銀河1


どうですこの雄姿、今月初めの日曜日、先輩達が層雲峡にある銀河の滝に行ってアイスクライミングを行ってきた時の写真。先輩のHPより、掲載させてもらいました。

このトップを登っている先輩、私より一周り以上年上なので、今年64歳?、凄いでしょう。

この人は山登りの超達人なのですが、昨年の暮れの初冬訓練の時、カミフにある白銀荘のお風呂で私のお腹を見て、「あと、最低5kgは痩せないとダメだな!」と、お叱りを受けたのにもかかわらず、正月休みの不摂生で、さらに3kg程増えてしまいました。(汗)

当然この時は誘われたのですけれど、所用があり辞退、まあ体力的にも自信がありませんでしたが・・・(涙)。

ハンマーところでこのアイスクライミング、普通の人にはどうやって登るのかわからないと思いますので、私の道具で簡単に説明。

両手には、このようなアイスハンマーをもって、氷に刺すのですが、私の場合、利き手ではない左手は、思うように刺せません。
なので、先端の刃がチューブと呼ばれる丸目の形をした刃に取り替える事で、刺しやすくなるのです。
ただ、刺さりすぎて抜けづらくなるのが欠点なのですが・・・
ロープの支点は、写真中央にある、スクリューを回しながら氷に固定して、作ります。

靴足はと言うと、冬の登山靴にアイゼンを装着し、つま先部分の刃を氷に刺して、登っていきます。

つま先だけで固定されているので、踵を下げるイメージにすると足が楽なのですが、人間の心理というか、緊張すると踵が上に上がるイメージになってしまいます。
そうすると、足は極端に疲れてしまいます。
偉そうな事書いていますが、私はあまりアイスクライミングの経験はありません。
冬は現場を担当しているか、本州に出向しているかで、行く機会がなかったのです。
今年は久しぶりチャンスだったのですが体重が重く・・・

銀河2




















ちなみに、トップを確保している先輩は、私より二周り上の大先輩です。

普通なら老人クラブ所属なのでしょうが、誘われたこともないとか・・・(笑)

正月も明け、一月以上経過しやっと体重が昨年末時の元に戻ったのですが。

これからという時に、先週半ばにギックリ腰。今週は更新ネタがないかも。
健康診断まであと2月程。そろそろ本当に本気にならなければなりませんね!(笑)