かったので思ったよりは雪質が良く、登りやすい。カチンコチンなら一瞬も気が抜けません!

8


完全復活の顔!(笑)

9


前夜の送別会で一緒だったT美さんは余裕です。流石元アイスホッケーの選手だし、何よりも私より一回り以上若い!

10


天気が良く、ピンネシリ山もよく見えます。

11


頂上直下の岩峰までくると流石にザイルを使わなければ危険です。巨匠が確保してくれました。落ちたら数百メートルは間違いなく・・・

15


しかしこの先の目の前の頂上に行くには雪庇が張り出していてどこで落ちるかわからないのでここを頂上としました。

12


12時30分全員登頂。狭いのでほとんど動けません。おきまりの記念撮影、サイコー!

13


群別岳、暑寒別岳方面。この景色大好きです。

14


日本海。肉眼では積丹岳はもちろん羊蹄山まで見えました。

16


下山は慎重です。

17


気温が上がり雪が腐って、デポ地点までの下山はアイゼンの前爪しか効かなく、ほとんどバックスタイルでした。疲れた。Oさんのスキースタイル。重心が低く山スキーの見本です。

18


15時ちょっと前下山。6時間50分の楽しい山行でした。

19


久しぶりに公開、この日のログ。夏道の東側を登りました。

送別会

イ



20日火曜日はJRタワーの人間ドックに行ってきました。検診が終わると1,000円の大丸食事券が頂けるので胃の写真を見ながら一人ランチ!(笑)

ヘ


その後札幌市内他10件程お店をはしごして食材調達。

ロ



夜は我家でスポーツクラブ仲間のHさんの送別会だったのです。

二



ハ



ホ


酔ってからのビールの利き酒はとても難しかった。私は全部不正解で北海道フードマイスター面目丸潰れでした!(笑)

富良野岳(ジャイアント尾根)

1


今日は山岳会で富良野岳ジャイアント尾根へ。8時30分スタート、すでに駐車場は一杯です。

2


しばらく風のあたらない樹林帯を歩き・・・

3


10日程前の大雨で山はどこもここもカチンコチンになりましたが、予想に反してこの辺りは良いのです。

4


森林限界あたりまで来ると天気が良いので・・・

5


絶景の十勝岳が姿を現しました。たまりません!

6


でもやっぱり尾根は風が強いです。

7


標高1,420mあたりでカチンコチン

8


ここでこの日の頂上としました。風があまりあたらない場所に慎重に移動。

9


下山準備。

10


私は油断してスキーを流すところだった!危ない危ない!

11


条件が良ければここを滑りたいなと思いながら滑走。この日はスキーの達人ばかりなので滑る写真を撮るタイミングもありませんでした。

12


途中ふかふかでテレマークターンもでき、ご機嫌で下山。

13


温泉に入るのに白銀荘に行くと車の多さにびっくり。BC人気とは言えかもい岳スキー場より人がいます。皆さん三段山狙いでしょうか?

14


ランチはいつものミシュランガイド掲載店、まん作さんのこの日はせいろ大盛にしました。天気が良くて気分もよく、最高の日曜日でしたね!

坊主山

1


四度目の正直で日曜日は幌加内坊主山。今シーズンやっと晴れてくれました。今回は西ルートです。

2


9日に降った雨で山はカリカリ、地獄のラッセルも快感のパウダーもありません!ただ暖かく、まるで春山のような雰囲気です。

3


本来この辺りでは北海道では珍しい樹氷が見れるので楽しみにしていたのですが、樹氷なんてどこにもありません、皆雨で流れてしまったようです。

4


それでも天気が良いので幌加内の町を眼下に心が弾みます。

5


頂上直下の最後の急斜面。この辺りはパウダーだったら最高かと!

6


急斜面を登りきると・・・

8


あとはダラダラと尾根を少し歩きます。

7


私もお腹の調子以外はご機嫌!でもこんな状態ならスキーはダメなのでジンギスカンを持ってくればよかったかなとちょっと後悔!

9


頂上でおきまりの写真。やっと来れました。西ルートは天気さえ良ければ簡単に登れる山でした。

10


下りはもちろん地獄。雨が流れた跡なのか縦ストライプなのでボーゲンでも思うようにターンができません!転倒しないように必死です!

11



せいわ温泉で体の冷えた人たちが食べたおすすめメニューの塩豚そば

12



でもやっぱり日本一のそば処で食べるのは私が食べたせいろが一番!

タイトな週末

1



この冬仕事を手伝ってもらったIさんと飲んだ翌朝の土曜日、母親達を連れて札幌へ。昼食はかねしげ鮮魚店の300円カマトロトッピングした海鮮丼1,400円也!鮮魚店だけに刺身のクオリティがとても高く美味しい!

