笹日高山脈ポンヤロマップ岳に行ってきました。3日の夜出発して大樹町の林道入口に着いたのは23時30分頃。この入口から登山口まではあと17kmあります。眠たい目を擦って林道に突入したのですが、星もほどんど出ていなく暗夜です。



花家を出る前にテレビで少し見てたオーラの泉。怪奇現象の話を急に思い出したのです。そうなると気持ちが急にネガティブに。走ったことない林道なので「17kmもあるのに迷ったらどうしよう?、シカはともかく熊が出るかも?、落石に当たる?脱輪して川に転落する?、オバケと遭遇?」なんて考えだしたらもうダメ、逆戻り(笑)。もちろん携帯電話は圏外です。


巨木少し明るくなってから林道に入ろうと思い、大樹町の道の駅に行って車の中で寝酒を飲んで睡眠です。一人ならトイレもあるし道の駅が一番安心です。これもガソリン税の恩恵。




頂上直下ちょっと寝すぎて起床4時。軽い朝食をとってあわてて出発したのですが途中で電話がなりました。私が夜「登山口まで行きます」と言ったので登山口にいない私を心配して先輩達が林道からでてきたのです。ちょっとした寝坊がすっかり心配かけてしまいました。


頂上久しぶりの山登りですが、いきなり日高とは…。急斜面できつく笹や漆と格闘もあり。ダニも多いのです。結局3名で朝6時10分に出発、頂上に到着は10時30分。今年は雪どけが早く頂上にもほとんど雪がありません。GWと言うより夏山みたいでした。頂上から見えるペテガリ岳。ここから7km程、遥かなる山と言われるだけあります。


高度感下りは急斜面を下るので視界はこんな感じです。いかにも日高らしく高度感があります。注意して歩かないと転倒したら大変。
11時5分下山開始、登山口到着は14時。下半身は筋肉痛でボロボロです。でも久しぶりの山は気持ち良かった。