今日の睡眠前

日々の日記です。

2015年09月

秋味祭り

1


昨日は私の両親とカミさんの母親を連れて、増毛町の秋味祭りに行ってきました。

2


開催時間の15分後に会場に到着。しかし残念ながら目玉の秋鮭はすでに整理券が配られた後で完売でした。

3


その後、祭り会場を歩きながら食材を購入。しかし突然の雷と激しい雷雨で会場から撤退しました。

4


実は祭り会場に行く前に立ち寄った港町市場の遠藤水産さん。

5


そこで購入した海老天丼と鮭親子丼。どちらも500円で特に鮭親子丼については破格の値段です。朝飯抜きだった私は二つとも食べてしまいました。

6


そしてイベントではよくある本マグロの解体ショーも見る事ができました。

7


ついでに安かったので生筋子もゲット。

8


増毛町は海産物だけではなくフルーツも豊富。今が旬のプルーンも最近お気に入りのお店で購入しました。ここのお店はサービスも味も最高です!

9


帰りは留萌経由で。観光協会が運営するアンテナショップで友人が経営する会社の商品を購入。ネットでも買うことができますがマジ美味しいですよ!

10


今晩の晩酌のアテは昨日のマグロの解体ショーで、どれも一パック1,500円で売っていたのですが、僅かな部位の中トロを粘ってゲット。陽ちゃんから頂いた灘の酒の大吟醸を飲みながら美味しく頂きました。

11


ついでに頂き物の落葉きのこを昨日買った筋子でイクラを作り、これまた最高のお酒のアテとなりました。

やっぱりなんだかんだ言っても秋のダイエットは無理かも?(苦笑)

土作り

1


昨日は農業と酪農業を営む山仲間のS井さん宅に行って、牛堆肥と肥料を頂きました。

2


来年度に向けて、ニンニク畑の土作りです。昨年はニンニクの出来が悪かったので今年でやめようと思ったのですが、今年はどういう訳かよく出来たのです。

そこでまたやる気が起きました。

3


起こすのは大変なので、隣人W君から耕運機を借りようと思ったのですが、エンジンはかかるけれどギヤが入らないとのこと。

仕方なく楽をするのは諦め、腰は痛いけれど人力で頑張りました。

4


そして今年の草取りを怠った反省を踏まえて手間はかかるが自宅にあったマルチを張る事に。

最初に楽するか、後で楽するかの違いです。ところが周りを掘削してマルチを埋め込む予定でしたが風が強くて張れません。

5


急遽ホームーセンターに行ってマルチを留めるピンを購入、これなら一人でも少しずつ張ることができました。但し約500円の投資は痛い!

6


マルチの穴あけの器具を買うと1,000円近くしますが、穴あきマルチも同じくらいの値段。

スピードは速いがどちらにしても1,000円近くの投資になるのでお茶の缶を加工し穴をあけました。ついでに家の周りの無法地帯になっていた草取りも・・・

植えるのは堆肥と肥料が落ち着く一週間後の週末が狙いです。

7


この日頑張ったご褒美は、堆肥を頂きに行った時にS井さんからさらに頂いたゆめぴりかの新米です。陽ちゃんやS男ちゃんをはじめ、私はこんな人達ばかりに支えられている。本当に有難いなぁ〜!

ニペソツ山

1


シルバーウィーク後半の22、23日は東大雪のニペソツ山に山岳会のメンバーと行ってきました。まずはS男ちゃんのようなくだり(笑)

2


連休かつ晴天ともあって駐車場は停めるところもありません。ずっと遠くから歩きます。8時20分登山開始。

3


しばらくはつまらない樹林帯の中を歩きます。

4


紅葉は下の方の一部でした。

5


実は最近、元気そうにしてはいまずが、心は超ネガティブ。なのでスポーツクラブもサボり気味。体重増で体も気持ちも重いのです。

6


登って降りてまた登って・・・この上が前天狗です。

7


前天狗に着くとニペソツ山の雄姿が見えます。ここに荷物をデポしてさらに進みます。

8


頂上直下。遠くに見えるのが糠平湖。

9


登り始めて約6時間。頂上に到着。

10


キムさんに、年賀状用の写真を一枚写してもらいました。お題がニペソツ山とおっぱい山とエロ爺だとか・・・(苦笑)

11


下山の途中から見る前天狗。知床のような景色です。

12


テントに入って晩飯。豪華メニューです。夕日も見ず飲んで食べていました。強風でテントがかなりあおられていましたがなんのその。20時には爆睡!

13


朝5時。御来光寸前。

14


そして御来光!

15


朝日がニペソツ山にあたると一瞬山が赤く染まります。これが見たくてここに。

16


ズームアップ!何度見てもこの山はイケ面!

