今日の睡眠前

日々の日記です。

2015年08月

漁岳

1


日曜日は山岳会の女子2名と今シーズン最後の沢登で漁岳に行ってきました。

ここまで来るのに道を少し間違え9時30分スタート。昨年秋の大雨で様子がかなり変わっていると聞いていましたが、林道に少し入るとすぐゲート、そこから歩きです。

2


50分ほど歩くと駐車場あたりに到着。凄い荒れています。駐車場なんて影形ありません!

3


あまりにも様子が違うので、登り口がわかりません。T美さんスマホの地図でチェック!

4


浮石だらけで油断すると転倒します。「足元注意!」

5


やっと漁川らしい滝が出てきました。

6


7



8



9


変化のある滝登りは楽しいです。

10


最後に辛いやぶ漕ぎをしばらくして・・・

11


12時30分に頂上到着。あいにくの天気で頂上からは支笏湖も恵庭岳もオコタンペコもなんにも見えませんでしたが、達成感はありました。

12


13


14


下りは危険なので慎重に。やっぱり夏の沢登は緊張感もあるけれど楽しいです。

15


昨年秋の大雨で変わり果てた漁川にはビックリ、林道が崩壊してコルゲート管がむき出しになっています。あらためて自然の凄さを感じました。


16


午後4時、車の停めた場所に到着。北海道の短い夏もこれで終わり、今度からは山登りは尾根歩き再開です。

17


帰りに寄った温泉ラフォーレ恵庭で食べた練乳いちごのソフト、美味しいです。

18


腹ごしらえは長沼のほくほく庵さん。冷やし長いもうどんを美味しく頂きました。
女性を連れて歩くときは美味しい店を知らないとね!(笑)

病気

1


週末は認知症の症状がどんどん進んでいる父親を連れて室蘭へ!
4年ぶりに弟に会わせるためでした。


2


長い間、単身で岐阜県の多治見市で仕事をしていました。叔父・・・「岐阜県の何処に行っていたの?」父親・・・「ガソリンスタンドの所の信号を右に曲がって細い道に入ったら最初の所を右に曲がるんだ!」ってな具合で岐阜県に行った事のない叔父も苦笑いです。

弟だとわかっているのかわかっていないかよくわかりませんが、会話の内容は40年以上前の話を今の事のように話します。たぶん次に叔父と会うときは全然わからなくなっていると思います。


私も介護世代にいよいよ突入。そして20年後の自分の姿かも知れない自分の父親の姿を見て複雑な気分になります。もし、足の丈夫な私が徘徊しだしたら誰も手に負えないでしょう!(苦笑)

だんだんと残り少なくなってきた自分の人生、1日1日を無駄なく悔いのないよう自分のできる範囲で大切に生きなきゃ!

そしてこれから陽ちゃんに何かと相談事が増えそう!(笑)

浜小屋

1


投稿が大変遅れていますが今年の盆休最終日はS男ちゃん家族と一緒にKっち君の浜小屋でまったりと。

船で釣ったばかりの魚や海鮮をKっち君にゴチになり、Sちゃんからは高級和牛をゴチになりました。

2


こちらはヴルストよしださんのエゾシカジェリー。ワインに合いそうななかなかの珍味です。でもこの日はウーロン茶で我慢!

3


S男ちゃんの次女の水中カメラ。道具のこだわりはやはり親子そっくり!(笑)

4


私は滅多に乗れないバイクで行きましたが、水着を持って行かなかったのは大失敗!昼間はとても暑かったのです。

5


ウインドサーファーの父親とスキューバーダイビングが趣味の娘。こんな恋人同士みたいな親子関係は羨ましい限りです!私の理想の家族像。

そして今年の夏は終わった・・・かな?

斜里岳


7


天気が悪くなるのと熊が怖くて一日早く知床から撤退し、とりあえずウトロでキャンプをしました。さすがにお盆ともあってキャンプ場は激混み。わずかな空きスペースを利用してテントを張りました。

こちらのテントのメンバーは翌朝帰宅組。

1


そして私は達人I籐先輩、T美さんと3人で斜里岳を登りに行きました。6時15分登山開始。

2


T美さんは斜里岳は初めて。登りはプチ沢登ですが、I籐先輩と軽快に歩いて行きます。私はと言えば、前夜にワイン一人で一本以上飲んでしまい二日酔い。バランス感覚が悪くアルコールが抜けるまでついていけませんでした。(^_^;)

3


それでも9合目位ではアルコールも汗と共にとんでしまい復活!(苦笑)

4


5


頂上には午前9時、タイムでは2時間45分で到着。なかなか早い!

