今日の睡眠前

日々の日記です。

2016年07月

髭剃り

1


20年以上愛用している私の髭剃り。当時5,000円程で購入しました。先日突然動かなくなったので修理に出しました。修理費は4,000円です。(苦笑)

新しい髭剃りを購入しようかと考えましましたが、欲しい髭剃りはどれも1万5千円以上、でもどうせ買うなら中途半端な買い物はしたくはありません!

結局お金がないので修理することに。今は無きナショナルブランドも捨てられませんでした。(苦笑)

旭岳〜中岳温泉〜裾合平

1


雨で順延だったスポーツクラブ仲間との登山、今回は旭岳から中岳温泉、そしてお花満開の裾合平をトレッキングしてきました。

2


朝4時出発、予定通り6時30分のロープウェイに乗って姿見に。旭岳からの朝日が眩しく、テンションが上がります。

3


K保さん親子、姿見の池の鐘でなんの願い事かな?

4


そして登山開始。夏山ピーカン私の大嫌いなコンディションのはずが、風が冷たくとても心地良いのです。普段の行いかな?(苦笑)

5


先頭は私と同じ山岳会に所属しているT美さん、中学1年生の女の子から160kmウォークを歩き、その後先週末富士山に登った人達等メンバーの力量の個人差を考えながら絶妙なペースで皆さんを引っ張って行きます。

6


このメンバーと歩くときはいつも楽しい登山、お茶目なメンバーは休憩時でも楽しんでいます。

7


八合目では隊長の私もポーズをとらされました。かなり恥ずかしい!(笑)

8


金庫岩からの下界。旭岳頂上まではもう少し。

9


2時間で旭岳頂上到着。ピーカンの夏山なので私は飲み水を2リットル程背負っていましたが、ここまでで水を僅か250ccしか飲んでいません。

景色と空気は最高!永山岳方面にはまだこんなにも雪渓が残っています。

10


雲ひとつないトムラウシ山の奥は雲海。絶景です。今回やっぱりトムラウシにすれば良かったかなとちょっと後悔。

11


今回の登山の一番の目的はこれです。旭岳東斜面を尻滑りで大滑走!参加メンバーの皆さんにそういう装備をするように伝えました。

12


スピードを出し過ぎると雪が固く、お尻が痛くなると思ったのですが、この日は太陽光のお陰で表面が解け、尻滑りには最高のコンディションです。飛ばし過ぎるとこのように雪まみれ!(笑)

13


高低差で200m位はあったでしょうか?、すごく面白かったけれど他の登山者達からは注目の的、尻滑りの装備をしている人は他にはいません!(苦笑)

14


皆さんズボンどころがパンツまでびしょ濡れで間宮岳方面に歩きます。

15


お鉢回りを少し歩いて中岳温泉方面に下ります。すると温泉が見えてきました。凄い大勢の人がいます。

16


登り始めて4時間で中岳温泉到着。昔はタオル一枚で温泉に入りましたが、さすがにこの人だかりでは無理です。皆で足湯に浸かりランチを食べました。

17


お昼頃になるとガスがかかってきました。これからたらたらとほぼ平な道をロープウェイ乗り場に向かって歩きます。

18


それでも裾合平はお花満開。見事なチングルマの絨毯です。

19


私の大好きなエゾコザクラも沢山咲いていました。

20


中岳温泉から1時間30分ほどで、姿見の駅到着。ガイドブックでは2時間から2時間半と書かれているので、かなり早いペース。皆さんスポーツクラブで鍛えているので、この程度では余裕ですね!

resize0893


帰宅して我が家で安着。次のこのメンバーとの山行はいよいよ道央圏を脱出します!

