今日の睡眠前

日々の日記です。

2013年06月

揖保乃糸

揖保の糸


最近サボりがちなブログの更新。更新頻度は完全にS男ちゃんに負けています。(苦笑)

さて、大変遅れてしまったネタですが、大阪に行った頃に陽ちゃんから頂いた手延そうめん揖保乃糸。

しかも私のような北海道の庶民にはあまり知られていない黒帯なのです。

そもそも数種類の帯色があったなんて知りませんでした。これは特級で高級感が漂う箱から違いますし、食感も普段食べているのとは違います。

まあ、普通にスーパーで売っているのでも揖保乃糸なら十分美味しいけれどね。

普段各お店の試食も仕事の為、仕事を離れた時はあっさりしたそうめんが主食のS男ちゃんにも同じものを届けました。そして先日S男ちゃんの家に泊まった時には、ごちそうにもなったのです。


ソーメン


今日のような暑い昼下がりはやっぱりそうめんが食べたくなります。でも私はお熱いのも好きなのです。

冷たいのは道産子らしくめんみ。お熱いのは鴨肉を入れて創味のつゆ。
S男ちゃんの家は確か桃屋のたれだったなぁ〜!

食べ方は色々あると思いますが、やっぱり素材の良さを引き出す事、いじくり過ぎてはダメですな!←パクリ(笑)

札幌岳

ピザ


週末は朝からボランティア行事に参加し、午後からは家の前に焼肉ハウスの建設?そして夜はS男ちゃんの待つススキノヘGO!

今回お邪魔したのはベティ64と言う今年の春グランドオープンした本格的な美味しいピザが食べられるお店です。マジ美味いよ〜!

私がS男ちゃんの自宅から奥さまに車で送ってもらい、お店の前に着いたのは夜の9時近く。隣人W君がこのお店の2階で、中学校のクラス会の2次会の最中でした。

私がちょうどこのピザを食べている時、2次会が終わった隣人W君は2階から降りて来て私と顔を合わせ、その後女性を両腕にかかえ、ススキノのネオンの中に消えて行ったのです。(笑)

1


翌朝はS男ちゃんと二人で札幌岳に登山です。S男ちゃんは午後から仕事なので遅くても11時には下山してこなければなりません。5時10分に登山開始です。

2


私は厳冬期しか来た事がない札幌岳。夏道は小屋まで渡渉を数回繰り返しながら登ります。

3


冷水小屋に着いたのは歩き始めて1時間10分後。二人、足が揃っているだけにいいペースです。厳冬期ならこんな時間では考えられません。いつもはここに泊まって宴会!(笑)

4


小屋を過ぎると急登が続きます。そして急登が終わり頂上に近づくと、まだこんなにも雪が残っていました。

5


登山開始から2時間30分、7時40分に頂上に到着です。一人すれ違いましたが、頂上には誰もいません。50過ぎのおっさん二人で石の上にカメラを置いてセルフタイマーでパシャ!(苦笑)

しかし残念ながらガスがかかっているので頂上からの展望はありません。

6


なので朝食を食べてさっさと下山。

7


下山途中でカワイイ3人の山ガールがいるフーミンさん親子と会いました。天気も良くなってきたので、フーミンさん達が頂上に着いた頃の展望は素晴らしかったと思われます。

8


登山口には10時半に到着しましたが、駐車場は満車で路上まで車が並んでいました。さすが札幌圏。

ここは登りも下りもあまりタイムが変わらないコースです。たぶん・・・

酒の会

1


全然更新が追いついていきません。木曜日の夜の事。

仕事が終わっていつものようにスポーツクラブに向かう途中、滅多にくることがないカミさんから電話がきたのです。

車を停めて電話に出た途端、「あんた!いったい何時に帰って来れるの!」そして私は「これからスポーツクラブだ!」と答えたのです。

すると、「何言ってるの!、今日はお酒の会だよ!」と、怒鳴り声が聞こえてきました。(苦笑)

そう、友人の酒屋の酒の会の事を私はすっかり忘れていたのです。
あわてて自宅に戻り、2分で支度を済まし、タクシーで会場に向かいました。

2


久しぶりの参加。しかもこの日は私の大好きなお酒、山形県の出羽桜。
もちろん蔵から営業の方も来ています。

まずは非売品の金賞受賞酒の大吟醸で乾杯。感想は言うまでもありません。

3


そして、原酒の大吟醸。フルーティな大吟醸と言えども、生原酒だとパンチがあります。
5杯も飲めば酔いがまわりそう・・・(苦笑)

