ホッケ1


最近のブログ記事を振り返ると食べ物ばっかりですね。
確かに仕事を除けば食べる事と寝る事、そして風呂とトイレしか行動していないような気が・・・(汗)
なので食べ物しかネタがありません。(涙)

日曜日の朝、Kっち君が食糧を調達するため?朝から船釣りに出かけました。
これが、釣ってきた魚。ガヤ(蝦夷メバル)、あぶらこ、ソイ等がありましたが、その中でも特に大物がこのホッケ。これだけ大きければ根ボッケですよね。
ホッケと言えば美味しい食べ方が煮付け、すりみ等とありますが、やっぱり私は開きホッケが一番。

と言う事で、今日はKっち君のホッケの開き方を披露します。(笑)
(ホッケの開き方は魚のさばき方の本を購入しても、なかなか掲載されていませんよ(笑))

ホッケ2


まずは、どのお魚でも共通な鱗取り。鱗取り器を使えば楽ができるのですが、手がうろこだらけに。

ホッケ3


次に頭に包丁を入れ半分に。残酷ですね、私にはできません。(笑)

ホッケ4


続いて背の部分を頭の方から尾に向かって骨にそって切っていきます。
ここが腕の見せどころ(笑)。kっち君は慣れているので流石上手です。

ホッケ5


開いて見ると、ホッケ君はイワシ君を食べていたようです。(だんだんさかなクンになってきました。)

ホッケ6


内臓を綺麗に取って完成。あとは洗って塩を軽く振り、浜風で干します。

これは今週末浜益に行った人が食べれます。(笑)

洗い物


洗い物は・・・。カラーでなければ昭和初期?