レンコンカミさんが、職場の上司から白石れんこんを頂いて来ました。
佐賀県の友人から送ってきたらしく、この辺りのスーパーでは、まず売ってはいないのではないでしょうか?

我家では、れんこんは高級食材。しかもこんな珍しいブランドれんこんを頂くのは大変有難い事です。

さて、れんこんの栄養と効能というと、以後某サイトから一部抜粋。

「・ビタミンCが豊富で、みかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量が含まれています。ビタミンCは熱に弱いのですが、れんこんはでんぷん質が多いために、加熱しても相当量のビタミンCが残ります。また野菜としては珍しくビタミンB12が豊富で、貧血を予防し、肝臓の働きを助けます。

・ミネラルではカリウムや亜鉛、銅、鉄を多く含みます。

・ペクチンなどの食物繊維も多く、便秘解消や高血圧予防などの効果があります。

・中国では茎の部分だけでなく、葉や実や花弁などハスのすべてを薬用に用いています。

・風邪の予防や美肌に

れんこんのビタミンCは、100gで1日に必要なビタミンをまかなえます。ビタミンCは疲労回復に効果があり、細胞どうしをつなげるコラーゲンを生成して、血管や粘膜を丈夫にし、肌にはりを与えたり、ウィルスの核酸を破壊して風邪をひきにくくする作用があります。

また、最近では、発がん物質を抑制する効果があることもわかっています。

タバコやお酒を飲みすぎた後は、ビタミンCが必要なので、れんこんを食べるとよいでしょう。」


・・・と、言うことらしく、食べすぎと飲みすぎの正月明け、そしてこれから本格的に寒くなるので、風邪の予防等、健康管理上今の時期にぴったりの食べ物ではないでしょうか?

ちなみに上の写真はれんこんとひき肉の和えもの。
ホクホク感とサクサク感であまりにも美味しく、熱燗を飲みすぎてしまいました。(笑)