梅の宿今日の私の夕食。
私とカミさんのサイクルはどうも似ているのです。
基本的に我家の食生活は時間に余裕のある方がご飯支度。
なので、朝食とお弁当は私が作り、夕食はカミさんが作るのが基本になります。
しかしお互い忙しくなると夜8時や9時を過ぎるような帰宅からでは飯の支度なんて面倒でしていられません。
と言う事で、こんな居酒屋みたいな夕食になってしまいます。
この梅の宿という酒。奈良県のお酒なのですが、最近友人の酒屋で取り扱うようになったのです。
関西のお酒としては、癖がなくすっきりして飲みやすいお酒です。
実は先週、この酒蔵から若い女性の営業マンが来て、市内の焼き鳥屋さんでお酒の会があったのです。
この時、私は少し体調が悪かったので、一次会ですぐ帰ってくる予定でしたが、お酒の魔力にはまりました。
この酒蔵の最高級酒の大吟醸を飲んだ瞬間、体の疲れがなくなったのです。
そして、調子に乗り、同級生3人と深夜まで飲んでしまったのです。
翌日は、案の定寝不足で辛かった。
ただ、良い酒は二日酔いはしません。これだけは助かります。
でも、おそらく風邪の原因はこの時だと思うのです。
もう、次の日が休みでないと、夜遊びのできない年頃になってしまいました。

加湿器私の枕元に置いてある加湿器。
おとといの夜から動かしているのですが、目覚めが少しいいかも。
色々言う人もいますが、空気の乾燥は風邪には良くないと思います。
加湿器のおかげで風邪は治ったと思うのですが、今度はカミさんが風邪をひいたようです。
やっぱり空調は大切・・・。

しかし仕事が思うようにはかどらないのは、能力がないからなのか、焦ります。