今日の睡眠前

日々の日記です。

2016年06月

テレビ出演

1


夕方HTBで放送されているローカル番組イチオシ。昨日放送された内容の一部にこないだ開催された100kmウォークが取材されていました。

5

スタート時の放送では私の仲間達もテレビに写っていました。

2


でも一番の主役は100kmウォーク挑戦したこの7歳小学生。ところがこの映像、右側の方に見覚えのある手が・・・

3


テレビ2回目の出演だろうか?はい、ホール係をやっていた私の手です!(笑)

4


はい、昨年の大会委員長カバ君とスポーツクラブ仲間のMさんもしっかり写っていましたよ!(笑)



ニンニクの芽

1


今年の6月は天候不順ですが、まあそれなりに育っていると思われる我が家のニンニク。これは先週はじめに撮影しました。

2


もちろんニンニクの芽も順調に育っています。でもこれは早くとらないと栄養がとられニンニクそのものに影響します。

3


大きいのから少しずつ収穫。

4


頂き物ばかり食べているわけではありません。ちゃんと地産地消、自給自足もしていますよ!(笑)

頂き物

1


仕事上のお中元、お歳暮にはラッキーな事に全く縁のない私ですが、プライベートでは先週、親しい人達から沢山の物を頂きました。PBの人間関係なら大変嬉しい事です。

まずは大阪の陽ちゃんから今年も陽ちゃんの故郷を代表する揖保の糸をはじめ、お馴染みのド〜ンと沢山の品々。特に黒帯のソーメンはこの辺りでは売っていないし、高級品なので私には買えません!これからの暑い時期に大変重宝する食材です。陽ちゃん、いつもいつも同じ言葉ですがありがとう!

2


こちらは先日私の山登りの師匠が100kmウォークに参加したのですが、奥さんが最後に応援に来た時に頂いた滋賀県のあも。珍しいので会社に持って行って3時のおやつにお裾分けをしました。甘過ぎず、中に入っている餅の食感も良くとても美味しい物でした。師匠、どうもありがとうございました。

3


こちらは同僚のG部長から頂いたイナダ。近所の釣り師から頂いたのだとか。酔っ払いながらさばくのに30分位かかりましたが、お刺身、三平汁、切り身はお弁当のおかずに等、大変美味しく頂きました。

4


そしてこちらは会社のOBで私の素潜りの師匠でもあるH山さんに頂いた北海道では俗にタケノコ。正式名は根曲がり竹です。これだけあると下処理も大変。

5


全部剥くのに2時間以上はかかりました。しかも指先は真っ黒。

6


それから下茹でを数回に分けて・・・

7


水に浸けてあくを抜きます。

8


熱湯殺菌した瓶にタケノコを詰めてさらに熱湯殺菌30分。もちろん一回では7瓶も作れないので2回に分けて作りました。仕事とPBの隙間の時間を使って作ったのでここまでやるのに二日がかり。さらには保存瓶に入らないタケノコは1週間かけてjレシピを変えながら本日やっと完食。でも大好物なのでとても感謝です。

そういえばY穂さんから頂いた山形県のお兄様から送ってきた佐藤錦。あまりにも美味しく写真を撮るのをすっかり忘れてしましました。(苦笑)

甘エビまつり

1


雨で沢登が中止になった週末、突然の思いつきで羽幌に走りました。

2


8時30分到着。9時から購入できる箱入りのエビはすでに長蛇の列。そしてこの後すぐ空から雨が降り出しました。

3


1時間程経過するとやっと購入ブースが見えました。

4


2.5kg一箱3,500円のエビと1kg一箱3,000円のエビ。一人当たり一箱だけどちらかを購入できます。約1時間半程並んでもちろん希少特大をゲット。

5


引き換えてもらい・・・

6


車にいったん荷物を置いて祭り会場へ。どしゃぶりにもかかわらず人がごった返ししています。

7


せっかくガソリン代と時間をかけて行ったのだから、一応腹ごしらえ。札幌で有名な坦々麺のお店がありました。

8


食べたい物をチョイス。

9


実は先週の木曜日と金曜日の午前中ボランティアで草刈りをしたのですが、腰痛が悪化し、帰宅途中の車の中で苦しんでいました。車の運転はマジ腰に悪いですね。こんな状態なので山登りが中止になってよかったです。

10


なかなか形の良い甘エビ。でも残念ながら甘エビは足が速いので冷凍品ならともかく大阪には美味しい生の状態では送れません!陽ちゃん御免なさい!<(_ _)>(笑)



100kmウォーク

1


この週末は空知単板工業さんが主催するチャリティー100kmウォークに、今年もボランティアスタッフで参加しました。

1-2


今年のテーマは勇気!

