今日の睡眠前

日々の日記です。

2019年05月

GW最終日

1


GW最終日の6日は町内会の廃品回収日。冬の間貯めた資源ごみを朝からまとめました。これでやっと車庫の中が片付けられる。

2


9時集合で開始。私はいつものごどく先導車のトラックの運転手。本当はダイエットの為に歩きたいのですが・・・

3


今回は参加者があまりにも少なく急遽役員の子供たちにも参加してもらいました。サッカーをやっている子供たちが多く、走る走る。結果いつもより早く終わった感じがしました。

4


年3回春先と夏と晩秋にやるのですが、やっぱり春は多い!

5


資源回収を終わって家に帰ると夜勤明けのカミさんに「小平にタコを買いに行こう!」と誘われ行ったのですが、残念ながらすでに売り切れ。お昼のランチは元々は美唄市にあった臼谷にある理尾さんに行きました。三元豚の得意なお店ですが、カミさんはハンバーグ定食を。

6


私は毎度おなじみである大好物のラーメン。専門店ではないけれど美味いです。

7


もう20年来愛用しているスノーピークの焚火台。良いものは長く使えるし愛着も沸きます。でも流石にケースが風化してボロボロ。

8


先日秀岳荘さんのバーゲンで新しいケースをとうとう購入してしまいました。これで一生ものでしょうね!

9


晩御飯は今年初の車庫飯で寿都でお土産に買った牡蛎の特々大サイズ。厚岸やサロマでもこれだけ大きい牡蛎はあまり見たことがありません。生と焼きで頂きました。

10


焼いても大きいのでこのプリプリ感がたまりません!

11


GW最終日に利尻で単身赴任している同級生から宅急便が届きました。我が家の大好きな利尻昆布ラーメン。お礼を言うのに電話でしばらく会話し、これで生まれて初めての10連休だったGWは無事に終わりました。

キャンプ

1


5月3日。天気が良いので急遽キャンプ道具を揃え、一人で出発。本当はGW後半も登山の予定があったのですが、最終日は行けないので参加辞退。秀岳荘さんのバーゲンで買い物し、お昼ご飯は何処も混んでて入れず、四代目いちまるさんで少し遅い昼食。

2


神恵内村のキャンプ場にテントを張りました。久しぶりの一人キャンプです。

3


札幌市内にある行きつけの魚屋と酒屋で買ったご馳走。専門店で買えば間違いありません!

5


夜は寒いので煮物も作りました。

4


夜桜を見ながら色々な事を考え、お酒が進みます。ついつい深酒・・・

6


翌朝またまた快晴。縦走する予定だったニセコ連峰が綺麗に見えました。

7


8


積丹ブルー。神恵内の海も綺麗です。

9


目的地の寿都へ。ここは確か昨年まで牡蛎小屋だったはずが・・・

10


4月の末頃から5月の末頃までの限定、生しらす丼1,500円也。北海道で食べれるとは知らなかった。

11


ニセコも黒松内もオープンしているキャンプ場が満員で仕方なく南下。今金町のキャンプ場に行くと私以外はテント一張り。

12


寿都で購入した今が旬の牡蛎。ミニサイズ15個入りで500円也!

13


キャンプなので朝ごはんはしっかりと作りました。今金男爵は手に入りませんが、こにしさんと小川さんの美味しい豆腐や揚げがあります。

14


中はパンとピザを買う人達で超混みの黒松内の道の駅。外にはなんとスノーピークの椅子とテーブルが並んでいてびっくり!座り心地最高、ワンセット持って帰りたかった!(苦笑)

15


超混みの余市でのランチは避けて、小樽で久しぶりの麻ほろさんでラーメン。10年ぶり位かな?明るいうちになんとか自宅に到着しました。やっぱりキャンプも楽しい!


富良野・美瑛方面

1


利尻山から帰った翌日、雨で仕事が中止になり、休みだったカミさんと白銀荘へ。途中富良野でお昼ごはん。六花亭ができたのは知らなかった。

2


我が家はお菓子にはあまり興味がありませんが、ちょっとだけ買い物。

3


目的はここ。隣にあった帯広ジンギスカンの有名店、白樺さんです。

4


ラムとマトンを一人前ずつ食べました。美味い!

