作1


昨夜は友人が営む酒屋が主催する酒の会が、市内の「楽や」さんで開催されました。
年に二回程開催するのですが、今回の酒蔵はサーキットで有名な三重県鈴鹿市の蔵、清水醸造と言う酒蔵さんでした。
その蔵が製造している「作」と書いて「ざく」と読むお酒。
もちろん友人が営む酒屋で販売しているお酒なのです。
この蔵での会は初めてですが、社長さんが直々に来てくれ、お酒の説明をしてくれたのです。

作2


三重県のお酒は珍しいのですが、美味しい物の代表格は何と言っても松坂牛と伊勢海老。
それにあの神聖な伊勢神宮があります。
名古屋から近鉄に乗ってN課長補佐と二人で遊びに行った事が懐かしい・・・

そんな環境の中で地元で愛され飲まれている地酒なのです。

西日本のお酒は平均、東北の淡麗辛口で飲みやすい酒とは違い癖があります。
つまり飲みにくい・・・。
でも、人間に例えると、癖のある人は受け入れる事ができるようになれば、普通以上になります。
最初飲みにくいが、慣れると美味くてやみつきになると言うお酒が多いのです。

一番高価な大吟醸酒と、一番廉価な本醸造酒とでは、味もさることながら色もこんなに違います。
清水社長さんに、「こういう酒の飲み方は普段できないので、一つの食べ物を、作り方の違うお酒を飲み比べながら、どの酒が食べ物に合うかを楽しむ事ができるよ。」と言われたのです。

フルーティで白ワインのような大吟醸なら洋食でも、いや、食べ物はほとんどなくても良いし、癇にしても美味しい本醸造酒では、あぶったイカでいいですしね。(笑)

酒好きなら知っていますが、お酒は高ければ美味しいと言う物ではありません。
高い酒は原料と、てまひまがかかっているのです。

私は安くて自分に合った美味い酒を捜すのが好きなのですが、だいだいは飲みなれている純米酒か純米吟醸酒あたりに収まります。

作3


でも、いつもそうなんですが、この辺りにくると酔いもまわり何が何だかわからなくなります。(苦笑)

やっぱり美味しいお酒を飲むには、飲む場所、相手、そして飲む時の気分が一番大切ですよね!。