今日の睡眠前

日々の日記です。

2012年01月

チトカニウシ山

1


約1年ぶりで昨年のリベンジ、北見峠から登れるチトカニウシ山に行ってきました。
この山は夏道はありません。冬のみ登れる山なのです。
今年は参加者が私を含め6名と、我が山岳会としては久しぶり多人数の山行です。
でも、出発時の外気温は―20℃もありとっても寒いのです。これに風がついたらどうなる事やら・・・

2


トレースがまったくないので、私達以外は誰もいません。交代交代でラッセルをしながら進みます。
登り始めて約20分、ここら辺りでは天気も良くなり今日は頂上まで行けると期待するのですが・・・

3


風と雪の影響で、木がクロス状態になっています。北国の自然の厳しさを痛感します。


4


雪の重みで倒れかかっている木も見受けられました。雪と風が一定方向から吹くのですね。

5


稜線に近づくにつれて風もだんだん強くなり、天気も悪くなってきました。完全に樹氷です。


6


最後の頂上直下の急斜面では完全にクラストしていてスキーでは登れなくなり、つぼ足で登ったのですが頂上を目前にしてあまりの強風と寒さで断念。
この時の温度は、私のリックに付けている温度計を見たら―30℃でした。(苦笑)

背後からの強風なので顔はちょっと笑っているように見えますが、実は顔を手は凍傷寸前・・・

7


登り3時間半、下り1時間強の山行でしたが、帰りの登り返しはマジにきつかった・・・

我が会の会長N村さん。約20分遅れで戻ってきましたが、寒さに強いNさんも病気の後遺症の影響もあるのですが、体半分は寒さでまったく感覚がなくなったそうです。

それでも山に登る・・・。(苦笑) 冬山の魅力っていったいなんなのでしょうね!?

チトカニウシ


今回の山行のGPSログ。頂上まであと少しだったのに・・・。また来年挑戦!?

お年玉

年賀状


毎年少しずつ少なくなる年賀状。今年は全部で130枚位でした。
この目減り現象は、皮肉にも我家の経済力に比例しているような気がします。(苦笑)

今日はカミさんもいない事なので、一人でこっそりと先日抽選が行われた当選番号をチェック。(笑)

すると、今年はなんとHべぇ〜君から頂いた年賀状が、4等を当選したのです。
昨年、一昨年と当選した年賀状は0枚だったので、今年は一枚当選したので「ヨシ!」とします。

Hべぇ〜君有難う! 今年は運が良いのかも? やっぱり辰年だ!(笑)

美味しい物

かまぼこ


日曜日に留萌の魚屋さんで偶然見つけた、スケトウタラの白子で作ったかまぼこ。
生産地は岩内町です。少し前のラジオで紹介されていたのですが、運よく手に入りました。

千石場所


新年会から帰宅後、早速食べてみました。あっ、新年会ではほとんど食べていないので・・・(苦笑)
食べてみると白子なので味はほとんどなく、もちもちした感じです。食感を楽しめますね。

実は留萌から浜益に向かう途中、我家に美味しい日本酒が切れている事もあり、増毛町にある国稀の酒蔵に寄って、カミさんに片っ端から試飲をしてもらったのです。

そして手頃な価格で美味しい酒をゲット。この千石場所、本醸造酒なので720mmで1,250円と低価格で購入できるのですが、マジに美味い!

雑味もほとんどなくこの値段だったら私は大満足の味です。
と言うか、カミさんの方がはまってしまいました。試飲の時に、お酒の説明してくれた酒蔵の男の人もイケメンだったので・・・(苦笑)

いずし


そして、浜益の友人に頂いた、奥様とお母さんとで作った鮭の飯寿司。
我家では飯寿司は大好物なのですが、高くてなかなか購入する事はできません。

でも、浜の友人に言わすと、「飯寿司は買う物ではない、作るものだ!」と言うのです。
しかし、残念ながら都会人には飯寿司なんてなかなか作る事ができません!(笑)

