今朝成田は弱雨。午後よりどんどん強くなる。最高気温7℃

今日は連休明けの週の始め。また、「道路がどんだけ渋滞しているのかな?」なんて考えながら通勤経路である国道51号線にでました。
すると以外にも車は少ないのです。すぐ混むのであろうと思いながら走っていたのですが、以外にも混まないのです。
途中、国道296号線との交差点、東関道佐倉インター付近、渋滞の有名な吉岡交差点はともかく他の場所は順調に走行できました。
よく考えてみるとこれには理由があります。雨が降ると土建屋が仕事できない。土建屋が仕事できないと、作業員達の動きがない。
また、砂利とか生コンのような資機材を運ぶ車も動かないのです。これだけでも車はかなりの数減るのですね。
それだけ公共事業というのは、地域に影響を与えるのが大きいのです。工場の多いこの辺でさえこうなるのだから北海道なら車がいないのは当たり前。ちょっと大袈裟かな?

仕事が終わり、宿舎に帰るとびっくりと言うか予想通りと言うか複雑な心境。
私と同じ場所で生活している同僚達が他に3名いるのですが3名とも今日は病院に行ったらしく、そのうち2人はインフルエンザの陽性。
しかも私と同じA型。「私は無罪だ!」と言いたいが、病原体はたぶん私でしょう。1人はこれから夜勤。元気もいいので大丈夫と思いますがあとの2人は死んだように眠っています。ちなみに1人は普通の風邪。私にできる事は早く回復する事を祈るだけです。
私はと言うと、心配のメールを頂き嬉しくて絶好調。もちろんまだタミフルも飲んでいるし、副作用で体も痒く、せきもでます。
それでも気分は永ちゃんふうに言えば「最高!」
「病は気から!」ってよく言いますが、まさにその通りだと思います。
男って単純な生物ですね(笑)