2


今年は第15回の記念大会で、スタート前の金曜日の夜8時から先に美唄市のコンビニまで往復60kmを歩く100マイルウォークもありました。約80名程挑戦、その100マイルに私のスポーツクラブの登山仲間3名が挑戦したのです。

3


スタートを見送った後、T美さんを誘って翌朝開会式が行われるふれあいの里へ。私の登山の師匠である釧路のKさんが100kmウォークに初参加するため、釧路からキャンピングカーで来ていたのです。

4


新旧の私の山登りのパートナー。久しぶりに会ったこともあり、山の話に花が咲きました。(笑)

5


翌朝、前夜歩き始めた仲間を偵察。これは朝5時に写しましたが、夜中に結構な雨が降ったにもかかわらず順調な歩き。山登りには必需品なゴアテックス素材の合羽の威力もあります。

6


余裕で60kmを歩き、少し休憩してこれから開会式の始まりです。私は午前中お仕事の為、この後会社へ。

7


お昼に退社し、サポートの前に実家に行って父の日のプレゼントを置いてきました。そして仲間の完歩を願い、縁起を担いて母親にゴチになった大門さんの勝ラーメン!(笑)

8


帰宅し、ライダーに変身。カメラを肩からぶら下げて仲間を探しに行きました。

9


まずは、私の師匠を第1CPである本社の少し前で発見。100番以内で余裕の歩きです。

10


その後歌志内方面に走り、トンネルの前でサンテ登山チームを発見!余裕の笑顔です。

11


午後6時に約60km地点である第4CP(ふれあいの里)に行き、私の担当は配膳ホール係。ここは豚汁とおにぎり等の食事をしながら休憩ができるメインのCPですが、次から次へと入ってくる参加者達を空いている席に効率よく誘導し、人数を合図で奥のスタッフに連絡し、食事を運んでもらうのです。

空いた席のテーブルの上もすぐさま片付けます。ゴミ等を綺麗に片づける人、置いていく人、食い散らす人、おかわりをする人、感謝してくれる人、少しでも食事が来るのが遅いと機嫌の悪い人等々、色々な人間を見る事ができました。S男ちゃん、失業したら使ってください!(苦笑)

こんな事を夜中の1時30分まで。片付けて第8CPである砂川のゆうに移動したのは少し明るくなり始めた3時頃。そして途中で山岡家の限定えびみそラーメンを食べた後睡魔が!

13


2時間程仮眠をとった後、仲間のチェック。第7CPの奈井江の道の駅から元気よく歩いていました。私の師匠はこの少し後にゴールしたので、撮影間に合わず!後半ペースを上げたので私の計算が狂ってしまいました。

18-1


ふれあいの里に戻るとゴール地点には昨年の大会委員長だった幼友達のカバ君の姿も。金曜日の夜からずっとサポートをしています。

14


そしていよいよ私の仲間達もゴールに近づきました。疲れを通り過ぎてハイになっています!(笑)

15


ももちゃんとHさんにカメラを向けズームアップすると、後方に見覚えのあるポルシェが・・・

16


娘の結婚式をハワイで終えたばかりのS男ちゃんが、私の仲間の応援にかけつけてくれたのです。昨年は凄い早いタイムで100kmを完歩しました。

17


S男ちゃんとサンテ登山仲間のY穂さん。昨年は完歩したのですが、今年は本州から兄貴が遊びに来たので参加しませんでした。昨年69歳で技術戦60歳代の部門で全道チャンピオンになったスキーの達人です。

18


そしていよいよゴールの瞬間!ここで5名全員が揃いました。

19


赤ゼッケンは100マイル、青ゼッケンは100km。100マイルは約半分がリタイヤしたので、大歓声です。

20


しかも7、8、9と100マイルで3人も並んでいる人はいません。さらにはももちゃん、女性では100マイル2番目のゴール。お見事!

21


昨年60kmの第4CPでリタイヤしたキャプテンYちゃんも今年はみんなの予想に反して見事ゴール!(笑)学生時代の同級生でスタッフのIさんとハイタッチ!

22


そしてゴールでガッツポーズ!

23


今度の100マイルは5年後。仲間の完歩に影響され、還暦になる私と喜寿になる師匠で挑戦です!

24


ここからおまけのショット。100マイル歩いた仲間一人の足。

25


見るからに痛々しい・・・

26


一応大事をとって病院に。






羊蹄山

1


スポーツクラブの仲間達と羊蹄山に行ってきました。ちょうど約1年前のリベンジ戦と、このメンバーの中に今週末開催される100kmウォークの100マイル(約160km)に参加する3名と、100kmに参加する1名のトレーニング登山です。言わば精鋭隊!(笑)朝4時出発、7時30分登山開始しました。

2


登山前にまずは登山口の下にあるここで・・・

3


おきまりの飲料水を補給。今回私はカメラを水没させてしまい、カメラを持っていませんのでメンバー達の写真を使っているので沢山写っています。(笑)

4


このメンバー達と山を登る時は常に楽しく登ります。

5


私の股間からのショット!(苦笑)

6


こんな風にポーズをとるのも大変です!