この飯寿司も美味しいですよ!。鹿児島の宝山で有名な西酒造の芋焼酎にもよく合います。

実はこの翌日、我家では二人とも大好物な食べ物がS男ちゃんから届いたのです。
でも、自筆でマル秘と書かれていたのでここでは紹介できません!(笑)



新年会

1


町内の新年会に二人で出席しました。場所は市内のベルコ。
自宅のそばまで送迎バスが来てくれるのですが、昨年と同じで乗りこんだのは出発時間ジャスト!
まったく進歩がないですね。

まあ、いつも何処かに出かけていて、時間ぎりぎりに帰宅するのが原因なのですが・・・(苦笑)


2


町内会役員をしている私と同級生のT君が身内に不幸が起こり欠席したため、会計かつ影の町内会長?のMさんに、急遽ビンゴゲームの番号を発表する役を頼まれました。

そして、ゲーム開始。ところがボールに書いてある数字はなんとかでしたが、BとかOとかのアルファベットが見えないのです。(苦笑)

Mさんに小声で「アルファベットは関係ないから数字だけ言えよ!」と言われ、数字だけにしたのですが、会場のあまりビンゴを知らない人達から「何のよ!」と苦情が出ます。
そこでだいたいのカンで対処したのですが、間違いだらけ・・・(汗)

結局私は玉を回し出す役に変わりました。(苦笑)  やっぱり外では何が起こるかわからないので、老眼鏡は必ず持参していないとダメですね。

3


町内会行事と言えば、老人クラブとそう変わらない感じもするかも知れませんが、私の町内には美容室があり、そこの店主が若い男女の従業員を全員連れて来ました。
若い人がカラオケを歌いだすと場が盛上ります。そして司会進行役のMさんのとりまとめはやっぱり素晴らしい!お見事です。参加した皆さん大満足!大変楽しい新年会でした。

タイトルはとりあえずどろソース?

どろ


明日封切になるALWAYS三丁目の夕日64。
このシリーズでは三作目なのですが、私は「これを見に行く!」とカミさんに言ったところ、「あんたは二作目を見ていないはず!」と、指摘されてしまったのです。

私は見たか見ていないか忘れてしまったのですが、映画館で過去の映画を見た事の話はあまりしない方が何かと無難なので、余計な事は言わない方がいいと思っています。(苦笑)

と言う事で、偶然にもテレビで本日(正確には昨日)二作目が放送されました。
今日はカミさんが夜勤でいません。なので、二作目を見ながらの一人ディナーでした。(笑)

ちなみに本日のメニューは、マグロの山かけ、れんこんサラダの梅ドレッシング、春菊の中華風あえもの。作り終わったら夜9時にもなってしまいました。
でもこういう日は週末と言う事もあり、冷蔵庫の余り物を調理し、中を無駄なく整理します。(苦笑)

そしてメインディッシュは陽ちゃんから頂いた、たこ焼き近江屋のお好み焼きです。
実は先日頂いて食べた時、我家こだわりのどろソースが切れていたのです。

このどろソース、地元では売っていません。先日、またまた旭川のウエスタンに行って購入したのです。あそこに行けば、結構私が納得のいくこだわりの物が売っています。

マジになかなかどろソースを見つけるのは大丸に地下には売っていますが、その他では北海道では私が知る限り難しいと思います。ドンキホーテ―にも今では売っていません。


1



このお好み焼き、やっぱり日本酒によく合います。
そして食べているうちに、このお店に行きたくなり、大阪に行ってしまったのです。(笑)

でも、もちろんそんな簡単に本当に大阪まで行けるはずもなく、バーチャルの世界でです。(苦笑)

グーグルアースで「たこ焼き近江屋」と入力して検索するとなにやら大きなメイン道路に着きました。
この辺りだなと思い、交差点を右に曲がると・・・

2


なにやら私好みの小道が見えたのです。そこの小道に入って行くと、お店がありました。
でも、残念ながらお店は休みです。

3


少しお店を通り過ぎてから、戻る事にしました。

私は、東京で言えば浅草とか谷中、名古屋だったら大須観音とかの下町っぽい所の小道を探索するのが大好きなのです。
でも、大阪は道頓堀とか梅田、御堂筋と言った有名な所しか行った事がありません。
なので、探索したい所が沢山あるので、考えるだけでワクワクします。(笑)

