今日の睡眠前

日々の日記です。

富士山2

1


私の予定通り11時登山開始。職業柄こういうのはとても気になります(笑)

2


まずは富士山保全協力金を1,000円寄付して

3


元気一杯集合写真!

4


お参りし歩き始めるのですが・・・

5


隊長の私の体が思うように動きません。ふらふらとしながらやっと歩いていて皆に追いつくことができないのです。

6


小屋でやっと追いつきます。

7


T美さんにアイスを買ってもらいます。高度障害なのか熱中症なのかよくわかりませんが、少し楽になりました。

8


私達の会話を聞いていた隣の人が私達の事を北海道人だとわかったらしく、写真を写してくれました。「なまらこわい!」とでも言っていたのでしょうかね?(笑)

9


7合目からガスが濃くなり、この後ひょうのような大粒の雨が降り出しました。

10


宿泊場所の上江戸屋に16時35分到着、ここまで約5時間30分でした。全身びしょ濡れで寒い。

11


ディナーのハンバーグカレーを18時に食べて・・・

12

19時爆睡。合羽を乾かす事ができずに参った!

富士山1

1


私の幼なじみの同級生2名と山岳会仲間2名の合計5名で須走コースから富士山登山に行ってきました。

2


金曜日の夜に旭川から羽田に飛び、横浜のホテルで前泊して翌朝出発!

3


相鉄線の一番電車に乗って海老名の駅に向かいます。

4


そこで愛犬と旅行中のY穂さんと合流。東名高速道路に乗って御殿場へ。

5


途中足柄SAでトイレタイム。

6


男はいくつになってもこういうのには憧れます。(笑)

7


SAから見えた富士山。

8


須走に到着し、コンビニで行動食を買ってまずは安全祈願です。

9


10


右手を洗い、左手も洗って口をすすぎます。

11


ここでは狛犬も登山。

12


二礼二拍一礼。 お賽銭は奮発して100円を入れました。

13


須走の道の駅でトイレタイム。

14


トイレの中でつばめが飛んでいるのでよーく見ると・・・

15


生まれたばかりのひな鳥がいました。

16


そして駐車場へ。ここで登山の準備をしてから・・・

17


シャトルバスに乗ります。ここで事件発生!でもそれは秘密です!(笑)

18


30分程で登山口に到着。

19


お昼ご飯を食べながら1時間程体を高度順応させ。

20


私とKっち君は1,200円のかつ丼を食べて登山開始です。・・・続く!



平山

1


週末、山岳会の会山行で遠軽町のひらやまに行ってきました。

2


土曜日、私は午前中仕事の為に午後出発。他のメンバーは朝から出発し、まずは食材の調達です。

3


岩魚。

4


大型の岩魚は刺身に。S井さんは自宅でとれた野菜と自家製のパンを持って来てくれました。

5


もちろん天ぷらも。

6


夏の夜のキャンプは楽しいのですが、ここの虫は強烈でした。
手足がボコボコ!

7


最初は沢筋を登ります。でも蒸し暑く、汗ではなくアルコールが体から吹き出してきます。(苦笑)

8


雪渓を登り・・・

9


稜線到着。

10


頂上方面はガスっています。

11


頂上に着いてお参り。

12


そしておきまりの集合写真。

14


コマクサも咲いていました。

15


本当はヒマラヤ山も行きたかったのですが、今にも雨が降りそうなので下山。
でも駐車場まであと少しのところで雷が鳴り大雨、全身パンツまでびしょ濡れです。ピップの温泉まで車で約一時間、低体温症になるかと思うくらい寒かったです。夏山と言えども侮れませんね!



同姓

resize0476




幼馴染のS海さんを通じて知り合った埼玉県在住の私と同じ苗字の方に会いに、定山渓に行ってトンボ帰りをしてきました。北海道の海沿いを6日間かけて、愛車のハーレーで一周するそうです。

いいなぁ〜!

浮穴と言う苗字は、愛媛県に地名があり発祥の地だと思いますが、現地では浮穴と書いてうけなと読みます。でも北海道の浮穴も関東の浮穴も読み方はうきあなです。きっとこの出会いは祖先を辿ると親戚だと思うのです。現役時代は某上場企業の代表取締役まで経験した方で、偉大な兄貴に生まれて初めて会ったような嬉しい気分のひと時でした。

resize0478



私と同じシールド。長旅には必需品です。


resize0477



せっかく行ったのだから、帰りはススキノのS男ちゃんの会社のお店に立ち寄り、お酒を飲んで朝帰りを考えましたが、突然の仕事で出発が遅くなり、慌てて出たせいなのか財布の中身を忘れてしまいました!(笑)

帰宅してPCの前で一杯です。あ〜天気の良い休日はバイク乗りたいなぁ〜!(苦笑)

斜里岳

1


灼熱の週末、スポーツクラブ仲間達と日本百名山の斜里岳に行ってきました。

2


土曜日10時30分出発。清里町のオートキャンプ場に到着したのは夕方、ここはとても綺麗なキャンプ場です。バンガローを2棟借りました。

3


ここに来る途中、美幌の田村で食材を調達。私のキャンプ道具が活躍します。

4


ナメタ滅茶美味!

5


デザートはK内さんの差入れチーズタルト。そして23時頃爆睡!