2



そして近代美術館へ。版画の世界はよくわかりませんが、作品を見て圧倒され・・・

3




快晴の札幌。私は翌日も天気がよいことを願いっぱなしでした。

4




夜は楽やさんで、元通っていたスイミングスキール仲間たちとの飲み会。

5


翌朝起きてトイレに入ると棟方志功のポストカードが・・・

売れ残り

1


月曜日の夜はいつもの整骨院へ。そこで働いているMさんから道産黒大豆を使って作った豆腐とおからを頂きました。以前にも頂いた事があるのですが、とても美味しいのです。早速おからを作るので帰宅途中にあげとマフラーを買いにスーパーへ寄りました。

2


魚売り場の前を通ると売れ残りのひな祭り商品。価格を見て思わず爆買いです!(笑)

3


おからとキンキの湯炊き、そして国産ハマグリの白ワインバター蒸しです。この日のカミさんは外でごはんだったので、私の一人ごはんは超豪華メニューでした!(笑)

富良野スキー場

1


土曜日の午後からは会社の相互会の方々と交流麻雀大会。久しぶりに打ちます。

2


夜は総会と懇親会でしたが、懇親会のビンゴゲームで私のような料理男子にはぴったりのキッチンタオルが当たりました。ラッキー!(笑)

3


翌朝、雨の中をスポーツクラブ仲間と富良野スキー場へ。こんな天気でも人が沢山いました。

4


普段登るばかりで滑る練習をしていないので、達人Y穂さんから滑る手ほどきを受けました。BCをやるには滑る筋肉もつけなきゃならないのです。

5


それにしても最近はスキー場も山も外人さんが大変多いのです。このカメさんも外人さん!

6


滑った後のソフトは最高に美味い!富良野デリスの高級ソフトです。

7


小玉屋さんの看板メニューであるあなご蕎麦!

8


外人ばかりだった白銀荘の温泉に浸かり、帰宅して日曜日の夜の安着はやっぱりやまどりさんですね!


一年祭

1


すっかり有名になった笑う狛犬。子供の頃のお祭りの時はいつもこの場所で遊んでいたけど、正直こういうのは当時怖かったです!(苦笑)

2


観測史上積雪量が最高記録を更新したこの地の社務所。神主さんのはからいでこの場所をお借りして父の一年祭を行いました。

3


普段お付き合いのある親しい親族にだけ参列してもらいました。仏教とは違い、神道の三回忌は翌年ではなく二年後。その時はたぶん家族だけかと?

4


滞りなく無事終了し、足の悪い叔母夫妻の送り迎えで長沼町へ

5


送り届けて温泉に浸かり、麺屋しんさんで食べた焦がし醤油。ここのラーメンは味が濃いのであっさり味のメニューの方が私はおすすめです。塩レモンは美味い!


羊蹄山

1



日曜日は朝3時30分起床、4時10分に出発し、山岳会仲間のT美さん、M和さん、そしてスポーツクラブ仲間のまなぶんと真狩町へ。途中札幌からはS男ちゃんとボルボさんと合流し、現地では室蘭やきとりチームの人達等、チーム羊蹄の方々総勢10名のパーティで羊蹄山を登り(滑り?)ました。

21


この日のチーム滝川ジンギスカンメンバー

2



登り始めは生憎の天気でしたが、高度を上げるにつれ、なんと良くなってきたのです。

3



ところがそんな天気も束の間。下界が見えたのも森林限界付近のこれが最後。

4



稜線に出ると風速15m位の風が襲いかかり、バラクラバを被っていないと顔が凍傷になります。流石単独峰!

5



標高1,270mあたりではもう完全にホワイトアウト。これ以上登っても仕方がありません!

6



下山準備!

7



これよりボルボさんが撮影してくれた素晴らしい滑りの数々。まずはT美さん。

8



M和さん!

9



今回BC初めてのまなぶん。初めてでこれだけ山スキーに乗れたら大したもんです。

10



11



12



13



14



15



16



17



18



そして私の滑りの連写。こんなかっこよく写してもらったのは初めてです。ボルボさんありがとう!

19



下山しておきまりの温泉。

20



店長おすすめの新メニュー味噌ラーメン。チャーシューが使えないとかで100円負けてくれて600円也!でもここではやっぱり400円のもりそばがおすすめです!(苦笑)

帰る途中S男ちゃん宅でコーヒーと美味しいザーサイ、唐揚げをゴチになりました。

やっぱり羊蹄は時間的にはきついが楽しかったなぁ〜!最高!

プロフィール

まあどん

livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