朝何かと意気消沈してしまいそうな事ばかり続いていますが、今朝新聞を取りに玄関のドアを開けた瞬間の御来光のような朝日。
少しの間眺めていましたが、大変気分転換になりました。

さて、昨日の道新の一面に掲載されていましたが、北海道開発局が所有している防災フロートが、いよいよ室蘭港を出港し、福島へ向かったようです。
先週の建設新聞にも掲載されていたのですが、このフロート、大量の物資を運べ、ヘリポートもあり、1000t級の船まで接岸でき、しかも外洋を走行できるのです。
外洋を走行できるのは、日本ではこの一艘しかないそうです。

この防災フロートの活躍によって、少しでも多くの人を助けられる事を期待したいですね!