4


雪漫々、この大吟醸酒は超美味い!何杯でも飲めそうだし、和食にもとっても会います。
ここまでは、私の身分では滅多に飲めない大吟醸酒。そしてこれ以外のお酒は、この場ではあまり飲まないようにしました。
理由は普段たまに飲んでいるからです。(苦笑)

5


日本酒定番のメニュー。刺身と茶碗蒸し、そしてイカの塩辛とかすべの煮こごりです。

6


そして山形と言えばサクランボ。山形のサクランボと言えば私は食べた事がない佐藤錦。

残念ながら佐藤錦は出てきませんでしたが、このサクランボの漬物はなかなか美味かった。

100kmウォーク(装備編)

靴


やっと体がほぼ完治しました。水曜日の夜からはスポーツクラブも復活!

今回100kmを歩くために購入したシリオの靴です。ゴアテックスで裏はビムラムソール。サイズは4E+といった足の幅の広い日本人向き。他メーカーではこのサイズはないと思います。

価格は12,000円位とこの手の靴では安い。お遍路向きと売り場には書いてありました。秀岳荘の春のバーゲンで購入して、大阪で履きならしました。(笑)

靴下


さらにはランニング用のインナーとソックスも購入。これは近所のゼビオスポーツで特設されていた100kmコーナーで見つけたのです。

インナーが5,000円位とこれが高かった。靴下が一足1,500円位なので上の靴と合わせると足元に合計20,000円程投資したのです。

一緒に歩いていた若い子達がランニングシューズを履いて歩いて足の裏にかなりのダメージを受けていましたが、私はほとんど問題なし。

暑くて固いアスファルトの上を長時間歩くには、靴底とソールはとっても重要です。それにゴアテックスだと雨が降っても大丈夫!

やっぱり何事も道具ですね!(笑)

100kmウォーク

100

中学生時代からの友人であるカバ君が勤める会社、空知単板工業蠅気鵑主催している今年で第12回目のチャリティー100kmウォーク大会に参加しました。

これはGPSで私の歩いたログですが、赤矢印のふれあいの里をスタートして、空知単板工業さんの本社を折り返してふれあいの里に戻り、今度は青矢印のふれあいの里から奈井江の道の駅を折り返して戻ると言ったコース設定になっています。

1


受付時はあいにくの雨。それでも私が朝6時過ぎに行った時にはすでに沢山の人か来ていました。

2


実は私、この日の為にジムでのトレーニングはもちろんの事、体調管理もしっかりやっていたはずなのですが、先週の大阪旅行のホテルに泊まった初日の翌朝、ついうっかり、ぎっくり腰を超久しぶりにやってしまったのです。(苦笑)

それで先週は仕事が終わってからの毎日整骨院通い。でも、長時間列車に乗っていた為なのかあまり良くなりません。

壁伝いに家の中を歩いている私の姿を見て「そんな体で出場するなんてあんた死ぬ気かい?」とカミさんに言われたくらいです。(苦笑)

ところが、大会の前日は札幌で講習会があったので夜の治療は諦めていたのですが、先生が「何時でも待っているから来て!」と言ってくれたのです。

さらには大会当日の朝5時半頃から治療をしてくれ、4.5mのチタンテープ1丸全部を使い、私の足腰をテーピングで補強してくれました。そして先生の特注品である通気性の良い腰のコルセットも貸してくれて完全装備。感謝です!

