ブリタ


我家で3月から使用しているブリタの浄水器。
実はこれ、購入したわけではなく景品で当たったものなのです。

これ以来、あの専用ボトルを持ってダイエー行き、沢山ボトルを持っているおばちゃんの後ろに並んでイライラする事がなくなりました。(笑)

しかし、浄水器と言う物はどの製品もそうですが、フィルターが消耗品なのです。交換時期を知らせるインジケーターがこの浄水器に付いているのですが、先日交換サインが出ました。

業界ナンバーワンの電気屋さんの浄水器売場に行ってみると、これと同じ物が売っていました。
交換フィルターを捜すと、国産の物は商品があるのですが、このドイツ製のブリタの交換フィルターが見当たらないのです。

そこで店員さんに尋ねると「これは日本製ではないので、あるのかな?お調べしますので少しお待ちください」と言われ、しばらく待たされて店員さんが戻ってきました。

そこで言われた言葉は「このメーカーのフィルターは製品なのか部品なのかメーカーに問い合わせないとわからなので後日連絡します。」だって・・・。

私はそんな事どうでもいいのです。ただ浄水器を売っていて、フィルターに関してそんな店員さんの知識はないだろう!」と、呆れて店を出ました。

もう一件の電気屋さんの浄水器売場に行ってみると、普通に売っていました。
これが本当ですよね。浄水器を売るからには・・・。

1個のだと1500円、3個セットのだと2980円なので、3個のを購入しました。これで今年は乗り越えれます。

「普通の水道水でいいだろう!」と言う人がいます。私もそう思います。でも、浄水器のお水は水道水より美味しい事も確かです。

現在は奥側と言うか隣に2件家が建ったので問題ありませんが、私が家を建てた時は、水道の本管から我家までの水道管内の水は、我家で使わないと滞留してしまうのです。

職業柄どうしてもそういう事が気になるので、管径と距離で水の量を計算すると、ちょうどお風呂の水1回分位が滞留してしまうのです。

だから最初のうちは生水を飲む気にはなれなかったのです。そこで、スーパーの浄水された水を飲むようになったのが事の始まりなのでした。

話は全然変わりますが、私のニンニク畑の除草をしてくれたのは、私の友人とその奥様が2時間もかけてやってくれたのでした。友人に感謝の気持ちでいっぱいと共に、私自身は大反省です。

やっぱりなかなか見に行けないので、何か対策考えないと・・・(汗)