現況先週末見に行った当社の工事現場。
管内ほぼ最北にあり、北海道内では有数の雪が多く寒さが厳しい所です。
その自然の厳しさから、農作物は、ほとんど蕎麦しか育たないのです。

しかし、その蕎麦の生産量は日本一。そしてその蕎麦を地元の名産として有名にしているのだから、地元の人達の努力は素晴らしいと思います。

現場は、年内ほぼ完成を目指していると思うのですが、「所変われば品変わる」ではないですけれど、土木工事は土を扱う仕事。
滝川附近にはあまりない土砂を扱うのに苦労すると予想されます。
まあ、担当者は優秀なのでなんなくこなす事と思いますが…(笑)

KBM現場で見つけた仮ベンチマーク。
現場の奥に行くとまだまだ高い所があるので、一番高い標高は300m位になるのかな?
標高が100m上がるとだいだい気温が0.5〜0.6℃位下がると言われています。
緯度が1度違うと地形や風の影響とかで定かではないですが、だいだい5℃位変わると言われています。
滝川の緯度と幌加内の緯度ではだいだい0.5度位違ので、気温は単純計算でも4℃位は違うはず。
でも実際はそんなもんではないでしょう!

どちらにしても大変な場所なので、厳しい冬の前に無事に工事を完成させて帰ってきてほしいものです。

頑張れ!当社唯一の独身コンビ!!(笑)