17


音更山、石狩岳方面。

18


十勝岳連峰。

19


キムさんが登っている場所に行くとトムラウシ山も見えます。

20


東大雪の山はやっぱり素晴らしい!でもナッキーには会えたけれど撮影する事はできなかった。持っている男S男ちゃんと、持っていない男私とのこれが差かも!(苦笑)




お鉢周り

1


投稿遅れまくりですみません!シルバーウィーク中盤の21日の事。
スポーツクラブの登山仲間を連れて、雨で延び延びになっていた大雪山のお鉢周りに行ってきました。
黒岳ロープウェイとリフトを使って7合目までは楽チンで誰でも行けます。

2


そしていきなり急登。

3


それでも1時間弱で黒岳頂上に到着。でも普段鍛えている私よりはるかに若いメンバー達がこれで納得するはずがありません。

4


この日の登山はここからが始まりと言っても過言ではありません。この大雪山のお鉢(火口)周りを一周します。

5


先日の降った雪でウラシマツツジはかなり色がくすんでいましたが、所々にある樹木はまだまだ綺麗でした。皆さんご機嫌よくポーズ!

6


道路とロープウェイが混んでいたため、予定よりちょっと遅れ気味。さらにはガスがかかってきたので北鎮岳はパス!

7


愛山渓方面も雲がかかっています。

8


北海道の最高峰、旭岳にも雲がかかっていました。

9


これが大雪山の水瓶「お鉢。」

10


間宮岳あたりでは風も強く、手がかじかむ程かなり寒かったです。それでも山にハマってしまったメンバーは元気一杯!

11


間宮岳の分岐で昼食。寒い時にはラーメンが一番!今回はちょっとリッチにチャーシュー、卵、シナチク入りです。

12


北海岳付近から。正面右側の高い所が登ってきた黒岳。あそこまで戻ります。

13


14


下に降りると万年雪が残っていました。

15


黒岳の石室まで戻ってグイッと!

16


黒岳の頂上から大雪ざんにお別れを。ここまではほとんど予定通りでしたが・・・

17


リフトを降りると、なんと普通の観光客も交じってロープウェイは長蛇の列!なんと2時間近く並びました。歩いて下山した方が早かったです。

18


この日のログ。自宅4時30分に出発し、帰宅が21時30分。紅葉時期の黒岳からの登山は気をつけよう!(苦笑)


道東へ3

1


今回は釧路をとんぼ帰りの予定だったので、キャンプ道具はほとんど装備していません。普段車に積んである装備で朝飯作り。釧路で生協のワゴンから500円で買った鍋が大活躍です。

2


ご飯を炊いた後に落葉キノコの味噌汁を作りました。

3


朝食完成。ちなみに味噌汁の器は市場で買ったごはんのものです。(笑)

4


朝飯ができあがる頃に起きてきたカミさんは食べるだけ!(笑)

5


昼飯は私の山登りの師匠K氏宅のすぐそばにあるお店に行って・・・

6


釧路のソウルフード、スパカツを頂きました。実はこれが今回の本命です。本家のいずみやさんよりこっちの方が我家では好きなのです。

7


塩味の千房風も美味い!

お腹が一杯になった所で師匠宅に突然おじゃまして、今年の知床の話を報告しました。

8


帰る途中、幕別町で500円で買った鍋を持って・・・

9


翌朝の朝食となりました。酸味が絶妙で美味いです。この500円の鍋は大活躍。

1


そしてその夜。

2


一生に一度の大奮発をして和商市場で買った縞ホッケ。

3


愉快な仲間達と・・・

4


油が多くて焼くのは難易度后バーベキューの達人達が揃っていても皆で力を合わせて悪戦苦闘!もちろんそんな時は写真を写す余裕がありません!(苦笑)

5


でも美味かったなぁ〜!

おしまい!

道東へ2

1


和商市場にも厚岸漁港直売所にも旬の秋刀魚はほどんどなく、根室の花咲港に着いてみると、大型、中型、小型の秋刀魚船が勢ぞろい。

2


3


4


港の中でもこんなにも波がありました。時化で漁に出れないみたいです。

1


秋刀魚は諦め地酒屋さんへ。

2


野付のキャンプ地へ移動し、お気に入りの温泉で体を癒します。

3


2,500円で電気が付くバンガローはありがたい!

