今日の睡眠前

日々の日記です。

2011年03月

棒だら

棒だら浜益に行った時は、必ずと言っていいほど購入する、佐々木豆腐店の豆腐と生揚。

海が時化ていて、この日は魚が獲れず、代わりと言ってはなんですが、隣のお店で隠れた名産ジンギスカンも購入しました。

そして、さらに友人作った棒だらを頂いてきました。
しかし、棒だらは干している途中だったので半乾きなのです。



浜小屋10この前浜益に行った時、友人の奥様Mさんが、「2階の廊下に干したらすぐ乾いたよ」と、教えてくれました。

確かに家の中は我家も乾燥しています。

この家のお母さん・・・?ぽんちゃんもそう言っているような気がしました。





棒だら家に帰ってから、どこに干そうかと悩んだ末、バナナスタンドにしたのです。

「見方を変えれば味方に変わる!」

さて、早いもので今日で3月も終わりです。

いくら更新ネタがないと言っても、こんなレベルで良いのか・・・自己嫌悪に陥りそう。

浜小屋

浜小屋1歩いて通勤していると、風向きがよくわかります。
今週からとうとう春らしく南風になりました。

会社は、自宅からだと南西方向。

アゲンストのまだ冷たい風を受けながら、「これからこの辺りも少しは飛んでくるのだろうな?」と、ちょっとだけナーバスになってしまうこの頃です。

さて、この前の日曜日の浜小屋での作業は一階部分の天井張りでした。

浜小屋2残り少なくなった材料置き場の納屋から、友人と二人で本日使用する分だけの材料を運びます。










浜小屋3その間に棟梁のM君は足場を確保して、墨だし。











浜小屋4そして、材料を墨に合わせながら張っていきます。

とりあえず、落ちないよう固定するため、M君に数箇所だけ釘を打ってもらいます。








浜小屋5そして、ここからが私と友人の作業。

釘を沢山打ちながら材料を固定していきます。

しかし、私は初めての経験でしたが、上に釘を打つのは素人には超難しいのです。
手はたたくし、釘はすぐ下に落としてしまいます。





浜小屋6普通のグリップでは、エビゾリにならなければ打てないので、写真のように、グリップを変えます。

でも、これがなかなか思うようなには打てません。

見ているだけなら簡単に見えるけど、やっぱり大工さんは凄いと思います。

餅は餅や・・・。



浜小屋7こういう狭い部分は特に大変。

私にはどう頑張っても釘が打てない場所があります。









浜小屋8施主の友人も悪戦苦闘。

顔は汗ドップリ!









浜小屋11一階部分の約半分を張って、この日の作業は終了。











浜小屋92階からは、春の素晴らしい海が見えます。

窓の外には、ウッドデッキを作る予定です。

安全上、一部の人が酔っても落ちないようなデッキを作らなければなりません。

今度の日曜日も天井張りかな?

















同人アルファ総会

resize0822週末、私の所属する山岳会の総会がありました。

今回は、初めての試みで、新十津川町にあるピンネ荘で行いました。

この写真は、先輩のHPから写真を拝借して加工をしたので、画像が悪くてすみません。

我が会の会長、右手を高く上げ、あいかわらず健在です。

ピンネ荘ピンネ荘は、ハンドカット工法のログハウスで、中に入ると質感があります。

山の好きな人は、やっぱりこういう山小屋風の感じが好きな人が多いと思います。

でも、よ〜く見ると、私の家のリビングが似ている事に気が付きました。ログではないのですが、うちも、年期が入ればこんな色になるのかな?

