ターキー


従兄とその友人Sさん達のキャンプ装備は本格的であります。
二人とも料理好きなようで、手抜き料理の代名詞とも言える焼肉とかはほとんどなく、ダッチオーブン等を使ってしっかり料理を行います。
お陰さまで、美味しい物を沢山食べさせてもらいました。

私は飛び入り参加の身でしたが、まったく何もしないと言うのもカッコ悪いので、コストコのメンバーカードの期限が切れる寸前に購入していた、七面鳥(ターキー)を持参していきました。

このターキー、大変大きく我家の冷凍庫の中では邪魔者だったのですが、なにせ二人家族、食べきれる訳がありません。こういう時に使わないと・・・

ターキー


鳥の丸焼きは、ダッチオーブン料理の原点。たいていの人は、まず最初にやってみるのではないでしょうか?
私も今まで何回も焼いていますが、でも、こんな大きい七面鳥を焼くのは初めてです。

腹の中に塩コショーとタイム、そしてローズマリーで味付けした玉葱とニンニクを詰め、外側にも同じく塗り込みました。本当はセロリも欲しかったのですが、ここに来る途中で立ち寄ったスーパーに売っていなかったのです。
よく本なんかに書いてある塩加減だと味が全然薄いので、「こんなにかけるの?」ってくらい塩コショーは多めに使った方が美味しいと思います。

ターキー


そして、私の12インチスーパーディープのダッチオーブンに入れたのですが、ここで問題発生。

用心深い私は?事前にターキーを納めて確認していたのですが、お腹に物を詰めたからなのか、ターキーが大き過ぎて蓋が閉まりません。

その光景を見かねたSさんが、蓋をするのを手伝ってくれました。
ブロックを集めてきてくれ、二人がかりでその重みを利用し無理矢理閉めたのです。(苦笑)

ターキー


2時間程火にかけて出来上がり。ほどよい焦げ目がついています。
まわりにはジャガイモを入れました。

ターキー


子供達は大喜びで食べはじめ、大きなターキーも一瞬でなくなりました。
まるで餌に群がるハイエナみたいでした。(笑)

でも、この時感心した事があります。どの子供が言ったかわかりませんでしたが、食べる前に「この鳥さんに感謝だよ!」と言ったのです。親の教育が良いのでしょうね。

この嬉しそうな子供達の顔を見ると癒されます。
食べてくれる人がいると、やっぱり料理は楽しい!(笑)