2a4b396a.jpg先日の投稿の続きです。下山してから雨も降りそうだったのでどこか温泉にでもと思ったのですがさすがにGW。温泉街の旅館はどこも満室かと思いきやさすが大先輩、穴場を知っているのです。しかも貧乏なので条件は一泊2食で5000円以下。これがだめなら我慢してテントか車中泊と思ったのですが大先輩この旅館の女将さんと交渉成立。
散歩チェックインして温泉につかりビールを飲んで一眠り。目が覚め大先輩と附近の散策路に散歩。所々にある雪道でも裸足で平気とはさすがに登山家?です。



夕食夕食は山の精進料理ですが、採れたての行者にんにくもありこの料金なら十分満足のできる内容でした。おまけに途中でお酒がなくなったのですが、女将さんから焼酎一本サービスで頂き、帰りのおみやげに行者にんにくの醤油漬けまで頂いたのです。

温泉お風呂はもちろん源泉かけ流し。加水もしていません。湯加減も丁度良く合計8回位は入りました。肌もスベスベ(笑)。本物の温泉はやはり最高です!