朝食一泊2食付きで、あれ、いくらだったかな?。

他の、年会費や山岳保険代金を一緒に会計さんに支払ったので忘れてしまいました。
確か5000円位だったと思います。

いつもはふれあいの里のコテージで自炊していたので、1000円程料金が高くなりましたが、準備片付けなにかとらくちんです。

ピンネ荘朝食を食べ終えた後、来年の予約も済ませたとか。

ここは、本当は手打ちそばが有名らしく、来年はそばをお願いしたそうです。

前夜から大震災、原発・・・大先輩達の話を沢山聞かされ、快晴の日曜日の朝、私は浜益に向いました。







火災

火事

サイレンの音で目が覚めました。時計を見ると午前2時。
私は一度起きてしまうと、神経質からなのかなかなか寝れないのです。
月曜日の朝から「最悪」と思いながらも、何気なく部屋の窓から外を見ると、出火場所がなんと目の前ではないですか。

目の前には、友人が経営する社屋があります。「これは大変だ!、すぐに連絡をしなければ・・・」と思ったのですが、よ〜く見ると、少し離れた隣のイチゴなんとかという場所。
燃え移る心配はなさそうなので、時間も時間なので連絡はやめました。

幼少の頃の話ですが、江部乙町の市街にあった木材店で大火事があり、私はおばあちゃんに連れられ、「火遊びをするとこういう事になるんだよ!」と教育されたのですが、小さい私にとっては、あまりにも刺激が大きくとっても怖かったのです。

その後、走ると火花が出る、ぜんまいで動くおもちゃの戦車を買ってもらったのですが、その時の火事がトラウマになっていて、その火花を見ただけでも泣きだしたとか・・・。

大人になった今でも、火事を見るととっても怖いものです。

今回の大震災では、多くの小さな子供達の心のケアも必要なのでしょうね。

火の始末は気をつけよう!

浜小屋

浜小屋4うちのカミさん、産地など全然気にせず、ダイエー木曜の市で葉物野菜を色々購入してきました。

「うん!それでいい。」と私は思います。

最近野菜中心の食生活なので、お腹一杯食べても体重が減っています。野菜生活はいいですね。

さて、浜小屋建設中の私の友人、最近念願だった卓上スライド丸ノコを購入しました。
普通の丸ノコを持っている人は大勢いると思いますが、スライド丸ノコともなると、大工さんでもなければそう持っている人はいないと思います。

このスライド丸ノコを使ってどんな事ができるかと言うと・・・

浜小屋5たとえば、こんな窓周りの見切り枠。







浜小屋6アップで角を見ると、綺麗に加工されています。

素人ではなかなか普通のノコでは切れないと思います。

こだわりの強い友人らしさがでています。


浜小屋2ところが、素人施工なので失敗もたまにはあります。

釘の打ち方が甘かったのか、あるいは抜けない釘を使えば良かったのか、所々に梁と天井部分に隙間が開いてしまいました。



浜小屋1でも、安心。
手押しのコンバインドローラー級の重さがある友人が、上からジャンプをしながら転圧をかけることによって・・・




浜小屋3このように、梁と天井部部分の隙間はなくなります。

時には体重が重いと言う事も役に立ちます。




浜小屋7ただいまの進ちょく状況は、2階部分の施工は終わり、この日は一階部分の壁張りが完了しました。

今度の日曜日の作業内容は、天井張りです。結構きついかも?
私も、たいした役には立ちませんが、楽しませてもらっています。


浜小屋8友人の頭の中のイラストは、階段と中壁をどうするか悩んでいるのではないかと思われます。

でも、楽しそう・・・






防災フロート

朝何かと意気消沈してしまいそうな事ばかり続いていますが、今朝新聞を取りに玄関のドアを開けた瞬間の御来光のような朝日。
少しの間眺めていましたが、大変気分転換になりました。

さて、昨日の道新の一面に掲載されていましたが、北海道開発局が所有している防災フロートが、いよいよ室蘭港を出港し、福島へ向かったようです。
先週の建設新聞にも掲載されていたのですが、このフロート、大量の物資を運べ、ヘリポートもあり、1000t級の船まで接岸でき、しかも外洋を走行できるのです。
外洋を走行できるのは、日本ではこの一艘しかないそうです。

この防災フロートの活躍によって、少しでも多くの人を助けられる事を期待したいですね!

