収穫1


話が後先になりますが、今週の始め私の唯一の家庭菜園であるニンニクを収穫しました。
私の幼友達で家庭菜園の師匠Hべぇ〜君から連絡があり「もういいぞ!」と言われたのです。
そして何もわからない私の為に、収穫を手伝ってくれたのです。

Hべえ君は研究熱心な人なので、私がニンニクを作りたいと言った時から研究をはじめ、江部乙町には90歳を過ぎた「じろう」さんというニンニク作り50年以上のおじいちゃんがいるのですが、このおじいちゃんとS男ちゃんのお父さんからノウハウを聞いているのです。
S男ちゃんのお父さんとお母さんには私も色々教えてもらいました。
S男ちゃんのお父さんの紹介で、私のニンニクの苗もこのおじいちゃんから分けてもらったものなのです。そうでないとある程度の大きさにするにはとてつもない年月がかかってしまいます。

このおじいちゃんいわく、ニンニクの収穫時期は上から5枚目の葉が枯れたらOKだとか。
もうひとつの情報、先日浜益の親方は「土用丑の日が過ぎればOKだ!」とも言っていました。
まあ、確かにその通りなのですね。

仕事が終わり私が畑に到着すると、すでにHべぇ〜君は収穫作業を始めていました。

収穫2


これが収穫したニンニク。右側の大きいのは無臭にんにくです。大きさにばらつきがあるのですが、抜いていてわかったのは、大きいのには根に水分が多いのです。
失敗したなと思ったのは、雑草取りが甘かったのです。雑草の根に栄養がとられているニンニクもありました。これは反省材料です。
「今年はマルチを使うぞ!」とHべぇ〜君が一言。雑草取りの手間が省けますね。

収穫3


収穫してみるとちょうどカゴいっぱいになりました。
これだけニンニクを購入すると凄い値段になりそう・・・

収穫4


ニンニクは風通しの良い日陰で2週間程乾燥させないと日持ちが悪いそうです。
私の家にはそんな場所がないので、Hべぇ〜君の奥様の車の車庫に干してもらいました。

私の紐の縛り方が悪く社長夫人の頭にニンニクが落ちたら大変です。(笑)

このニンニク、食べるのも植えるのも自由。さるかに合戦ではないですが、私は植えるのを選びます。面積が倍以上になるので、すでにHべぇ〜君がS男ちゃんのお父さんに話をしてくれています。
私も今度会った時はお礼を言わないと・・・
でも、少しは食べたいですね!

収穫5


小さいのを少し家に持ち帰りました。でもS男ちゃんのお父さんいわく、一番ニンニクが美味しいのはこのみずみずしい干していないニンニクだそうです。

こんなのは売っていないので生産者だけが味合える特権かも?