3c9e0c1e.jpg最高気温18℃、はれ。朝ガスっていたからなのか今日は道路が混んでいました。それにしても昨日の寒さに比べたら今日は暑い。通勤時の途中から車の窓を全開にしました。寒暖の差に体がついていくのが大変な今日この頃です。
さて、週末首都圏を中心に色々と歩き回っている私ですが、交通機関の支払いにはこのパスモを使用しています。3000円、5000円、10000円とかのカードを購入して、残額がなくなればチャージができるのです。JR東日本でやっているスイカとどっちにするか迷いましたが、まあとちらでもよかったのです。携帯電話で言えば、ドコモ、auみたいな物だと思います。使ってみるとこれは便利です。いちいち切符を購入しなくてもいいので小銭が必要なし。札も使えますが駅の券売機で切符を買うのに時間がかかるのは非常にカッコ悪いですよね。そして何よりもいいのが、私みたいに適当に行動している人間は、電車に乗っている途中で気が変わり、行き先を変更しても無駄にならない。前こちらに来た時はオレンジカードを使用していました。時代の変化は速くもう消えていますね。でもこの便利な物、交通機関の会社が力を入れるのもわかります。普及がどんどんすれば、切符の紙代、券売機等の経費が節約できる。人件費も節約できます。券売機等が少なくなればその空きスペースにテナントとかを入れるのも可能。一石三鳥以上の効果があると思われます。でもこの便利なシステムについて行けない人は電車に乗れなくなる。私が今回思った事が一つあります。首都圏の駅には一人歩きのお年寄りの姿がほとんど見えません。あの人ゴミとスピード、そして切符の購入の方法が難しい。聞くにも駅員さんを探すのは大変です。便利と合理化。そしてサービス。不特定多数の老若男女、バランスをとるのは難しい事ですね。