3


午前7時半より開会式が始まり、社長の挨拶、そして来賓の滝川と砂川の市長の挨拶が終わると・・・

4


カバ君がステージに上がり、大会参加者への注意事項を説明しました。

5


そして私と記念撮影。スタート前に私のFBに投稿した写真です。

6


そして今年の春入社した甥っ子と。

7


8時出発。参加者は1,000人位なのでしょうか?。スタートは見事に出遅れました。ほとんど私達は後ろの方です。歩道が狭く、大渋滞を起こしているので追い抜かすわけにもいきません。

8


私は甥っ子と甥っ子の同期入社の子二人の合計4人で歩いたのですが、甥っ子達は最初のうちはふざけながらダラダラと歩いているし、私は自分の体とは思えないくらい不調なのです。

特に左足の股関節と足裏に歩くたびに激痛が走ります。たぶん腰からきていたのでしょう。

空知単板工業さんの本社である最初の折り返し地点に着いた時には私達の後ろには20人ほどしかいませんでした。

ここで甥っ子達は先輩から忠告があり、「急がないと次のチェックポイントで失格になるぞ!」と言われたのです。

新人さんは完歩するまでこの大会で歩かなければなりません。なのでここで気合が少し入りました。

9


一年先輩達二人とここで記念写真を撮り出発!

10


とは言え、ここからだとまだまだまだ72kmもあるのだからとっても気が遠くなります。(苦笑)

11


赤平入口のローソンの所に第2チェックポイントがあり、そこで私は足をマッサージしてもらい、少しだけ楽になりました。

でもここで会ったカバ君に、時間的に結構厳しいと忠告されたのです。

この写真は東滝川を過ぎたあたり。暗くなる寸前です。応援に来た甥っ子の父親に撮影してもらいました。

12


私はその後もスキルアップセンターとふれあいの里、そして啓南団地のチェックポイントで足のマッサージをしてもらうと、足の痛さが徐々に消えかけてきました。

これは後半戦での新十津川の街中。この時、S男ちゃんはウインドサーフィンをするため稚内に行く途中、車でこの辺りの国道275号線を通過したのです。
そして私にラインのメールで「ゾンビが沢山いる」と・・・(苦笑)

13


私の会社の前は、夜中の2時に通過。この先の空知大橋から奈井江の道の駅まで、長い長〜い直線が続きます。

14


そして奈井江の道の駅に着いたのは朝の5時。もうすっかり明るくなっていました。

15


チェックポイントを通るわたく氏。
ICチップをいちいちリックから出すのが面倒!

16


もちろんここでも足のマッサージです。

17


奈井江の道の駅から砂川までは、マッサージの効果からなのか足が痛くダラダラ歩き。
しかし砂川の街で残りあまり時間がない事に気づき、スイッチが入りました。

これは滝川のホーマック付近ですが、ほとんどノンストップで砂川から200人位?は抜いたと思います。

周りのみんながやっと歩いているような雰囲気で軽快な足どり。前半のスローペースが良かったのかも知れません。

18


出発から26時間半後の午前10時30分過ぎゴール。この4人で力を合わせて完歩しました。

GPSログによると移動時間21時間20分、そして停止時間5時間10分です。移動平均速度が4.8kmなので目標だった5.0kmには少し遅れましたがまあまあ。なによりも完歩する事が重要でした。

この中の一人に私がいなかったら完歩できなかったと言われ、私は嬉しかった。
いろんな意味でこの子達の得たものは沢山あると思います。(わたく氏も)

ゴールで待っていたカバ君にも新人さん達は「お前達、良くやった!」と褒められご機嫌!

でもこの後、全員足の筋肉痛が歩けないくらい酷かった・・・









大阪旅行(トワイライト編)

1


イベントがあって、アップが遅れてしまいました。

大阪旅行もいよいよ最終日、陽ちゃんご夫妻は私達をホテルまで迎えに来てくれ、見送りまでしてくれたのです。

帰りは憧れのトワイライトエクスプレス。以前陽ちゃん達が北海道旅行に来た時、大阪に帰るのに乗った列車です。

私はその時、この列車に銀婚旅行の時は乗車しようと決めていました。

10


私達の席は5号車のB個室ツイン。本当は陽ちゃん達が乗ったAロイヤルを狙っていたのですが、それどころではなく個室ではないB寝台すらとれなかったのです。
予約は一カ月前から始まるのですが、一瞬で全席売り切れるようなのです。

諦めかけて飛行機の切符を押さえたところ、一応キャンセル待ちもしていたので連絡があり、B個室がとれました。

2


部屋はこんな感じ。

3


それでも隣の4号車がサロンカーなので、ここは超快適な空間。

4


6時間以上窓から外の景色を見ながらサロンカーで飲んでいました。(笑)

5


あいくに曇天で窓からの素晴らしい景色は写真で撮る事はできませんでしたが、日が沈む瞬間、これぞトワイライトかな?