群別とうとうでて来ましたね、民間の建設会社のコンクリートポンプ車が、ふくいちの消火活動を行っている映像。
建設関係で仕事をしている人なら、多くの人が同じことを考えていたのではないかと思います。
ちなみに私の友達も、首都圏であれとほぼ同規模の超スーパーロングポンプ車の運転をしています。

さて、この前の連休ですが、甥っ子を連れてキロロに行く予定でしたが、色々悩んだ末、今月は中止しました。
被災地で頑張っている友達も、一番困っているのはガソリンだと言っていた事もあり、燃費の悪い私の車で、遠くに遊びに行く事がどうしても気が乗らなかったのです。
と言うことで、一月ぶりに浜益へ・・・。
時化気味の海を見ながら、少し怖いと思ったのは初めてでした。

群別2朝の散歩を1時間程しましたが、今まではこういう看板をしっかり見ることはありませんでした。

リスクに対しては、普段から結構気にしていると思う私ですが、やっぱり落度があるのですね。



群別3一日に一回しかバスが来ないバス停・・・。
車を動かせれなければ大変です。
ガソリンの大切さを、あらためて感じます。

でも、冬が終われば必ず春が来るはず・・・。

このバス停も、もうすぐ完全に姿を現すと思います。


明日から

外は冬に逆戻りですね。

この数日間、色々な人とお話しをして・・・

普通に生活するのが色々な意味で大切だということ・・・

明日から更新するのでよろしくお願いします。

大震災

皆さん同じだと思いますが、この二日間、ほとんんどテレビにくぎづけです。

今から5~6年前のちょうど今頃、同僚のN課長補佐と二人で、私の車で車中泊をしながら東北旅行に行ってきました。

行きは、青森から秋田方面に行き、そして日本海沿いを山形まで南下して、山形道を通り仙台に抜けました。

一週間の旅ですが、車中泊以外は仙台の東横インに一泊したのみ。
その後、恐山を目指し、松島から太平洋沿いを北上し、青森の六ケ所村を通り、ほぼ下北半島の先端まで走行したのですが、今回の大震災で、一番被害の大きい場所はまさにその地域。

港に車を泊めて寝た気仙沼市も、陸前高田市や釜石市等の主要な都市をはじめ、その間にある市町村も映像で見る限り一瞬で壊滅状態。

信じられない風景と惨状・・・

テレビを見ているだけで何もできないまどろっこしい自分・・・
しばらくは、ブログの更新もする気にはなりません。 


・・・被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます・・・。


三枚おろし

あじ『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』に少々飽きてきた私が、今一番好きなTV番組、「ためしてガッテン

昨夜は認知症についての放送だったのですが、見た人にはわかると思いますが、私はキツネはできたのですが、ハトはいつまでもできませんでした。ちょっと心配・・・(汗)


あじ2ちょうど一週間前の放送ですが、簡単に魚をさばく「ガッテン流魚のさばきかた」という番組がありました。

魚の骨の構造を考え、背骨の所を先に切り、あとは、骨に沿って包丁よりステーキナイフの方が簡単に三枚おろしができるという、普段の生活にすぐに役に立つ内容です。(笑)

あじ3さっそくためしに実践してみました。(爆)
まずは一番無難そうなアジから・・・
ちなみにアジは、仕事の帰りに買うのならビックハウスにだいたい売っています。一匹295円位かな?

確かに簡単にできました。アジなら、刺身でもタタキでもなめろうにしても日本酒に合う美味いつまみ。
盛付も含め10分もあれば夕食は完全居酒屋モードです。(笑)

にしんこれで調子に乗った私は、海鮮工房Yダさんで、刺身で食べられる生きの良いニシンを仕入れました。

しかし、結果はと言うと・・・ニシンは小骨が多く包丁で普通に三枚おろしにしたほうが上手くいきます。

もちろん写真にはなりません。軽く打ちのめされました!(笑)

鉄瓶

竜美会先週土曜日の昼下がり、カミさんの母親が所属している竜美会の展覧会に行ってきました。

私は、絵を書くのはまったく(小学生低学年程度)ダメですが、見るのは好きです。



竜美会2母親が描いた絵も9点展示されていました。

絵手紙、フラダンス、パークゴルフ等趣味が多く、一年中忙しいカミさんの母親ですが、健康で元気なのがなりよりの安心です。
(ちなみに料理はプロ級です。)