5


白銀荘の露天風呂にゆっくり浸かっているとヒョウが降ってきて夏タイヤなのでちょっと焦りました。望岳台の前を通過し超久しぶりに青い池へ。昔とは違いかなり周りが整備されていました。でも天気が良くないと撮影してもパッとしませんね!

6


そしてこれだけは手を出さないと誓っていたのですが、美瑛の道の駅でとうとう買ってしまいました。(苦笑)

利尻山

1


GW前半戦は自宅を2時30分スタート、山岳会メンバーと7時30分発の2便に乗り利尻島へ。海岸線を走っている時は島が全然見えなかったのですが、島に近づくと姿を現してくれました。

2


島に到着し、昨年も使ったキャンプ場にテントを設営。温泉もすぐ近くにあり、山も海も見える綺麗なキャンプ場です。冬はスキー場なのかな?

3


天気も良いので島一周に出発。ここではレギュラーガソリンより軽油の方が高いのです。

4


寝熊の岩。

5


白い恋人。残念ながら山は見えません。

6


天気が良いと、こんな風に見えるのですが・・・

7


姫沼ではまた山が見えました。風がもう少しなければ逆さ利尻山を・・・

8


フェリーターミナルで昆布ラーメンを食べ、下山して来た人から情報を入手し、テントに戻って翌日の戦略をたてながら昼酒。贅沢な時間です。

9


酔いもまわりメインディッシュ。キャンプにコンロの風除けは必需品です。

10


お腹一杯食べて歩いてセコマのトイレに行き、20時には爆睡。

11


4時起床、5時朝食。山登り前の朝食はうどんが定番メニュー。

12


6時登山開始。

13


甘露水の所から登山道を外れ、沢に入ります。

14


沢の途中でスキーを履き、二股で右の沢に進みました。この先に見える壁をどこから攻めるか悩みましたが、結論は「急がば周れ!」です。

15


急斜面の途中で休憩。振り返ると絶景が。

16


さらにスキーでは限界に近い急斜面を登り・・・

17


稜線にとりついて少し歩き途中でスキーをデポ。ここからつぼ足で歩きますが暖かいので足がぬかり悪戦苦闘。もう少し先までスキーを使えばこの日は良かったかも。

18


稜線から見える礼文島。

19


そして長官山手前から見える頂上。迫力があります。

20


長官山を過ぎ、アイゼンとハーネスを装着、そしてヘルメットをかぶりました。

21


核心部では空に虹が・・・天気が悪くなる兆候かも?

22


雪が柔らかく想像よりは楽勝。

23


頂上直下でA子さん。初めての利尻山が雪山です。

24


12時30分、全員が頂上に到着。本当の頂上はもう少しだけ先ですが・・・12時45分下山開始。

25


スキーをデポした急斜面の上から御年72歳の巨匠はスキーであっという間に下山。流石です。動画撮影が間に合わなかったのが悔しい!

26


T美さんだけは何故か少し歩けばぬかります!(笑)

27


下の方でもぬかり悪戦苦闘。私も途中笹のトンネルにスキーがひっかかり大変な目に!

28


登山口に近づく頃は喉がカラカラ。私はポカリスエットと一本とお湯を500mi持っていたのですが、水が足りなくなった登山は初めてかも?

29


16時30分下山。登り6時間半、下り4時間かかりました。大きい山だと条件で登山時間は大きく変わります。温泉で汗を流して安着。

30


メイン料理を食べて20時には睡眠。

31


T美さんの誕生日だった令和元年初日の朝は残り物で朝食を食べ、片付けて8時50分発の一便に乗るのにフェリーターミナルへ。時間が早いのでお散歩。

32


稚内の副港市場でお買い物をし、帰路へ。抜海過ぎから見えた利尻山。

33


天塩でお昼ごはん。

34


平成最後を締めくくる利尻山登山は素晴らしかった。そしてしじみラーメンは美味かった。16時帰宅。

プロフィール

まあどん

livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