ここにそのうち絶対本当に行くぞ! と、思いながらも・・・


4


もしかしてこの隣の床屋のおじさん。陽ちゃんの旦那様が言っていたおじさんかな?(笑)

鮭とば

さざ波


鮭とば通のうちのカミさん。マジでうるさい!(苦笑)
でも、お酒のつまみに重宝するし、我家でおやつと言えば、甘いものはなくこれなのです。
お店に行くと色々な物が売っていますが、その中で我家のおすすめはコレ!さざ波サーモンです。

しかし、残念ながら市内では売っている店がありません。(以前は生鮮おろしにあったのに・・・)
私は旭川のウエスタンに行って購入しています。

この他と言えば、札幌駅前の佐藤水産本店だけで時々販売されているハネ品みたいなとば。
これも安くて美味しいのですが、滅多に手に入りません。


とば


そして鮭とば通のカミさんをうならせた名品がこのとば。でもこれ、非売品です。
実はこのとば、浜益の友人か作ったとばなのです。

浜益産の鮭をさばき、潮風のあたる家の前で干して作るようです。
真空パック器も持っているので、こうやって見るとお店で売っている商品にしか見えません。

しかし不覚にも私は二本食べただけで、油断した隙に全部食べられてしまった。(苦笑)

リズム

老眼鏡


今週は、昨日まで生活のリズムがすっかり狂ってしまいました。

スキーと除雪の影響なのか、月曜日の朝起きると体が完全に曲がっていたのです。
なので、湿布を肩と腰に合計6枚張って出社。夜は毎週月曜日に通っている整骨院に行って矯正してもらう予定でしたが、甥っ子が買物途中で車のバッテリーを上げ動けなくなった出来事があり、それの対処で行けませんでした。

友人の会社でバッテリーを交換してもらい、帰宅して夜11時半頃寝たのですが、どういう訳か午前2時半に目覚めてしまったのです。まだ起きるのにはいくらなんでも早すぎると思い粘ったのですが30分で限界。これでは完全に睡眠不足です。

そしてその夜は新年会です。眠たいので「10時迄には家に帰る!」とカミさんに言って家を出たのですが、飲むとやっぱり調子がついて、帰宅したのは午前2時頃・・・
結果、昨日は大変長〜〜い一日となってしまったのです。(苦笑)

夕方整骨院に行って狂った体を矯正してもらい、夜8時半に睡眠。そして朝4時半起床です。
やっと正常に戻ったかな?


正月に家のPC用に購入した老眼鏡。1月4日の朝、先着5名が5,000円のを3,000円と言う事で、わざわざ朝一にお店に行って購入しました。(笑)
フレームが軽いのは楽ですけれど、やっぱりどんな眼鏡でも長時間は使えませんね!(苦笑)


偶然の発見

1


昨日の事。朝一に我家から車で15分位で行けるカモイ岳スキー場に行った帰り道(午前中)、交差点で偶然にも友人が運転しているタイヤショベルに出会ったのです。

その時ふと思ったのは我家の北側。南側は日が当たるのである程度自然に融けるのですが、今年は降雪量が多いので屋根から落ちる雪が完全に家の壁まで積もってしまったのです。写真で見るとわかると思いますが、もうすぐ玄関の窓ガラスまで到達するところでした。

こうなるとまだ1月の中旬なので、この先の事を考えると除雪をしなければガラスが割れるかも?
でもこの雪、屋根から落ちてきた雪なので大変締まっており、私の力だけではどうにもなりません。

2


と言う事で、友人に頼んでショベルを貸してもらいました。(笑)

しかしいざ機械で除雪を行うと、下が柔らかくて4〜5回程ハマりました。一番手前のキッチンの汚水桝はもしかして壊れているかも知れませんが、それは春のお楽しみ(苦笑)

