d0c0b015.jpg失業中で暇なカミさんに「どこか連れて行け!」と言われ、様似にある花で有名なアポイ岳に行ってきました。ここならカミさんでも行けると思ったからです。前日からの雨も朝7時頃上がり登山を開始したのですが一面は霧で視界が悪いのです。私は花を見ながらダイエットと思い歩いていたのですが、登山の嫌いなカミさんは文句ばっかり・・・。それでも8合目位から視界が少しづつ良くなり頂上も見えてきたのです。海から上がってくる雲が山で海に返されていました。
アポイアズマギク下りは右方向は日高山脈の稜線、左方向は太平洋の海を見下ろしながら気持ち良く歩くことができました。希少野生植物のヒダカソウは発見できませんでしたが、天然記念物の蝶は見ることできました。帰りの登山口で環境庁の方とお話したのですが、この日の登山者なんと私が聞いた時点で571名。いくら人気があるといえ凄い人数です。個人的にはこんな山にはもう行きたくありません。カミさんのタイム。登り3時間30分、下り2時間30分。人のペースで歩くのは疲れます。