昨夜は、毎年恒例となっている友人の酒屋が主催する酒の会がありました。昨夜の銘柄は久保田で有名な新潟県の朝日酒造で作られている越州です。でも今回は今までとちょっと違い料理が和食ではなく洋食だったので凄く楽しみでした。洋食を食べる時は普通ワインですが日本酒だとどうなるのか凄く興味があったのです。ボンビヴアンと言う店を貸切にして行ったのですが、プロの料理人が日本酒に合わせてどんな料理を作るのか非常に楽しみでした。

真鯵のタルタル仕立て料理を紹介しますと最初に真鯵のタルタル仕立て。この料理で飲んだのは使われているお米が山田錦ではなく千秋楽というお米を使ったこれから発売される新種の酒。




菜ばなロール地場産の菜ばなロール。この料理には特別純米酒の参乃越州。味の薄い料理には濃い目のお酒があうようです。




カツオのカルパッチョカツオのカルパッチョ。この料理には正月に作られた行く年来る年という吟醸酒。3〜4ヶ月熟成させると飲み頃です。





豆腐とモッツァレラチーズ豆腐とモッツァレラチーズセサミドレッシング。この料理には原酒。白身魚の刺身で日本酒を飲んでいるような感覚です。絶品!




銀鮭と春キャベツ銀鮭と春キャベツのチャンチャン焼き。美味すぎで回りにいた友人達も感動。特にソースが絶品でした。この料理には純米大吟醸の禄乃越州。至高の一献です。





和風ローストビーフ和風ローストビーフマスタード風味。大吟醸を飲みだすと他の酒には手が出なくなってしまいます。




ヤリイカと菜ばなのスパゲティーヤリイカと菜ばなのスパゲティー。といった料理の内容だったのです。
洋食にはワインという先入観はすっかりかき消されてしまいました。
これでまっすぐ家に帰ればいいのですが、調子に乗って今日は二日酔い。懲りずに反省今日は休肝日!