7


最初は晴れていたのですが、8合目を過ぎたあたりからだんだんと雲がかかってきました。これ、唯一私のスマホで写した写真。

8


だんだんと雲が厚くなります。嫌な予感が・・・

9


火口にはこんなにも雪渓があり、スキーとスノボを背負って登って来た凄い人もいました。火口をバックにポーズをとるY穂さん。でも視界があるのはこれが最後です。

10


火口周りを歩いているとだんだんと風が強くなり、寒くて装備を変えましたが、体ごと飛ばされそうな風速20mくらいの爆風。安全第一を考え頂上まであと15分位の所でこの日の頂上としました。

11


9合目の避難小屋まで戻り少し遅い昼食。

12


またまたももちゃんが三方六のハネ品を持ってきてくれました。ただでさえ美味いのに、山の上で食べるのは最高!

そして頂上には行けなかったのでまた来年リベンジです!午後4時に下山して真狩温泉に入り、札幌でごはんを食べて家に着いたのは夜11時頃。疲れたけれど夏から冬まで感じた楽しい登山でした。

雨竜沼

1


突然の思いつきで天が良くなった11日、山開き前の雨竜沼湿原に行ってきました。

2


山開き前なのでまだ橋はかかっていません。でもこうやって渡ることはできます。

3


本当の狙いはこれ。例年山開き後にここに来ると、水芭蕉が見頃を過ぎているからです。でも残念なことに今回の写真はスマホで撮影。

実はここまで来る途中に陽ちゃんのご主人、社長から頂いた愛用のペンタQ7を川に落としてしまったのです。拾い上げて乾かしていますが、はたして使えるかどうか?(涙)

4


雪がとけたばかりの湿原は、お花はまだ少し早いようです。

5


でも暑寒と南暑寒に残雪が残るこの時期の風景が一番好き。

6


展望台でゆっくりお昼ごはんを食べながら休憩。

7


そして下山の最初は尻滑りで楽しみました。

8


帰宅後急いで選挙の決起大会へ。
その帰り、私の愛車の走行距離はちょうど20万Kmに達成!(^.^)/~~~

クライミングウォール

7



愉快な仲間達と楽しく飲んだ翌日は、山岳会の行事で芦別の体育館でクライミングの講習会。今回はT野先輩と私とT美さんの三人の参加でした。まずはT美さんから・・・やっぱりオーバーハングを超えるのは難しい!学生時代はアイスホッケーをやっていたスポーツウーマンですが、何事も練習しないとなかなかできるものではありません!

8


腕が力尽きて下降。

9


前夜飲み過ぎた私も二つ目のハングに捕まり、もたもたしているうちに腕の力が尽きました。

10


あと少しでしたがむなしく下降。今の私の体は重すぎです!(苦笑)

11


来月南米アンデス山脈、ペルーの最高峰ワスカラン(標高6,768m)に挑戦する山の達人T野先輩は難しい方の壁もこんな上まで簡単に登って行きました。ちなみに年齢は私より7歳も上です。

12


もちろん簡単な方の壁は一揆に上まで。流石です。ビレイする私の方がザイルを調整するのが遅れ気味だった。(苦笑)

「何事も目標設定は高くしないとレベルは上がらい!」と、感じだ休日でした。反省!(^_^;)

バーベキューハウス

1


今年も作ってしまった恒例のバーベキューハウス。先々週の週末に骨組みを組んだ後は雨ばかりで作れませんでした。やっと晴れた金曜日の朝、一気にやる事に。(土曜日も雨模様だったので)

2


この日が風がなく、一人で風よけのビニールを張るのも楽でした。

3


そして翌日の土曜日一応完成。

4


建立記念として、いつもの愉快な仲間達を誘っていたので、早朝、仕事前に食材を仕入れに行きました。実は何事もこうやって自分にプレッシャーをかけ、やる気を追い込む!(苦笑)

5


仕入れた品はヒラメ、かわはぎ、蝦蛄、渡り蟹、ホタテ等々価格と品物のバランスを考え、北海道フードマイスターとして目が光りました。(笑)
ついでに料理前にしばらくサボっていた包丁研ぎも!

6


ところが寒くてバーベキューハウスではやる気が起こらず、場所は急遽車庫内に変更!それでも気が変わりやすい私とのつき合いに慣れているゆかいな仲間達は即効で照明等の段取りができる。そして始まり。どれも新鮮な食材なのでとっても美味しいですが、特にこのメンバーにはかわはぎの肝の醤油漬けが一番評判が良かった!さすが三人とも酒飲みで食通!(笑)

livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