富良野昨日の日曜日、甥っ子と、友人R治の次男坊で、私のスノーボードの師匠でもあるakiを誘って、富良野に行ってきました。

akiは高校時代、私と二人で、北海道あちらこちらのゲレンデに良く行きました。
高校の卒業記念に、ニセコに二人で行っていらい、25歳になったというのだから、早いもので7年ぶりです。

今回は、たまたま実家に帰って来ていたので、私の甥っ子をレベルアップさせるのに、誘いました。

熊落とし珍しく、富良野では最大斜度の熊落としコースが解放されていたのですが、上に立って下を見ると、さすがに足が竦むほどの急斜面です。
しかも雪があまり降っていないのでコブだらけ。

ここは、雪崩が起こる可能性が高いので、滅多に解放されていません。ベストシーズンの今頃だけでしょう。
でも、ボードプロ級のakiは、ここを一揆に滑り降りて行きました。
テレマークスキーの私と甥っ子は、怪我をしないように慎重に・・・(笑)

ホワイトカレー4時間券を購入して、ほとんど休みなし。
私の太ももの筋肉はチギレそうになりました。

唯一、甥っ子が腹が空いたと言うので、ロープウェイ降り場のレストランで甥っ子が食べたホワイトカレー。
何の事はない、ターメリックライスの上にクリームシチューが乗っているようなもの。
これで1000円とは、スキー場では、しょうがないのかな?
休憩は、この時のたった15分位です。

でも、周りを見るとやっぱり日本人はほどんどいなく、中国人?とオーストラリア人?
少子化及びゲーム?の影響と、今の不景気では、道具にお金がかかるスキーは、親にとっては重たいのかも知れません。

子供のいない私にとっては、唯一子供達と遊べる楽しいツールなのですが・・・