3


それでもなんとか機械と壁の附近は私の人力でそれなりに終了。でもここまでするのに想定外で3時間近くもかかりました。こんな事はこの家に住んでから初めてです。

4


そして、午後からの除雪は要注意です。一枚目の写真の屋根と見比べればわかると思いますが、気温の関係で午後2時頃は雪が落ちてくる可能性が高いのです。

一人作業なので注意をしながらやっていましたが、油断をすると屋根から落ちてきた雪に埋められてしまいます。埋められないにしてもヘルメットでもかぶっていないと結構打撃を受けると思います。
偶然にも屋根下から離れた時に雪が落ちて来ました。ラッキーです。(苦笑)

でも、今日はお陰さまで全身筋肉痛。湿布を腰に3枚、肩に3枚と合計6枚張って出勤しました。

5


さて、ここからが今日のタイトルの本題なのですが、タイヤショベルを返しに自走して友人の家に行ったのです。

私の家からは距離にして友人の家まで3km程離れています。帰りは友人に家まで送ってもらうようになっていたのですが、連絡もせずに行ったので運悪く留守。

まあ、自業自得なので歩いて帰宅する事に。服装は午前中のスキーウエア―を着たままだったので問題はなかったのですが、手袋がありません。仕方がないのでポケットに手を入れて歩いていたのですが、突然生理的現象。

これはヤバイと思い近くにあったコンビニに入りました。しかし運が悪いのかトイレのドアには掃除中の看板がかかっているのです。
私は掃除が終わるまで必死にもじもじしながらドアの前で耐えていたのですが、いつまでたっても掃除が終わりません。

とうとう我慢も限界にきて「もうダメだ!」と感じ、思い切ってトイレのドアを開けると、なんと誰もいません。どうやら看板を掃除の後、外し忘れていたようです。なんとかギリギリセーフで事無きを得たのですが、あまりにも腹が立ったので店員さんに注意してやりました。(苦笑)

でも、そのトイレのドアの前で苦境に立たされながらも偶然に発見したこのスマホ対応の手袋。

実はこれ欲しかったのです。しかし、何処に売っているか知りませんでした。コンビニにも滅多に入らないので。私はスマホは持っていませんが、通勤中はipodを使用しています。
寒い時に操作をする時、手袋を脱ぐのは少し苦痛です。でもこれがあれば快適に操作できます。

運でつかんだ偶然の発見でした。(苦笑)





馬場ホル

比布スキー場


甥っ子を連れて比布スキー場へ・・・ここはリフト代も飯代も安くて助かります。
しかし高校生と同じペースで遊ぶには、50歳を過ぎると体力的にはかなりきつくなってきました。
そういえば私の友人達はこの歳になると誰もゲレンデで遊ぶ人はいなくなったかも?

馬場


でも、やっぱり運動した後は食事が美味しいのです。これがスポーツ後の楽しみ。
ひさびさに甥っ子を連れて旭川にある馬場ホルモンに直行しました。

馬場ホル



残念ながらアルコールは飲めませんが、それでもやっぱりここのホルモンは美味い!

それにしてもアルコールゼロのビールを飲んでも酔ってきた雰囲気になるのは何でだろう?

昨日

中分


昨日の人間ドックは大変でした。まず、カミさんが休みだったのでついてくる事に・・・(苦笑)
10時からの検診でしたが、吹雪の影響で高速道路は通行止め。と言う事は国道12号線は当然混みます。では国道275号と思いきや、JRの当別札幌間が吹雪の為運休だとか・・・。なので、道路状況はかなり厳しいと予想されたので、少し早めに出発しました。

案の定、浦臼町あたりから雪が沢山降り出し、月形町附近ではこのように前がほどんど見えません。対向車が怖いので目印になるスノーポールの矢印まで車を寄せると、積雪の影響でハンドルがとられます。だからと言って、この写真の右側の雪壁は中央分離帯に積もった雪です。