積丹

12


週末はカミさんの母親と私の両親を連れて積丹へ。私はあまり興味がありませんが、今が旬のうに丼を食べに行きました。どうせ行くなら有名なみさきさんへ。ところが10時に到着したのにもかかわらず、大勢の人が並んでいました。

1


待つ気にはなれず、こちらも有名店ですが中村屋さんへ。

2


私以外はうに丼を。

3


私だけが海鮮丼です。こちらの方が少し安い!(苦笑)

4


美味しい物を食べた後に、観光船に乗りました。

5


皆さん一斉に覗いています。

6


海の中が見えるのですが、ウニしかいません。私には全然つまらない!(苦笑)

7


デッキに戻るとなにやら怪しい影が・・・

8


餌を待ってカモメが沢山集まってきました。

9


仁木町でカミさんが欲しがっていた黄色いサクランボを購入して帰路へ。夕食は当別のなかむらさんです。ところがこの店に入る時に認知症の父親が反抗します。食事ではなく店の前に食材が並んでいたので、また買い物かと思ったのです。

10


ホルモン三種セットと

11


ラーメンを美味しく頂きました。それにしてもどんどんと病状が進んでいる父親。自分の親とはいえ、とても疲れます。いつも一緒にいる母親が倒れたら大変です。たまには誘って気晴らしさせないと。

それにしても認知症相手の介護の仕事をしている人は凄いなぁ〜!

ユニ石狩〜音更山

1


今年の連休の山岳会での縦走登山は、ユニ石狩から石狩岳の予定でしたが、悪天候のため石狩岳は断念!それでも10年前からの想い、音更山の上でお酒を飲むことができて満足でした。まずはユニ石狩の頂上で!

2


音更山が見えたのも、これが限界。

3


十石峠に荷物をデポしてユニ石狩岳へ。登って・・・

4


頂上から降ります。

5


水場のあるブヨ沢へ

6


雪解け水で飲み水を補給したり、米を研いだり・・・

7


雪渓も若干残っていました。

8


重い荷物を背負って約10時間、やっと音更山へ。


9


テン場を決めて、頂上へ。

10


10年ぶりの音更山頂上

11


チングルマが満開の贅沢なテン場

12


巨匠が作ってくれた晩ごはんです。

13


18時睡眠、4時起床、そして6時出発。

14


最後の山、石狩岳は見えません。諦めて下山へ。

15


シュナイダーコースの下り。「一芸は百芸に通じる」ちなみにこの方、ピアニストです!(笑)

16


シュナイダーコースはトリッキーでなかなか面白いのですが、腰の調子が悪い私には堪えます。そして気になるのが私のお腹まわり。どうにかせにゃ!(笑)

17


一番腰に悪い姿勢(笑)

18


川を渡ってもう少し!

19


最後に無事安全に登山できたことに感謝。

20


5時間半かかってやっと登山口到着。この後幌加温泉へ。石狩岳に登らなかった分、予定よりは早く帰宅できました。

近いうち石狩岳はリベンジです。

ラウンド1

1


このところ日曜日と言えば雨ばかり。スポーツクラブ仲間と大雪山に行く予定でしたが、もちろん中止。代替え策でラウンド1に行ってきました。

2


球技はあまり得意ではありませんが、ひさびさのバレーボール。ボールを思うように捉えられません!それでもバッティングセンターやゴルフのゲームではそれなりに楽しむ事ができました。

3


エアーホッケーも超久しぶりです。雨で外遊びができないせいか、館内はとても混んでいました。そして偶然にも甥っ子にも遭遇!考える事は皆同じなんですね!

4


しかし初めて挑戦したローラーブレード。この写真は私ではなくY穂さんですが、私と同じ装備。私の場合、最初は恐る恐る慎重に乗っていたのですが、慣れてくると少しスピードを出してみました。

そして油断した瞬間、後ろに転倒してお尻と後頭部を強打!痛みは二日後に出てきます。(苦笑)

5


そして最後の締めはやっぱりこれ!メンバーの誕生日祝いと160km完歩祝いです。

6


ちなみに同じメンバーで前夜も!(笑)

オロウェンの沢

1


週末は山岳会メンバープラスY穂さんとオロウェンの沢に行ってきました。場所は旭川と深川と芦別の交わる所あたりでしょうか?