竜美会3私が気に入った一点。向かって左側の雨竜沼の初夏の絵もいいけれど、この鉛筆で書いた鉄瓶の絵が今年の絵の中では一番好き!。

くれないかな〜・・・(笑)

とんぎすかん

とんぎすかん「セックスピストルズ」の名が大学教授の口から出たのは驚きました。それだけでもある程度、思想の方向の察しがつきます。

事前に本を読んでいたのと、関西弁かつ話し方のテンポの良さ、それだけに今日聞いた講演は大変面白かったし頭に入りました。まあ大学教授の話を聞いていて、眠くならなかったのは初めてかも?(爆)
すっかりあの教授が好きになりました。今度は自分のお金で本を買おう!(笑)

久しぶり気分が良い晩酌。つまみ?は、先日上富良野で購入した羊ではなく、上富良野の名産ポークのとんぎすかんです。臭みがなくて美味い!

最近は、会社でもほとんど人と話す事はなく、このブログを通じて見に来てくれた人とバーチャル的に会話をしているか、週末一人で山に行き、登りながら自分と会話している孤独な私・・・(笑)。

人と直接話する事が、なんだか恋しくなってきました。

さて、今週末は、とある飲み会が何年かぶりにあります。同業種、農業、公務員、主婦等相手に今日覚えた知識の勢いで語るぞ!(笑)

またもや・・・

三段1休日は目の保養の為、パソコンをできるだけ触らないようにしています。

さて、昨日の日曜日、先週登り損ねた三段山を登りに再挑戦してきました。

もともと今使っているテレマークの板は、ここで滑る為に購入した物なのです。しかし、よくよく考えてみるとこの板では一度も頂上まで登っていませんでした。
9時半頃到着したのですが、ピークが見えています。
「これはいける・・・」と思い、胸がはずみます。

三段2三段山というのは、十勝岳の横にある山で、斜面が三段になっているから三段山と言うらしいのですが・・・

一段目を登った所の樹林帯。
こないだの雪で、たっぷり雪が積もっています。
ただ、ちょっと雪が重たいのが気になります。

三段3二段目を登ったところ。
まだかろうじて頂上が見えています。

先週は、この少し先でホワイトアウトになり断念しました。



三段4しかし、空を見ると、鳥三羽がおかしな飛び方をしていました。

その後すぐに、ガスがかかってきて・・・




三段5少し粘って慎重に登っていたのですが、完全に見えなくなりました。頂上はもうすぐのはず・・・

20分程じっと動かず待機していたのですが、とうとう諦めて下山を決意。
かろうじて残っている自分の跡をだどりながら下ります。


三段62段目の少し下からは視界が良くなり、おもいっきり滑りだしたのですが、雪が重く、スキーが浮かんできません。私の技術では操作がきかず何回も雪だるま状態に・・・(笑)

パウダーの中では、荷物も背負っているので、起き上がるだけでも大変体力を消耗します。
真っ白になって、下山してきました。
でもあとは、白銀荘の温泉に浸かるだけ。これが気持ちいい!

三段山ログ


家に帰ってGPSのログを見てみると、頂上まで本当にもうすぐでした。
三度目の正直で、もう一度このシーズン中にリベンジしたいと思います。
今度こそ頂上から通称廊下を、おもいっきり滑りたい!

ひな祭り

弁当子供のいない我家では、ひな祭りなど関係ないのですが、ちょっとだけ気分を・・・

昨日の朝、遊び気分で作ったお弁当。じゃこと梅肉のちらし寿司。茹で海老を作るのにちょっと時間がかかってしまいました。

カミさんの職場ではなかなか好評だったとか。(笑)

はまぐり夜は、千葉県産の大ハマグリで作ったお吸い物。仕事の帰り、スーパーで半額だったので購入してみました。
半額でも2個で500円位したかな・・・。
中国産とは違って美味しいです。

ちょっとだけひな祭り気分でした。

張り紙

カウンターご来店の皆さまスミマセン!