当別


こういう時はハイエナ作戦で、前の車のテールランプを頼りで走行します。
でも、前の車もいつ雪山に突っ込むのかわかりませんので、いざという時回避できるように微妙な車間距離が必要なのです。「接近してもダメ!離れてもダメ!」なのです。こういう状況では昔取った杵柄ではないですが、ヤンキー時代の運転テクニックが大変役に立ちます。(苦笑)

ふとみ


ところが、当別の街あたりから空が明るくなりだし、札幌市内に入ると天気は快晴なのです。
この時期は、ちょっと場所が変わっただけで天気は雲泥の差があります。

なんとか受診時間の5分前に受付を完了しました。この辺りが私の時間と経路に関する完璧な読み。(苦笑)

食事券


検診するクリニックは大変混みあっていましたが、私が検診を終わるころには2〜3名の人しかいませんでした。札幌から約100km先の田舎から出てくるので順番は最後の方だったのですね。

12時半頃検診が終わり、お腹も空いて1,000円分の大丸のお食事券をもらったのですが、大丸のレストラン街は大変混んでいて諦めました。平日なのになんでこんなに混んでいるのだろう・・・

と言う事で、エスタの道路を挟んで向かいのビル中にある友人が経営しているイタリアンレストランへ行きました。

入店する時に、「タバコを吸いますか?」と聞かれたので、「どうでもいいけどトイレの近い席をお願いします。」と言いました。すると、店員のお姉さんは不思議そうな顔をしてトイレすぐの席に案内してくれたのです。

何故かと言うと、胃のバリウム検査後下剤を飲んでいた為、いざという時すぐ対応できるようにトイレの近くの席を望んだのです。

結果大正解!(笑)  ランチの料理も大変美味しかったです。
でも、イタリアンレストランでうんちとは相手がカミさんで良かった・・・(苦笑)

生理的現象

検診資料


JRタワーの人間ドックに行ってきます。以前は4月頃にドック検診を受けていたのですが、会社の健康診断が5月にあるので、無駄だなぁ〜と思っていました。それでも命根性の汚い私は会社の法定検診だけではなんとなく物足りなく、保険組合からの補助もあるので、毎年のように受診していました。しかも一昨々年までは円山での一泊二日コース。

一泊の時は胃の検診のバリウムを下剤と水分で排出しなければならないので、下剤を飲んでからS男ちゃんがいるすすきののお店に行って必ず水分を補給していました。
そして、どういう訳か帰りの地下鉄の中で下剤が効きだし、超ヤバかった生理的現象に数回悩まされた事があります。(苦笑)


検診の理想は年二回。会社の健康診断が5月なので理想は11月なのですが、1月から4月末迄は一日ドックの場合冬期割引があるのです。それもなんと自己負担額約46%引き!
これに目が眩み、一昨年からは一日ドックに切り替えたのです。(苦笑)

さて、毎回の事ですが、どういう訳か検診日が近づくにつれて出にくくなる大便。
便を二日分採取しなければならないというプレッシャーからの生理的現象なのでしょうか?
これにいつも悩まされます。こんな事は私だけなのかなぁ〜?

社内向けのネタ。

まったく更新ネタが浮かばず、出勤時間がせまってきました。(汗)
と言う事で、今日は急場しのぎで完全に社内向けのネタ?

今週の土曜日の夜9時から日本テレビ系で放送予定の「理想の息子」と言うドラマがあるらしいのですが、そのドラマの主人公の鈴木大地(山田涼介)の学級担任の名前がなんと「神部敏郎」と言うのです。

ただ、それだけです。書いていてなんだか情けなくなってきました。
でも、社内向けのネタでしょう!(笑)

ポスト

ポスト1


昨年末、除雪ショベルで壊れた我家のポスト。なので仮設ポストを使っています。
でも、いつまでも家の前がこれではみっともないし、使い勝手も大変悪いのです。

保険屋からも正月休みなのか未だに連絡がこなく、待ちきれなくなった私は・・・

ポスト2


札幌に行って同じタイプの物を購入してきました。
残念ながら在庫が最後の一個だったので気に入った色ではありません。

ポスト3


とりあえず同じ場所に設置して、仮設ポストを撤去しました。

ポスト4


「雪が融けたら赤を塗ろう!」 風水では我家の場合玄関が東側なので赤が一番いいとか・・・

こんな些細な事でも目標を持つと、春が待ち遠しくなりますね!