6


下りの尾根歩きは竜神の池に立ち寄り。お昼前の11時30分には下山。帰路へ!

盆休2

1


国後島からの朝日。残念ながら島は見えません!

2


婆ちゃんと人生論?を語っている会長。

3


そして私は釣女でもあるT美さんに手ほどきを受けながらひさびさのルアー釣り。

14


するとまた犬達が吠えだしました。でかっ!

15


背中のコブがいかにも強そう!

16


犬も人間も全く相手にしていません。ただ自分の通る道をどけろって感じでした。

17


糞。

18


そして足跡。

20


熊が去った後で早速朝食作り。婆ちゃんに漁師の技を伝授されているT美さん。

22


いくらと白子。

21


珍味である鱒の油。食べ過ぎると痛風の元でもあります。(苦笑)

24


そして最高の朝食でした。婆ちゃんに「今度は羅臼で会おうね!」と言って別れました。次のトレッキングはいつになるかわかりませんが、熊があまり出ない時を狙います。(笑)

盆休

1


今年の盆休は9年ぶりに4回目の知床トレッキングに行ってきました。過去にNHKドキュメンタリー番組等にも出演した事があるユリばあさん。夏の間だけ赤岩と言う場所に愛犬3匹とともにたった一人で電気も水道もない番屋で一人で住んでいます。

でも今年で90歳にもなり、この場所では最後に会いに行くためでした。

私の事を思い出してくれたのは嬉しかった!

2


ここは車で行ける最終地点、相泊港。今年はカラフトマス釣りが好調のようで、駐車場には車が沢山。トレッキングする人はここから歩いていきます。

3


4


久しぶりの海岸線歩きは気持ちよかった。

5


途中の釣り場。

6


皆さん好調のようです。

7


ところが現れました。このマス狙いです。なんとか交わそうと思ったのですが、船の方に「逃げろ!乗れ!」と言われ、避難!

8


その後も先を目指しました。

9


先端まであともうすぐの所で、婆ちゃんの愛犬が吠えだし・・・

10


ズームアップすると2頭。白い熊もいました。これ以上進むのは怖くて無理!やむなく退却です。(苦笑)

11


婆ちゃんの所でくつろいでいると犬が吠えだしました。知っている人は知っているうちの会長、遠くを見ています。

12


小熊が泳いでいました。そして私達もだんだんと熊に慣れてきました。

13


でも油断大敵。やっぱり熊は怖いです!・・・続く。





クルージング

1


2


すっかり投稿する暇もなく、盆休前の休日の話ですが、今年私が一番気合いの入れていた山登りがちょっとした油断からぎっくり腰をやってしまい中止。

落ち込んでいるところにサンテ仲間のS浦さんからヨットのお誘いを受けました。


捨てる神あれば拾う神あり!(笑)


3


早速気の合うサンテ仲間に声をかけ、クルージングを楽しみました。

4


北海道の土木遺産にでもなりそうな長い長い防波堤を超えるとそこは外海。早速帆を張ります。

5


6


7


そしてヨットオーナーのS浦さんから順番に風を見ながら舵取りの講習を受けましたが、これがなかなか難しい!


8


9


ヨットは奥がとっても深くて面白いです。
そしてなによりもエンジン音がなく、風と波の音だけで進むのが最高の気分になれます。

16


ひさびさに会うことができた私やゴンチャンの体を作ってくれていた師匠!そして普段の嫌な事を忘れてご機嫌な私。

10


それでも必ず一人くらいは船酔いする人が・・・(笑)

12


帰りは追い風を受けながら進みますが、これが風をとらえるのがとても難しいのです。

13


いよいよ風がなくなり帆をたたみます。慣れない風と揺れとで体幹を使ったせいか、普段の登山より疲れました。

14


皆さん大満足で帰港!

15


帰る途中に食べた銭箱青空さんのジャンボ餃子定食。美味かったなぁ〜!
そしてS浦さんに感謝!

収穫!