今日はネタ切れです。

またのご来店を・・・

(この手口結構使えるかも?(笑))

靴下

靴下早いもので歩き通勤を始めて3カ月が経過しました。

朝晩、上青下黒のゴアテックスのアウターを着て、手袋と毛糸の帽子、トレッキングシューズを履きリックを背負って「山登りでも行くのか?」と思われるような格好をして、ipotで永ちゃんを聞きながら歩いている変人を見かけたら、それは私です!(笑)

歩き通勤のメリットは・・・
1、運動不足を少しは解消してくれる。
2、冬は耐寒訓練にもなり、体が丈夫になる。(ちなみに今年は一回も風邪気味にすらなっていません。)
3、何よりもガソリン代がかからない。(笑)
4、車を動かさない事により、co2の排出を抑制できるので環境負荷の低減になる。

等々とメリットが沢山ありますが、私の場合デメリットもあるのです。

しまむら大昔、元同僚で今赤平の会社に勤務するYちゃんに、私の右足の踵を見て命名された「昭和新山」

子供の頃、自転車の後ろに乗っていて足が車輪に挟まり、骨が飛び出してしまったのです。
なので、そこが影響して右足の踵ばかり靴下に穴が開いてしまうのです。
話は長くなりましたが、歩き通勤をする事によって靴下の経費がかかるのです。
昨日の退社時、靴下をどこで購入するか迷っていると、おすすめしてくれたのが、同僚いわく女子高生御用達「しまむら」(笑)

しかし、通勤経路なので場所的には良いのですが、一度も入店した事がありません。
私には敷居が高いお店なのです。
店の前に立ち、中を拝見してどの辺りに男の靴下があるか確認し、店内に入り直行。
でも、やっぱりと言うか女性の下着売り場を通る事になっているのですね。あれが嫌。

それはともかく、安い3足とか4足組の靴下を購入する時、いつも思うのですが、ほとんどの品物は色違いになっています。
なので、私のような右足ばかり穴が開く人にとっては使い回しがきかなく不経済なのです。
結局、使い回しのきく無地のダサイ靴下を選ばなければなりません。(笑)

今回は初めての試みで、二本指靴下を購入してみました。
しかし、家に帰って気が付いたのですが、二本指靴下は右左の使い回しがききません。
大失敗!。(涙) 少しでも穴が開かず長持ちしてくれればいいのですが・・・

たかが靴下の話で、随分と長くなってしまいました・・・(;´Д`)




お得な情報

じゃらん早いもので2011年も、今日からもう3月です。

どこの書店やコンビニ等でも販売しているリクルート社発行の旅行誌「北海道じゃらん」の3月号。
経済アナリストの森本卓郎さんの真似ではないですが、この中にお得な情報が・・・(笑)

白銀荘「冬の温泉・スゴ(得)祭り!」というページがあり、掲載されている道内の温泉の入浴料が、この本を持参すると100円、あるいは半額なのです。

なので日曜日の白銀荘に向かう途中のコンビニで、おにぎりと一緒に購入しました。
600円の入浴料が300円、この雑誌の価格が380円なので、あと一箇所掲載されているどこかの温泉に行けば、十二分に元がとれる!(爆)

本山から下山してきて、白銀荘の温泉につかり、管理人さんに貸してもらった本を、おにぎりをほおばりながらゆっくり読書。
じゃらんを持参しているカップルが沢山いました。
カップルだとこの場で元がとれる。(笑)

眼鏡をかけないと本が読めないので、目が疲れたら温泉・・・と、読み切る迄この繰り返し。少し湯あたり気味かも?(笑)

じゃらんの購入経費残りの80円は、白銀荘の上に掲載されている地元のふれあいの里ですぐ!と思ったのですが、カミさんにその事を言うと「ふれあいの里の入浴期限は2月27日なので終わっているよ!」と言われ、他を選ばなければなりません。

この辺りが私のたまにある詰めの甘さ。仕事にもしばし出る事があります。・・・反省!


livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