4


旬の白子の炭焼きは美味いです。

5


お酒はもちろん北の勝。

6


昼間買った刺身が入っていたトレー。キャンプの予定でなかったので使えるものは使います。

7


シーズン遅れの花咲カニを食べて沈。

続く・・・

道東へ

1


今年は休日といえばほとんど山登りに行っている私ですが、隙間を狙って先週末は家族サービス。秋刀魚を求めてこの時期得意の道東へ行きました。おきまりの金曜の夜出発、1時間ほどで着く富良野で富川製麺所さんのトリプルチャーシュ味噌ラーメンを美味しく頂き、ひたすら走ります。

2


毎度同じパターンですが白糠の道の駅で車中泊。どの道を通っても到着時間はだいたい夜中の12時位です。
台風の後を追っかけるような感じで出発したので・・・

3


天気はまあまあでしたが海は大荒れ。S男ちゃんが喜びそうな波と風でした。(笑)

4


釧路市内に到着、まずは和商市場で食材調達。

5


美味しそうな干物は沢山並んでいますが、旬の秋刀魚がさっぱりありません。台風の影響で船が出ていないのです。

和商市場では朝食に名物の勝手丼を食べたいところですが、最低でも好きなもの選んでいけば一人当たり1,500円以上はかかります。

1


貧乏でケチな私は市場で刺身とライスを購入し・・・

7


車の中で本マグロの中落ちとおひょうの海鮮丼の出来上がり。二人分でしめて1,100円也!(苦笑)

8


そして食器はキッチンクリーナーで拭いて再利用!(笑)

9


でもちょっとものたりなく、朝飯を食べた公園の駐車場の近くにあるラーメン屋さんで

10


釧路ラーメンを頂きました。飲んだ後に食べるなら最高のラーメンです!

11


その後、秋刀魚を求めてさらに東に走り、厚岸漁協の直売所に到着。レンジでチンしておやつを食べながら予定していた日曜日の登山は悪天候のために中止の決断をしました。

続く・・・

トムラウシ山

13

私が所属する山岳会は総会の時に行きたい山をメンバーから聞き取りし、月に一度当番を決めて山行計画を立てるのですが、私の今年の担当は先月の知床岬と、今月のトムラウシ山でした。と、言うことで女性メンバー2名と一緒に6日の日曜日は色づき始めたトムラウシ山を登ってきました。

1


出発時間が早いので前夜のうちに登山口まで。二人なら余計な時間を使いたくないので車中泊でもいいのですが、私の車では3人は無理。

2


ディナーはS男ちゃん直伝、自家製にんにくと水菜の豚しゃぶ。

3


朝5時出発。ここにはソーラー式のバイオトイレがあります。さすが百名山!

4


歩きはじめて2時間10分程でコマドリ沢分岐に到着。ここで朝食を食べました。

5


コマドリ沢分岐からが結構きつい。ひたすら登ります。

6


時折リスが顔を出し、私達の様子をうかがっているのかな?

7


ウラシマツツジの紅葉はちょうど良い見頃でした。

8


前トム平を通り過ぎて少し進むといよいよトムラウシ山の全容が見えます。

9


登り始めて3時間45分でトムラウシ公園に到着。そして公園デビューしたお二人さん?(笑)

10


この時期でも高山植物が至る所に咲いています。これはヨツバシオガマかな?

11


頂上に近づくにつれて空がいい感じ。すっかり秋の空です。

12


この分岐からは心臓が飛び出そうな感じで最後の力を振り絞って登ります。

14


9時50分、登り始めて4時間50分で頂上到着。

15


奥の方には大雪山の主峰、旭岳も見えます。

16


ちょっと早いけれど、風もなかったのでここでランチ。この絶景を見ながらの食事は最高です。日常の嫌な事を少しだけでも忘れられる至福のひととき。(苦笑)

17


頂上では1時間程休憩して下山開始。ひこうき雲がいつもより近くに見えます。

18


そんなひこうき雲の下で岩が恋人同士のようにキスをしているような・・・

19


かなりズームアップでトリミングした写真ですが、岩の間からはナッキー君も現れました。

20


ここは下山と言ってもかなりの登り返しが2箇所あるので結構きついですね!

21


15時30分登山口到着。登山開始から10時間30分が経過していました。さすが短縮コースと言えども大雪山の奥座敷と言われているトムラウシ山です。

22


この日のログ。これはガーミンのGPSでとったログですが、ほぼ完璧に電波を受信しています。同時にスマホのアプリYAMAPでもとりましたが、沢等では受信できませんでした。






富良野岳〜カミホロカメトック山

1


日曜日の朝5時、オープンしたばかりの近所のローソンで食料調達。

2


そして十勝岳連峰の富良野岳からカミホロカメットク山のプチ縦走をしてきました。

7時ちょい過ぎ登山開始。

3


何回見ても安政火口の景色には圧倒されます。

4


この日、最初に登る富良野岳も良く見えます。

5


今回は精鋭部隊、最初の1時間はノンストップでした。小休止してすぐ再開。

6


登り始めて約2時間半、分岐点でも皆さん元気一杯。T美さんとM中さんの山岳会チーム以外はここで荷物をデポ、私もしっかりデポです!

