浜小屋1歩いて通勤していると、風向きがよくわかります。
今週からとうとう春らしく南風になりました。

会社は、自宅からだと南西方向。

アゲンストのまだ冷たい風を受けながら、「これからこの辺りも少しは飛んでくるのだろうな?」と、ちょっとだけナーバスになってしまうこの頃です。

さて、この前の日曜日の浜小屋での作業は一階部分の天井張りでした。

浜小屋2残り少なくなった材料置き場の納屋から、友人と二人で本日使用する分だけの材料を運びます。










浜小屋3その間に棟梁のM君は足場を確保して、墨だし。











浜小屋4そして、材料を墨に合わせながら張っていきます。

とりあえず、落ちないよう固定するため、M君に数箇所だけ釘を打ってもらいます。








浜小屋5そして、ここからが私と友人の作業。

釘を沢山打ちながら材料を固定していきます。

しかし、私は初めての経験でしたが、上に釘を打つのは素人には超難しいのです。
手はたたくし、釘はすぐ下に落としてしまいます。





浜小屋6普通のグリップでは、エビゾリにならなければ打てないので、写真のように、グリップを変えます。

でも、これがなかなか思うようなには打てません。

見ているだけなら簡単に見えるけど、やっぱり大工さんは凄いと思います。

餅は餅や・・・。



浜小屋7こういう狭い部分は特に大変。

私にはどう頑張っても釘が打てない場所があります。









浜小屋8施主の友人も悪戦苦闘。

顔は汗ドップリ!









浜小屋11一階部分の約半分を張って、この日の作業は終了。











浜小屋92階からは、春の素晴らしい海が見えます。

窓の外には、ウッドデッキを作る予定です。

安全上、一部の人が酔っても落ちないようなデッキを作らなければなりません。

今度の日曜日も天井張りかな?