6


キャンセル待ちで席がとれたため、レストランのディナーの予約は満員でできず、梅田のマルシェで購入した食材で部屋食です。

7


これが食堂車。朝食は予約ができました。

8



9


こんな感じでちょっとおしゃれな洋食です。

11


朝食が終わるともう苫小牧付近なので、ベット等の片づけをはじめます。

12


札幌到着。陽ちゃんご夫妻のお陰で普通ではありえない素晴らしい銀婚旅行を満喫することができました。

感謝!

大阪旅行(ディナー編)

1


大阪と言えば吉本、吉本と言えば大阪って言うくらい大阪旅行はここを外せません。USJを後に、今度はなんばグランド花月にて上方漫才と新喜劇を見ました。

2


その後陽ちゃん達に連れて行かれたのは梅田にあるスカイビル。ここで私達二人は車から降ろされ・・・

3


ここの39Fにある中華レストラン燦宮を予約してくれていたのです。

4


しかもたった3席しかない大阪の街を一望できる窓側の席をキープ。私だったら記念日と言えどもなんばあたりの安い串カツ屋くらいにしか行かないと陽ちゃんは察していたのでしょう!(苦笑)

5


フカヒレや北京ダックのある豪華なコース料理のオーダーまで。

6


さらにはシャンパンとお花。ここまでされると、もうお礼はどうしていいのか言葉もでません。

7


8


9


10


11


12


13


14


お腹が一杯になったところで記念撮影。

15


今度はこんなサプライズが・・・

16


デザートを食べるともう動くのがやっと・・・

17


この後屋上の空中庭園に行き、大阪の夜景を楽しみます。

なんば方面。

18


そして梅田の駅方向・・・。私は上田正樹の歌を口ずさんでいたかも?(笑)

大阪に着いて、ここまで全部陽ちゃんの作ったスケジュール通りです。
凄い!

続く・・・

大阪旅行(サーカス編)

1


USJでの最後はサーカスの見学です。この始まる少し前には大勢の人が集まっているのにもかかわらず、私達は特別な通路を通り、前の方へガイドさんに案内されます。

2


そして私達の席が黄色いロープで囲われ、確保されていました。前夜パレードを見たので、ここで美人のガイドさんとお別れです。

3


後ろを振り返るとこんな感じ。優越感に浸れるというより、私のような庶民には申し訳ない気持が・・・(苦笑)

4


そしていよいよサーカスが始まります。

5


もちろん本格的なサーカスを見るのは初めてで・・・

6


次から次へと凄い技と踊りに圧倒されてしまいます。

7


最後の締めは人間大砲。外人さんはやっぱ、やる事が違いますね!

8


駐車場に戻ると、係のおじさんが霧吹きを持って遊んでいます。
上手いなぁ〜!

9


車の中でこのスパイダーマンの肉まんを食べながら次の場所へ移動です。見た目よりはかなり美味い!(笑)

続く・・・

大阪旅行(セレブ?編)

1


翌朝陽ちゃん達は朝7時にホテルに迎えに来てくれました。早くUSJに行って、アトラクションをほとんど並ばずに乗れるガイドを頼むためにです。

USJは今拡張工事中で、駐車場から入場口までの間は仮囲いされていますが、流石と言うか大変センスが良いのには驚きました。

2


商売柄、どうしてもこういう所が目に入ります。

3


JV等の施工業者の名前は何処にも見当たりません。アメリカ文化ってこうなのかな?

4


入場口に着くと開場までまだ一時間以上もあるにもかかわらず、すでにこんな行列。陽ちゃんは突然別方向に歩いていきます。

5


少し時間が経過すると陽ちゃんに呼ばれ行った先は特別の入り口。ここから入ればガイド付きで行列の人達を横目に少し先に入場できるのです。

セレブってこうやって遊んでいるのですね!(笑)

6


入場の手続きの間に、陽ちゃんと家族同様のすぎかなさんはすでに一番混むジェットコースターに私達の為に並んでいてくれ・・・

7


そんなに待たないで乗る事ができました。感謝!