1


私のささやかな趣味の一つである家庭菜園。僅か3崢度の面積しかありませんが、土づくりには技術屋らしくPH値等に結構こだわっていても、結局毎年ニンニクばかりを植えています。


2


一昨日の朝、仕事前の朝活で収穫しました。

昨年は一生懸命貢ぐように手をかけたのに、出来は全然ダメでした。
なので今年は種が足りなくて畑に隙間ができ、もったいないので茄子やピーマン、枝豆等を植えたのです。


3


今年の休日は諸事情から山ばかり登りに行っているので、全然ほったらかし。
時々追肥をする程度で草も茫々・・・手の掛け方は最低でした。


ところがどっこい、いざ収穫してみると今までで最高に出来が良いのです。
肥料?湿度?雨の量?等々色々考えましたがわかるはずもありません!


4


朝活では焼き肉ハウスに広げるまでで精一杯!

5


仕事が終わり、スポーツクラブから帰宅してからビールを飲みながら全部で72個をにこにこしながら干しました。


なんだかニンニクの扱いも、何かと同じかも?(^_^;)

浜小屋2

1


快晴、今年一番のべた凪!そして私のポンコツ車とS男ちゃんのひきこもり号(笑)

2


カバ君は海を見ながら何かを考えているようです。

3


朝飯を食べて・・・(私とカバ君は遅飯になりましたが)

4


かっち君の船で出港です。

5


カッコイイ!

6


遠くに見えるのは黄金山

6-1


外海に出るとエンジン全開!

6-2


時折ジャンプをしながら走っていますが、それでも飲み過ぎたM勝君爆睡!(笑)

7


Kっち君は愛車カワサキに乗っている時も凛々しくてカッコイイですが、船もよく似合います。

7-1


魚場到着。

8


早速降ろします。水深80m

9


カバ君もすぐ手応え。

10


この日もホッケ狙いです。

12


2時間程釣って帰港。S男ちゃんがパドルボートで迎えてくれました。

13


時間の割には大漁です。

2


3

4


5


1


その後、S男ちゃんのパドルボート講習会。

6


運動した後はいくらでも食べられます。

7


そして北海道の短い夏の今年の海水浴も無事楽しく終わった。Kっち君ありがとう!



浜小屋

1


先週末は、すっかり恒例行事になった浜益の友人、Kっち君の浜小屋で幼なじみとの海水浴。
今年は新しくなにやら凄そうな火鉢がセットされていました。桂かな?

2


私は午前中仕事だったので午後自宅スタート。朝出の先発隊はKっち君の船で釣りに出かけ、ホッケをゲットしてきました。早速さばいて・・・

3


大きいのは干します。

3-1


そして、それなりのは煮付けと三平汁に。

4


もちろん炭台には前浜で獲れたホタテ、ひる貝、ホッキ貝等海鮮類が焼かれます。

5


江部乙の小林さんで仕入れた牛タンブロック。厚切りの8mm〜から10mmにカットしてもらったものを、Kっち君は細かく切れ目を入れていきます。

こうすることによって、火の通りが早くなりさらに美味しくなります。

6


こんな感じ。美味しそうでしょう!(笑)

7


この日は、浜小屋から見る夕日も綺麗でした。

8


時を忘れたかのように楽しく皆さん飲んでいます。

9


夜11時頃、すすきのからS男ちゃん登場。差し入れはなんとこの高級和牛!

10


すすきので食べると4切れで2千円程度と言うのだから単純に一切れ5百円。私のような庶民には手の届かないお肉です。S男ちゃんあーざす!(笑)

そしてお酒はブラックホールと相対性理論の話して深夜まで続いた・・・(苦笑)

続く・・・

コンサート

1


今年も家庭サービスと言うのかおつき合いしてきました、さだまさしのコンサート。我家では何よりも一番大事なイベント日なのです。


2


場所はいつものニトリ文化ホール。はたして来年は何処になるのかな?

3


コンサート前に、大通り公園にあるドイツのビアガーデンで一杯。この時期しかドイツ直送の美味しいビールは飲めません!マジ美味!

4


そして会場へ。さださんは月見軒さんの塩ラーメンが大好きなようです。

5


席からの風景。この場所だとニトリ文化ホールなら間違いなくお値段以上!(笑)

6


いつもですが、3時間のコンサートが終わりすすきのへ。もちろんS男ちゃんの会社のお店です。まずはバーニャカウダ。スマホ撮影なのでご勘弁を!

7


そしてマルゲリータ。

8


メインは牛タンとランプの36日熟成させた肉。お値段以上に超美味です!(笑)

9


すすきのの夜は楽しくて時を忘れそうになりますけれど、現実問題私一人で朝帰り。もちろんお酒はかなりセーブしましたよ!

そして今年の我家の一大イベントは無事終わった・・・(苦笑)
livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