今日は、甥がスノボを教えてほしいというので、深川スキー場に行ってきました。
さすが中学生位の運動神経だと、初めのうちは立つだけで精一杯なのですが、
だんだんバランスが良くなり、最後にはなんとか連続ターンができるまでになりました。

人に物事を教えるというのは、相手にいかに伝えるか難しいものです。
リフトに乗りながら考えていたのですが、素直に聞いてくれるので
どんどん上達していきました。
この調子だとすぐ私より上手になると思いながらも、教えている私も嬉しいものです。

滑っているときは、足が痛いと言っていたのですが、帰りに寄った温泉では、すでに
足の痛いのが治っているとの事。やはり若い体力はすばらしいですね。

最近は、一人でスキー場に行くことが多かったので、しばらくは、私のパートナーに
なりそうです。