8


でも、ジェットコースターを降りるとすでにこんな行列が・・・

9


期間限定バックドロップの待ち時間を見ると440min。って事は7時間半・・・待つのはありえない!(苦笑) 途中からレギュラーに変えて良かった!

10


ガイド付きはこのようにバッジを胸につけ、話が聞こえるように無線を持たされます。

このバッジこそがセレブの証し?

11


ガイドさんがつくと見る目が変わります。この建物は・・・

12


あのプリティウーマンで使われたもののレプリカなのです。映画好きならたまりません!(笑)

と言うことで、建物一つ一つに意味があるのです。ガイドさんがいなければなかなか気がつきません。

13


これはニューヨークの街並みの再現・・・

14


そして商売柄気になるのがマンホールの蓋!(苦笑)

15


こちらの街並みはサンフランシスコ。

16


そしてマンホールの蓋。

本当かどうか仕事で毎年腐るほどアメリカ本土に行っているカバ君に今度聞いてみよう!


17


ジェラシックパークのアトラクションに乗るには念のため合羽が必要です。

18


私以外、暑いのに合羽を装備。

19


社長は演技なのか完全防備です。(笑)

20


乗り終えて、お腹が空いて食べたのは恐竜の足?

21


炎天下の昼酒はとっても良く効きます。(笑)

続く・・・





大阪旅行(パレード編)

1


お腹は焼肉で超満たされ、今度は週末だけ開催されるUSJのパレード会場へ行きました。私はここがオープンした時に、仕事?で来た事があるのですが、カミさんは初めてです。

2


入口で記念撮影。なんだか新婚旅行みたいでしょう〜(笑)

4


実はこのように社長に半ば強制的にポーズをとらされています。(笑)
これくらいのノリがないと大阪では逆に恥ずかしいのかも?(苦笑)

3


USJに入場するのに年間パスポートを所持している人は、このように目認証になっています。地元の人なら何回も来るのでしょうね!

5


日が沈み、いよいよパレードの開始です。トップを飾るのはやっぱりこの超有名なキャラクター達。

6


次から次へと色鮮やかに登場してきます。

7


このシルエットが気になったところで・・・

8


私は周りで踊っているお姉さん達の方に目がいきだしました。(笑)

9


ものすごい数のパレードもそろそろ終盤。

10


ラストを飾ったのはシンデレラ姫です。そして私の体力はこの辺りでシンデレラ。(苦笑)

11


ホテルまで送っていただき初日は陽ちゃん達とわかれましたが、お腹がきついのが一向に治らずホテル近くを小一時間ほど散歩。

大阪一有名スポット?で記念撮影でした。

続く・・・

大阪旅行(夕食編)

1


夕食は、陽ちゃんの自宅の近くにある焼肉屋さんに連れて行ってもらいました。
まずはきゃんぱ〜い!(笑)

2


なんとここのお店は私の大好物の塩レバーと・・・

3


ユッケが食べられました。ちなみにここのお店の肉はすべて宮崎牛。

4


いつもは焼肉と言えば内臓系しか食べられない我家も、陽ちゃんのお陰でこんな豪華なお肉が食べれました。

5


でも、やっぱり私は赤肉では牛タンが一番!

6


最後の締めに食べた暖かいごはんのクッパ。暖かいごはんと言っても氷が入っているので食べるときは冷たく、あっさりとしています。

これはS男ちゃん、マジにいけます。(笑)

ちなみに社長とすぎかなさんの締めのデザートは二度目のユッケですが、これもマジにいける!(笑)

今日の更新はもう体力的に限界です。また明日へと続く・・・

大阪旅行(会社訪問編)

1


陽ちゃんにプレッシャーをかけられ、更新のスピードを上げなければなりません。(笑)

新世界を後に向かったのは、引っ越しが終わって間もない陽ちゃんの会社訪問です。

このウエスタン調の扉の中は自転車置き場で扉は社長の手作り。ここから皆さん自転車に乗って仕事に出動します。自転車すら路上駐車ができないのはやっぱ北海道とは違います。(苦笑)

2


社内の応接室に案内されると、なんと社長をはじめ社員みんなで作ってくれた歓迎の挨拶文。
こういうのなんて言うのかな、横断幕?天井には手作りの飾り付けまでありました。

皆さん仕事が忙しいのにもかかわらず、さらにはつい先日に泥棒に入られ大被害を覆ったのにもかかわらず、ここまで私達の為にやってくれたのには感激で言葉も出ません。こういう時を感無量って言うのかな?
52年間生きていて良かった!(笑)

それにしてもよ〜く見ると社長の絵の上手いのにはビックリ!

