ac2a8193.jpg滝川から車で行ける相泊まで約7時間。それから知床岬まで約20km、重たい荷物を背負いながら歩いて2日かかります。北海道といえども遠いのです。
しかも、天気が良ければ問題ないのですが、海が荒れると通行不可能になります。

今回は予備日を1日作る為、ペキンの鼻という所まで船を使いました。
まず、最初の難関ペキンの鼻という所の高まきです。
写真では、ロープを使いながら降りているのですが、反対側を見ると100mは越すガケになっています。結構恐いのです。

へつり場所によっては、バランスを保ち海岸線の岩をヘつりながら海に落ちないように歩きます。







男滝途中には、山からの滝もあります。写真は男滝という所で、知床半島の山の上から滝になって海岸線に流れ落ちてきます。この水は冷たく飲むと凄く美味しいのです。ミネラルウォーターと同じです。この滝の横には女滝もあって、どちらもすばらしく綺麗な滝です。





念仏岩男滝、女滝を過ぎると念仏岩という難所があるのですが、今回は山の神様と二人で海を渡る事にしました。お互いの声が岩に遮られロープワークに少し苦労しましたが、リックの中身をビニール袋で防水状態にして、服を着たまま海を渡りましたが、暑かったので気持ち良かったのです。他のメンバーは、崖を高まきして通過しました。





かぶと岩写真は最後の難所かぶと岩の高まきです。
先輩の一人は、ガケの上に立ち花の写真を撮影していました。






かぶと岩2ロープ伝いに数百メートルあるガケを降りるのですが、途中で手がだるくなり休み休み降ります。適度な緊張感もあり面白い高まきです。
写真は、上からと下からとの撮影です。





かぶと岩3ここからユリばあちゃんの番屋はもうすぐ。続きは次回にします。