6


清里町のセブンイレブンで行動食を購入し、7時登山開始。皆さん慣れぬ沢登りで下ばかり見ていて、頭を何回も木にぶつける人も。

7


最初のうちはなかなかバランスがとれません。

8


手足の長さがそれぞれ違うので、我が道を歩きます。

9


偶然にも私と同じTシャツ2名。揃えるとラーメン屋みたいでなんだかカッコイイ!(笑)

10


とても暑いので濡れるのが気持ち良いです。

11


下界。とにかく暑そう。

12


下りルートの馬の背。ここでの温度は32℃。死にそうでした。

13


15時下山。結局暑くて私の予定より2時間オーバー。登り4時間下り2時間、頂上直下休憩1時間と合計8時間の山行となりました。皆さん疲れ果てていますが、カメラの前では作り笑いです!(笑)

14


清里町の温泉に入って22時30分帰宅。行きも帰りも同じ遠軽町のドライブインで私が食べた海鮮丼。毎回これです!(笑)

くじ

1


煙草を吸ううちの相方、新しいアイコスを探していたところ、深川のセブンイレブンで発見し衝動買い。700円あたり1回引けるくじで15枚ひいて14回当選。こんな事もあるんですね!


オロウェンの沢

3


山岳会行事でオロウェンの沢へ。

4


いつもはこの滝で下降訓練をするのですが、今にも雨が降り出しそうなので先を急ぎます。

5


滝の岩登りもザイルを出す時間がもったいなく、高巻で逃げます。

6


途中少し雨が降って来たので、岩の上が滑ります。慎重に!

7


ゴルジュも高巻で逃げますが、昨年の大雨で登るところが崩れていました。岩が落ちるので順番に一人ずつ登ります。

8


9


最後の大滝を登り・・・

10


土木遺産級の砂防ダムをクリアすれば終了。

11


上流を少し歩いて林道へ。この日のメンバーは足が速く、1時間50分で沢登り終了。途中10名位のパーティーを追越しましたが、私は前半戦、前夜のお酒が残っていて、ついて行くのがやっとでした。

12


さらにはこのお腹!。まじダイエットしないとヤバい!

13


帰りは林道歩きが約1時間。途中雨が降って来たのでコロポックルのようにフキの天然傘をさして歩きました。(笑)


お祓いとバーベキュー

1


何かと忙しいこの頃、すっかりブログの更新も滞っています。先週末の昼下がり、父の納骨を前に先祖代々のお墓をリフォームすることにしました。その工事をする前のお祓い。実はこのお祓いをする前にお墓に行ってみると唖然!草が茫々でとてもそんな儀式ができる状態ではなかったのです。私と母親は草刈り罐をあわてて取りに自宅に戻ったのですが、その間に妹夫婦とカミさんが手で草をむしってくれ、無事お祓いも終了。リフォームが終われば草が茫々になる事はないと思います。

2


夜は会社の親睦会の行事で焼き肉パーティー。私は今年親睦会の会長と言うことで挨拶を。ところが挨拶の内容と言えばすっかり私が用意した食材の説明となってしまいました。それでも美味しい食材やゲームもありと盛り上がり、良かったかと思います。それにしてもこの日は蒸し暑い夜でした。

樽前山

1


朝からどしゃ降りの日曜日、スポーツクラブ仲間達と一か八かで樽前山に行ってきました。本当は札幌岳の予定でしたが、雨雲レーダーで調べると、樽前山が雨に濡れないで登れそうな一番近い山だったのです。

2


今回は私の幼なじみも2名、初登山で参加。新しい最新の装備はとても羨ましい限りです!(笑)

3


もやもやで視界はほとんどありませんが、雨は降っていません。超ラッキー!

4


溶岩ドーム

5


風不死岳と支笏湖。本当は風不死岳まで行きたかったのですが、下山が遅くなると雨が降ってきそうなのでやめました。上を一周することに。先発していたうちの山岳会のメンバー達はこの頃風不死岳を目指していました。

6


西山でお昼ご飯!下山途中少し雨に濡れましたが天気の悪かった日曜日にしては皆さん大満足の登山となりました。

7


そしておきまりの安着!皆さん元気いいわ!(笑)

調べもの

1


週末は天気が悪く、予定していた登山は中止。なのでせっかくできた時間は無駄にはできません!そこで楽しくない話ですが、実は2月末に亡くなった父親の納骨をお盆にするにあたり、建立してから50年以上経過して古くなったお墓のリフォームをすることにしたのです。


墓誌を作るにあたり、そこで眠っている人を色々調べていたのですが、諸事情により、肝心のお墓の建立者とその配偶者の亡くなった後の名前がわかりません。私にとっては曽祖父母の話です。


地元の役所と曽祖母が最後に住んでいた街の役所に通い、それぞれに言われた事を頼りに戸籍謄本等を準備して数回相談に行ったのですが、結局は個人情報保護法に阻まれ、調べる事ができませんでした。


2


3


それでも諦めきれずに最後の手段として、今でもあるかどうかわかりませんが、曽祖父母の位牌の持ち主宅を訪ねる方法を考えました。

その方の家を訪ねるには、その方の親が亡くなった時のおくやみ欄に掲載されている住所を調べなければなりません。そこで北海道新聞の過去記事を保存している中央図書館に行ってきました。

4


5


そして頑張って見つけました。さらにはゼンリンの地図もあったので、家まで調べて。何だか探偵になったような気分でドキドキします!(苦笑)

livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