3


うちのカミさん、応接室にあったお面を被ってご機嫌なポーズ。大阪では最低でもこれくらいの事はできないと生きてはいけません!(笑)

4


陽ちゃんの会社を後に夕食まで少し時間があったので、今度は近くにある住吉大社に連れて行ってもらいました。
大阪の街の中に、こんな凄いパワースポットがあるのには驚きます。

5


早速参拝へ。

6


本殿は国宝って言うのだから凄い!確かに雰囲気を感じます。
陽ちゃん達は早速撫でうさぎの所へ。

7


つい先日、大変な不幸があったばかりの陽ちゃん達は、翡翠のうさぎを撫でて招福を祈ります。でもなんか楽しそう!(笑)

8


神前での結婚式も行われていました。ちなみに陽ちゃんは元巫女さんだったとか・・・(苦笑)


9


住吉大社を後に移動です。

実はこの写真、個人的に気に入っています。陽ちゃんの後ろにもし社長がいれば、なんちゃってビートルズのアビーロードみたい!(笑)

10


陽ちゃんの立派な自宅に一瞬立寄り、夕食のお店へ。

ここで更新はちょっと休憩・・・(苦笑)

大阪旅行

1


スカイマークの飛行機に乗り、神戸空港へ。飛行機代は1万円です。
飛行機は綺麗で狭くもなく、快適でした。
神戸には大震災が起こる前の年に行った以来18年?ぶりかな。

空港に着くと、大阪在住の陽ちゃんご夫妻が、ニコニコ号で迎えに来てくれていました。軽く昼食をとり大阪へGO!


2


私の強い希望でまず最初に連れて行ってもらったのは、ガイドブックには載っていない三角公園。一般的に言えばあいりん地区です。

3


ボランティアでの炊き出しが行われる横ではこのように路上で寝ている方もいます。もちろん空き缶一つ落ちていません。

4


本当は車ではなく臨場感を感じたかったので自転車か徒歩で行きたかったのですが、治安上却下。(苦笑)

でも、行ってみると雰囲気でその意味がわかりました。私と社長の二人ならいざという時逃げられますが、女性がいるとそうもいきません。
ましては警察署でさえ鉄格子で囲われ、厳重な防衛がされています。

私が関西方面に出向で行ったバブル期の頃、ここから連れて来られている作業員さんが大勢いました。ここで生きている人達を見ると、複雑な思いが掻きたてられます。

5


あいりん地区を後に今度は新世界へ。
でも時間がないためここも串かつ屋の行列が気になりながら車で素通りです。(笑)

続く・・・




銀婚

切符


平成元年4月23日。早いもので結婚してから今年で25年の歳月が経過しました。いわば銀婚。

子供のいない我家にとって、50年はたぶんないと思うので旅行を決意。
これから陽ちゃんの待っている大阪に行ってきます。

本当は暑くて梅雨の入った今頃よりGWに行きたかったのですが、今年は現場をかかえていたのでそうもいかず、この時期となってしまいました。
今も十分忙しいのですけれどね・・・

帰りは憧れのトワイライトエクスプレスで帰ってきます。この列車は一カ月前に予約開始なのですが、超人気なので一瞬で売り切れとなります。

実は私はツインクルに勤務する知人を頼って予約をお願いし、A個室スイートは無理としてもA個室ロイヤルを狙っていたのですが、そんな事はとんでもない事で普通のB寝台でも取れなかったのです。

一応キャンセル待ちも予約していたので、悔しいけれど諦めかけてたところに、B個室ツインにキャンセルが発生し、なんとか席を取る事ができました。Hちゃん有難う!

でも、残念ながらフルコースディナーの予約はいっぱいで無理でした。お酒を持ち込んで乗るしかありません。(苦笑)

さて、十数年ぶりの関西方面。はたしてどんな旅になるかな?

田植え

田植え


ひさびさに江部乙の床屋さんへ行きました。今年はやたらにこんな風景が目に入ったのです。農家さんも作業が遅れているのだろうな!