7


富良野岳頂上には登り始めて2時間50分で到着。ラッキーピエロのタオルが光ります!(笑)

8


頂上から。

9


分岐まで戻り休憩していると、富良野岳からの下山の途中で会ったワンちゃんが戻ってきました。お父さん犬だけに頼りになりそう!(笑)

10


カミホロ方面に歩きだすと、だんだんとガスが濃くなってきました。途中でワンちゃんに追い越されましたが・・・

1


三峰山に到着。ここでお会いした方々、東京の三峰と言う名の山岳会の方々でした。知床にもあるよと教えてあげると、今度行くと言ってましたね。

11


12時30分頃カミホロカメトック山に到着。ここで昼食。この写真は三峰会の方に写してもらいました。この日はカミホロの小屋に泊まるとか。

12


インスタントラーメンの後の食後のコーヒー。これにウィスキーを少し入れると最高です!

13


それにしてもカミホロの頂上には虫が多かった。美人にはすぐ虫がつきます!(笑)

2


下山前に学生らしき若いチームに占領されていたかみふらの岳。場所を譲ってもらい撮影!

14


下山は皆さん早いです。

15


そして余裕I

16


このメンバー、最高齢の50代半ばの私とS男ちゃんは皆さんについて行けなくゆっくりです!でも陽ちゃん、この写真素敵でしょう!(笑)

17


15時全員下山。プチ縦走と言っても7時間はほぼ歩きっぱなし。でもとっても楽しい登山でした。この後白銀荘のお風呂に浸かって・・・

18


我家で安着。大畠や高橋さん等の肉専門店のお店の肉はやはり美味い!そして22時30分に解散しました!8年使用したこの炭台とも、中に穴があいてしまいこの日でお別れしました。それにしても皆さん山に大ハマり!


オープン

1


先週末土曜日の仕事前の朝の事。近所にローソンがオープンしました。

2


早速朝一番に行ってゲット。ついでに朝飯も。

3


午後からは今年はなかなか乗れないバイクに乗って、留萌〜苫前〜幌加内コースのプチツーリング。

4


最近は魚卵の食べ過ぎかも?(苦笑)

送別会

1


先週末金曜日の夜は閉校してから早10年、スイミングスクール仲間と今回は送別会も兼ねて市内のまる牛さんで恒例の飲み会をしました。

2


滝川の家を処分して札幌に移住するOさん、私より10歳程年上ですが、とってもアクティブでいつまでも若々しいです。

3


それにしてもここのお店は2度目ですが市内でも3本の指に入るくらい肉が美味しい店です。

4


二次会はもちろん元コーチのA澤さんのお店。楽しい夜を過ごしました。

でもOさんがいなくなると次回から男性は私一人。Oさんに毎回来てもらわないと不安です!(笑)

大阪より

1


諸事情から投稿が大変遅れていますが、博多に旅行に行った大阪の陽ちゃんから先週半ばに沢山のお土産が届きました。

2


帰宅するとすでに開けられていましたが、なんと二つも!

3


4


はい、日曜日にはしっかりS男ちゃんの分も渡しましたよ!(笑)

5


やまやさんの商品は今より少し生活が楽だった頃、よくネットで取寄せて食べていました。我家にとって、言葉にならないほど大好物だらけです。

6


他にもこんなにも沢山の物が・・・お店を開店できそう!

7


陽ちゃんとは家族同然の杉かなちゃんからもお土産を沢山頂きました。特にさっぱり海を渡って旅行に行けない私にとって、博多のホテルの空気の匂いは旅に出かけた気分になれてとっても幸せ!(笑)

8


はい、なんて知っているのだろう?白雪姫は大好きです!(笑)

9


そうです!子袋、いや、コブクロ、でもなく小袋も大好きですよ!

10


こんなにも沢山の小袋、何に使うか考えるだけでも人生は楽しくなれます!(笑)

って事で杉かなさんどうもありがとう!

11


陽ちゃんからはカミさんにもお土産が・・・好みを覚えているのが凄いですね!

12


そして今年大通り公園の地下で購入した宝くじ。まだ番号を調べてはいません!
しっかり使わせてもらって私の誕生日にこっそり調べます!(苦笑)

14


安いワインですが、アテにめんたいこパン。

15


いわしめんたいの自作お弁当!陽ちゃん、いつもいつもありがとう!そしてまたお願い致します!(笑)



livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