たこ焼き

近江屋


大阪の陽ちゃんから、たこ焼きとイカ焼き、そして特別注文のお好み焼きが届きました。
しかもこんなにも沢山・・・。
あっ!、皆さん心配しなくてもいいですよ!、冷凍なのでゆっくり食べられます。(笑)

このたこ焼き他は大阪の西成区にある「たこ焼近江屋」と言うお店の商品なのですが夫婦で営んでいるお店だそうで、生地と出汁にはこだわっているのだとか。
地元では評判のお店で、大阪の方が自信を持って私に送ってくれたのです。


晩飯


早速夕食のメニューにたこ焼きとお好み焼きを入れました。
調理方法はたこ焼きはラップをしないでチン、お好み焼きはラップをしてチンをします。
そして、たき焼きは何もつけないでそのまま食べ、お好み焼きはソースをかけます。

粉文化がなかなか根付かない北海道なので、夕食での粉物は超久しぶりです。
実はこのお好み焼きを食べるにあたり、どろソースを冷蔵庫の中で捜したのですが見つかりませんでした。ダメ元で市内のスーパーを捜してみたのですが何処にもありません。
何処のスーパーを覗いてもやっぱりオタフクのソースばかりなのです。
私にもこだわりがあるので、日曜日にドンキホーテ―に買いに行かなければなりません。(苦笑)

で、食べた感想はと言うと、出汁が効いているので、レンジでチンの間に良い香りがしてきます。
そして食べてみると本当に生地が美味しい。
粉物は通常私の場合ビールを飲みながら食べますが、ここのは日本酒に会います。マジで。

もっともたこ焼き本場の大阪の方が、大阪一のたこ焼きを送ってくれたのだから美味いのはあたり前。大阪一のたこ焼きと言う事は日本一美味しいたこ焼きと言っても過言ではありませんよね!

陽ちゃんと旦那様に感謝です。早速ピーチ航空に乗ってこのお店に行きたくなりました。(笑)

音江山

1


今年の正月休みは雪も大した降らず、食べて飲んでは寝てのだらけた生活で2kgも肥えてしまった私ですが、最後の日くらいはビシッと!行こうと思い、先輩達と音江山に行ってきました。

準備の遅い私はいつものごとくスタートは必ず遅れます。(苦笑)

2


20分程歩くと音江山の入口です。この時はすでに先頭。
と言うか、一番若い私はラッセルをしなければならないので当然先頭を歩きます。

3


雪は少し降っていますが、風もなく、少し暖かいのでコンディションは良好です。
体も調子が良いのか、後ろの人達とも離れ、冬山特有のまったく無音の世界が心地よいのです。

4


登りだして3時間、頂上のすぐそばですが、さすがに稜線から頂上にかけては気温が変わります。

5


私のつけたトレースを歩いてきた他パーティのスキーヤー、私に「トレース有難うございます」と言ってから裏側の超急斜面を滑ろうとしています。装備を見ると、スキーはかなり上手そう・・・

6


頂上で待つ事30分、我がパーティの会長Nさんが登ってきました。さすがベテランの貫禄!
実はこの時、私の手足はすでに冷えきって、早く降りたい気持ちでいっぱい・・・(苦笑)

7


雪は少し重いかな?と思ったのですが、滑ってみると最高のパウダースノーで超気持ちがイイのです。テレマークスキーを持って来ないで山スキーにした事を少し悔みました。
結局スタート地点に戻ったのは登り始めて5時間後。その間300ccのポカリスエット1本。
お腹が空いて朝作ったおにぎりをほおばります。

美味かったなぁ〜。(笑)

音江山


ひさびさにGPSでログをとりました。登りながら少しルートがわからなくなった事と、予備のインナー手袋を持参していなかった事は今日の反省点です。インナー手袋が汗で濡れてしまって頂上から手が冷たかったのです。

