女房の弟の結婚式もあと一週間と迫って来ました。

頼まれた、現在から過去へのPPTを完成させて満足していたところ
エンドロールを作ってほしいと嫁さんになる人に頼まれました。
嫁さんになる人は偶然にも私が通っているスイミングスクールの先生!
私がバタフライ泳げるようになったのはこの先生のおかげです。

断ることもできず、当然引き受けました。とは言うものの
「エンドロールって何だ?」と思って女房に聞いたら
映画とかの最後のシーンで作成者、出演者とかの名前がぐるぐる廻っている
シーンだと言うことがわかりました。

「なあんだ、かんたんじゃないか!」なんて軽い気持ちでいて今日作成してみると
ひとつのスライドに、来賓と、協力者の名前全部いれなければならないので、
スライドの変更はないのですが、1スライドにアニュメーションの数が110位に
なりました。
おまけに音楽とのバランス。朝8時位から作成して先ほどやっと完成しました。
たった5分位のエンドロールです。
でも自分で言うのもなんですが、凄い出来栄え!ちょっと感動です。
才能あるかも???「やればできる!」

女房の家は父親が亡くなっているので、私に頼まれていることが結構あります。
ちゃんとできるか一週間後に迫ってきましたが心配です・・・