午後の部

後方


下山後、S男ちゃんは高級和牛を持って部下とその家族達が待つさとらんどへ、そして私はカミさんのご機嫌取りのため厚田へ!

途中までS男ちゃんの後ろを走って行ったのですが、カミさんの車でポルシェを追うのは非常に厳しい!(苦笑)

朝市


厚田の朝市会場に着いたのはお昼少し前、さすがに人は少し減っていたと思います。大型のヒラメも欲しかったのですが、残念ながら鮮魚はもうほとんどなかったのです。

蝦蛄


でも、狙いの蝦蛄はどこのお店でもまだまだ沢山売られていました。S男ちゃんいわく南西の風が吹けば蝦蛄は豊漁だとか!

この日はまさに南西の風が吹いていたのです。でもどうしてウインドサーファーがそんな事知っているのだろう・・・?(苦笑)

豆腐


厚田の妹尾豆腐店は当然ごとく売り切れでしたが、浜益の佐々木豆腐店に立ち寄り豆腐と揚げもゲット。
我家はこちらの豆腐と揚げの方が好きかも。

道


そしてここが人生の分かれ道?。まっすぐ行けば楽園かっち君の浜小屋へ、そして右に曲がれば家の周りの作業が沢山残っている我家へ。

悩んだ挙句、今月は何かと時間がないので右に曲がりました。(苦笑)

仕入


厚田と浜益でゲットした我家の食材。さらにはS男ちゃんから高級和牛のお裾分けも。一部は食べますが、非常時の時の為に冷凍庫に備蓄されてしまいます。

デッキ


そしてまずはウッドデッキにペンキを塗ろうと思ったのですが、暑いしペンキを塗るには風も強く悩みました。

するとその時です。頭の中に複数の私が出てきて「こんなに天気が良いのにバイクはいつ乗るんだい?」そしてもう一人の私が「今でしょ!」と答えたのです。(苦笑)

浜小屋


今年の初プチツーリング。100km程度ですが浜小屋までをトンボ帰りで往復しました。突然行ったので友人はいませんでしたが、振動とハーレーサウンドはたまらない!(笑)

午前の部

1


タイトルはS男ちゃんのパクリ(笑)。昨日の日曜日も襟裳には風が吹かなかったようで(たぶん)二人で道民の森から神居尻山を登ってきました。

本当はピンネシリに行きたかったのですが、午後からそれぞれ思惑が・・・

と言うことで7時に待ち合わせ。札幌からと滝川からとほぼ同じ時間でここまで来れるようなのでちょうどいいのです。

2


ここの山は急な階段をひたすら登らなければなりません。

私の足が長いのか短いのかよくわかりませんが、歩幅が合わないのがとっても辛いのです。S男ちゃんも呆れている。(苦笑)

3


それでも頂上が見えて来ると元気が出てきます。

4


ヤマザクラはちょうど見頃です。ここで二人で撮影会?

9


稜線を歩くようになって何故かS男ちゃんのカメラの調子が悪いのです。

5


ゆっくり登って8時50分に頂上到着。暑寒方面はまだまだスキーが楽しめそう!

6


ピンネシリをバックにご満悦。これでコンビニに入って行けばちょっとヤバイですが、山の上なら許される。
昨年と明らかに違うのは腹回り(苦笑)

7


そして二人で下界を眺めながらモーニング。

8


予定通り11時登山口到着。Bコースを登ってCコースを下山したのですが、駐車場には車がいっぱい。朝は確か3〜4台しかなかったのに。

札幌に近く、手頃な山なので人気なのですね!
そしてそれぞれ思惑の場所へ・・・


逆さ社屋

会社


富士山がとうとうと言うかついにと言うか世界遺産に登録されますね。
でも、その前に登っとければよかった。人混みでしばらくは行けませんね!
大失敗です。(苦笑)

さて、富士山と言えば山中湖や芦ノ湖と言った逆さ富士の風景も有名ですが、我家から見える逆さの風景は友人が経営する会社の社屋。

この風景は、田んぼに水が入り、田植えが行われるまでのしかも早朝の風のない日にしか見れない大変貴重な景色なのです。

しかしこの時期の夜はカエルの声がうるさくてうるさくて・・・(苦笑)
livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