2


50分程歩くと左側に滝が見えてきます。その滝で懸垂下降の練習。

3


沢登2年目、T美さんの模範下降です。初めてのメンバーもいましたが、繰り返し練習すると皆さん上達しました。

4


上流に向かうにつれ、所々に滝が出てきます。

5


スキーの達人Y穂さん、70歳にして初めての沢登ですが、さすがです。時には全身ずぶ濡れになりながらも登りますが、天気が良かったので気持ちが良さそう!

6


最後の大滝。滝の上で休んでいるメンバーも!(苦笑)

7


皆さん何を考えながら登っているのだろうか?吹き出しをつけたくなります。(笑)

8


最後の砂防ダムを岩との間を使ってよじ登り・・・

9


登り始めて訓練、休憩も含め約4時間、二本の松が目印で右側にある林道にでます。

10


あとは林道をダラダラと歩いて戻るだけ。でもこの林道歩きが一番きついですね!

北海道の夏はあっと言う間に終わりますが、やっぱり夏は沢登が一番!

酒の会

1


昨夜は私の同級生が営む酒屋の日本酒の会。場所は日本酒の料理なら市内では最高の楽やさんです。今回の蔵元さんは地元北海道は倶知安町にある二世古酒造さんでした。

3


酒屋の店主と杜氏さんの挨拶で始まり。私がニセコに行った時はこの蔵にいつも立ち寄りますが、いつも接客してくれる女性の方はこの杜氏さんの奥様でした。

そしていつもの飲兵衛仲間とお酒について語りながら美味しいお酒と料理を沢山頂きました。

2


と言う事で、写真はデザートのみ。この後二次会に連れていかれ飲み過ぎました。時にはブロガーでもカメラを触りたくない日もあるもんですね!(苦笑)

さだの日

1


週末は我家では結婚記念日や誕生日よりも大事な行事であるさだまさしさんのコンサートの日でした。
いくら大好きな山登りの行事があってもこれをすっぽかすと私に自由が無くなるどころか間違いなく家庭崩壊!(笑)


でも、こう見えても元々はコンサートはもちろん音楽大好き人間。もし、絶対音感が私にあれば、たぶんプロを目指したでしょう!(笑)


2


今年のコンサートはさださんが母親をはじめギタリストの松原さんや恩師と言った親交の深い人を亡くしたせいか、選曲はマニアックな曲が多かったです。

そんな中でも80年代に作ったこの曲、シラミ騒動。詩の内容は・・・


シラミ シラミ そら シラミ
シラミ見られど 見れシラミ
そらそらどーら どれどれ見ーれ
シラミ見られそう
シラミ知られそう
シラミ シラミ しらシラミ騒動


これは一番の詩ですが、今回、二番までを披露してくれました。つまりドレミファソラシの音だけ使って作った詩と曲なのです。音楽に詳しい人ならこの詩を見ただけで曲が浮かんでくると思います。

これをバンドの代表であるピアニストの倉田信雄さんがボサノバ風にアレンジして披露してくれたのにはぶったまげました。こんな事を遊び心でやってしまう一流ミュージシャンてやっぱり凄いですね!

ニトリ文化ホールで一年に一回はやるさだまさしさんのコンサートは今年で50回目だそうで、トークも含めた3時間の楽しいコンサートは本人も言っていますがもちろんお値段以上!

3


その後、すすきのに行ってS男ちゃんの会社のお店で熟成肉をゴチになり、久しぶりに会ったA谷さんから奥尻島のお土産を頂き、山は行けなかったけれど楽しい週末でした。

4


うちの山の会にも音楽に詳しい人達がいるので、今度ダニの歌でも作ってもらおうかな?(笑)

livedoor プロフィール
livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