若松数少ない私が好きなテレビ番組に吉田類の酒場放浪記という番組があります。
いつもこの番組を見ながら「あ〜こんな店に行きたい。常連になりたい。」と思いながらも、めったに飲みに出なくなってしまった私ですが、悲しい事に、老舗かつ低価格で、店主の温かみがある魅力的な店が残念ながら地元にはなくなってしまったのです。(私が知らないだけ?)

刺身でも、坂の上の二丁目は別世界。
私の友人の一部は、この二丁目をほぼ毎晩のように飲み歩いているのです。(笑)
その中でも代表的な存在の「若松食堂」
週末、昔からこのお店に通っているporteのアジュムマさんと、いつものゆかいな仲間達で食事に行きました。
ママ一人で切盛りしているお店ですが、いつも店内は、時間帯にもよりますが、常連さんでいっぱいです。
このお刺身盛も、私にもできそうな素人っぽい盛り方ですが、逆に家庭料理っぽくもあり私は好き。

きりたんぽそして、これが自慢のきりたんぽ鍋。
一人前1000円ですが、四人で行って二人前位でちょうど良い位の量です。
秋田の郷土料理には、秋田誉の燗を飲みながら食べるのが最高に美味いですね。
きりたんぼがあまり好きではないN課長補佐も「美味しい」と言って食べていました。(笑)

やきとりとおでんやきとりとおでん。根ぼっけの開きも食べたのですが、あまりにも食べるのに忙しく写真は撮り忘れ。
ここは、何を食べてもはずさないお店です。
実はラーメンも美味しい!

しかし、このブログを更新している時に気がついたのですが、おでんの下の方にタチらしき物が・・・
知らぬ間に食べたのは一体誰だ!(ちょっと悔しい・・・)