チャリンコ滝川の本祭り。私はお祭りが大好きで一人でもよく歩きます。
しかも時間さえあれば毎日・・・(笑)
この癖は学生の頃からで、あの頃は地元以外も深川、砂川等にもバスや汽車に乗って足を延ばしていました。
当時肩で風を切って歩いていると、怖いお兄さんと接触してしまい、露店でフレンチドックの割り箸差しをさせられた苦い思い出もあります。そしてスカウトも!(笑)

お祭りを歩いていていつも思うのですが、フレンチドッグ、金魚すくい、たこ焼き等どのお店も、種類別に同じ値段。価格競争をしたら、露店なんか商売にならないのでしょうね。
談合と言うか価格協定によって、お店はきっと守られているのでしょう。

では、買う方はどうやってお店を選ぶのか。
私の場合、若い人より年配、男より女、そして材料や調理の仕方を見て選んでいます。
何よりもポイントになるのが清潔感。
くわえたばこをしながら調理しているのは論外です。
でもそれ以前に、ケチな私は見ているだけで滅多に買いません!(笑)

それにしても目につくのは、すぐ横にある閑散とした歓楽街。
そして、シャッター街の歩道を利用した駐輪場。
毎年自転車の数が増えているような気がします。
だんだん世の中は、昔の中国化しているのかな?