ルポ世界最大級のポンプ車がアメリカから日本に来ましたね。
私のような建設業界の人間は、ああいう機械を見ると、すぐ興味が沸いてしまいます。

凄い!と思いながらもやっぱりドイツ製かと思ったのですが、運んできたロシアの飛行機も凄いですね。まるで、サンダーバード2号みたい。カッコイイ!
飛行機はともかく、日本でもたぶんこういうポンプ車を作る技術はあると思うのですが、汎用性と生産効率を重視するお国柄なのか、まず作る事はないのでしょうね。


ボルトさて、この時期の北国の風物詩、タイヤ交換。冬タイヤに交換する時とは違い、気持ちが晴れますよね。

数年前までは、スタンドとかに持って行って2000円程で交換してもらっていたのですが、近年は節約のため、自分で交換しています。

考え方を変えると、自分でやるのも結構楽しいものです。
土曜日の昼下がり、とりあえずカミさんの車のタイヤを交換しました。




ジャッキーそうそうカミさんの車は一応ドイツ製。ドイツ製と言っても、日本のちょっとグレードの高い軽自動車より廉価ですが、やっぱり日本車とは発想が違います。

タイヤを固定するのはナットではなくボルト。
なので、一人で交換をやるとなると、膝でタイヤを押さえながらボルトを挿入しなければなりません。ちょっとしたテクニック?が必要になります。

ジャッキーも日本の物とは、形が全然違います。正直、初めはどう使ってよいのかわかりませんでした。ちなみにワイパー交換もちょっと面倒なのです。

雪そして、もう一つの風物詩と言えば、雪割り。

「今からか!」と言われそうですが、日当たりの悪い北側は、やっぱりなかなか雪が融けません。

自転車やバイクを奥の物置きから出した後、始めてみました。






雪割りしかし私は、やっぱりこういう普通の旦那様が一生懸命やるような事はあまり好きではないようなのです。

だからなのか、すぐ足腰が痛くなってしまいます。(笑)

そして、「今あなたにそれが必要ですか?」と脳裏にはささやきが・・・

「雪なんてほっといてもどうせすぐ融ける!」と思い、表面だけを割ってすぐやめました。(笑)
そして浜益へ・・・