家に帰ってからチロルの湯に行ったのですが、体重が正月休み前に戻りました。
やっぱり体を動かす事は最高です。でも両足の筋肉痛が・・・(苦笑)



ひさびさの・・・

戦争映画と日本史の好きな父親を連れて、旭川にあるゲオディノスの映画館に行ってきました。
ひさびさの映画館での映画鑑賞です。見た映画はもちろん山本五十六

山本五十六役で主演の役所広司さん、最近はダイワマンの印象が強かったのですが、この映画では高倉健さんに負けないくらいシブくてカッコイイのです。
男はやっぱりこうでありたい。(理想は・・・(苦笑))

それにしても日本映画にしては、いい映画だったなぁ〜!

クラス会

クラス会


7〜8年ぶりに行われた高校のクラス会。
その頃の私は、年越しと言えば冬山に入っており、参加することはできませんでした。
なので、クラス会の参加は10年以上ぶりです。
土木科39名中15名が集まりました。もちろん男ばっかり。(苦笑)
残念ながら空知管内より遠い人はなかなか参加できないようです。

注ぎ


幹事さんは挨拶の後、順番に注いでまわります。本当に御苦労さまでした。

皆、久しぶりに会うので話は盛上ります。30年以上前の事がついこないだのよう・・・
業種的には大変厳しいのですが、負けず元気で頑張っているような人達がクラス会に参加してくるような気がしました。

料理


市内の老舗ホテルで6時より一次会が行われたのですが、正月だからと言ってこのメニューはないですよね。
皆さん食べ飽きているのか誰も箸をつけません。(この件についてはこれ以上・・・(苦笑))

二次会


さすがに男ばかりで二時間もいると、女性のいるお店へ男は行きたくなるものです。
二次会で若い女性が横に座ると、またまた皆さん元気になります。(苦笑)

でも、カメラ操作を見ると浜益の友人は私と同じでかなり老眼が進んでいるようです。(笑)

カラオケ


歌の上手い人はおきまりのパターンでカラオケが始まります。

モザイク


カラオケをあまり歌わない私も上機嫌。でも、顔があまりにもだらしないのでモザイクをかけました。
この後、おじさんらしくこの子の年齢を聞くと私の甥っ子とほぼ同じ。しかも甥っ子の知りあいだったので現実に返ります。(苦笑)

三次会


そして、三次会へ。三次会ともなると、だいたいいつものお決まりのメンバーになります。
ここから仕事が終わった氷屋のヒロが参加。

四次会


三次会で疲れてしまった浜益の友人を除いて四次会へ。私も三次会で帰りたかった(苦笑)

赤外線


おじさんというものは、赤外線通信がお好きなよう・・・何処へ行ってもこのスタイルです。(苦笑)
ちなみに彼女は同級生。50歳過ぎにはとても見えないですよね。(笑)

氷屋


いつまでも元気がある皆さんには驚かされましたが、やっぱりムードメーカーはこの男。
氷屋のヒロです。仮面武道会を相棒のテルヨシとデュエットしながら踊りまくります。

最後にそばよしでかけそばを食べ午前2時半解散。予想通り今日は二日酔いです。(苦笑)

初夢

宝くじ


一富士二鷹三茄子とはいかなかった今年の初夢。でも、本当にこんな初夢を見れる人がいるのか疑問です。ちなみに私の初夢は、何故かカレーとウンチの夢だったような気がします。(苦笑)

さて、すっかり私の正月恒例行事になった、こっそり行う前年度購入した宝くじの当選番号チェック。
こうする事によって、一度に沢山購入するお金がない貧乏な私が、年一回限りですが沢山購入した気分にもなれるし、前年度にいくら宝くじに投資したのかのも把握できます。

ちなみに2011年度は当選券がなかった東日本大震災復興宝くじも含めて投資金額14,000円。
そして当選した合計金額は1,200円。収支はトータル12,800円の赤字です。(苦笑)

