e900d0a3.jpg今日は土木の日。
理由は土は上と下を切り離すと十と一、木を切り離すと十と八、だから十一月十八日には土木の日になるのだとか。
しかし雪の降らない本州以南ならともかく11月と言う時期は北海道では土木屋さんにとって一番辛い時期なのです。
今日のように雨が降ると背中丸めて手を窄めて寒さに耐えながら現場で働いている人が多い現状。
土木屋さんならこの時期になると1度や二度、あるいは毎回かも知れませんが雨でぐしゃぐしゃになった土の処理、あるいはこれから襲ってくる冬将軍を創造するだけでこの仕事から逃げ出したくなった経験はあるはず…。
なにもこんな時期に語呂が合うからと言って土木の日にしなくても・・・と私は思うのですが。
これから始まる現場、難工事の予感が・・・(汗)