封筒


でも、残念な話ばかりではありません。実は年末新しい炊飯器と格闘している時に私宛の1通の郵便物が届きました。差出人は見慣れない名前。恐る恐る封筒を開けてみると・・・

当選


11月末頃だったと思うのですが、旭川のイオンで圧力鍋を購入した時に、X’masイオンdeカーニバルの抽選会で応募したのです。
北海道内の各地多くの温泉施設から行きたいところを選べるのですが、この時私は考えました。

1、イオンの店舗は圧倒的に札幌圏に多いので定山渓や登別温泉等は希望者が多い。
2、人間の欲の心理で宿泊費の高い所に人気が集中する。
3、冬季なので、交通事情を考えると遠いところは敬遠する。
4、温泉通でなければあまり知られていない。
5、私個人として源泉かけ流しの温泉でないと温泉とは認められない。

以上この5点から選んだ温泉施設は、「名湯の森きたふくろう」・・・道東の川湯温泉にあります。

読みが見事的中しました。(笑)

しかし、運をこれで使いきったので宝くじは当たるはずもありませんよね・・・(苦笑)



あけましておめでとうございます。

家族


皆さま、本年も私のくだらないブログのお付き合い、よろしくお願いします。

すっかり恒例になってしまった我家での年越し。普通は自分とカミさんの両親両方の実家に順番に行くと思いますが、我家で行うと一回で終われます。時間と経費の節減!(苦笑)
まあこれも親同士が仲がいいのでできる事なのですが、これだけでも幸せな事です。感謝!
カミさんの弟夫婦に会うのもお互い仕事がなかなか忙しく、年一回か二回しかありません。

今年の年越しは特に意義がありました。
カミさんの母親を連れて兄弟夫婦で旅行の下計画ができたのです。
青函トンネル竜飛海底駅に展示されている亡くなった父親の俳句を見に行く事です。
あとは、カミさんと弟の春の人事異動がはっきりすれば完全計画ができます。
父親が亡くなってからもう20年位経過するのですが、母親が元気なうちになんとか家族全員で行けるチャンスができたのです。
働いている4人のスケジュールを合わせることは並大抵のことではありませんが、思い切って行動を起こさないと月日が経過するだけですよね。そのうち手遅れになってしまう・・・

おせち


さて、先日ラジオで初めて知ったのですが、年越しに家族が集まって御馳走を食べる習慣があるのは北海道だけらしいのです。
他都府県は、大晦日はお蕎麦を食べ、正月から御馳走を食べるそうなのです。本当なのかな?

さて、今年の我家の御馳走は・・・今年で三年目になりますがS男ちゃんから購入したおせち。
昨年までは4段重でしたが、理由があり今年は二段重にしました。

おせち2


このおせち、大阪の会社が販売元で、製造者が滋賀県。なのでここら辺りで売っているおせちと中身が少し違い、関西風なのです。(たぶん)
なので、結構珍しい物が入っているので皆さん楽しみにしてくれます。
今年のかまぼこには今年の干支の辰が描かれていて、見ているだけで綺麗で楽しくなります。

刺身


もちろんこれだけではたりないので、超昔の私の彼女の妹が働いている(苦笑)、市内では抜群の美味しい魚を販売しているY水産で生マグロ他を予約しています。
私はつま切器も所持しているので、毎年柵で購入してきて2皿に盛りつけます。(笑)

たまご


調理士の資格も持っている料理上手なカミさんの母親も必ず何種類も作って持って来てくれますが、その中の一部でこれはゴボウと人参のチャーシュー巻きと味付け煮たまご。

笹寿司


そして必ずある定番メニューの笹巻きの押し寿司。今年こそはこの作り方を習います。
マジ美味い!シャケやサバ等10個くらいすぐ食べてしまいます。

レンコン


昨年はマグロのカマ焼きを作った私ですが、今年は控えめに最近得意としている辛子レンコン。
まあまあの評判。(笑)

食っちゃ寝、食っちゃ寝の、今年もまた体が横と前に少し成長する年越しでした。(苦笑)




livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