下着


いくらエコだからと言っても、冬の自転車通勤は自殺行為・・・なので歩かなければなりません。
私の家から会社まで雪道なので路面状態によりますが、だいたい20分から25分。

消費カロリーはこれだと100カロリー位だそうで、ごはんだと一口か二口位なのかな?
これではこの程度の運動で痩せようと思っても無理ですよね。(苦笑)

「それでも歩く!!」(塵も積もれば・・・)

でも、冬の歩き通勤を快適に続けることには、寒さに耐えれるようそれなりの装備が必要です。
しかも、できるだけお金をかけないように・・・

近年なにかと話題になっているヒートテックの下着。価格が安いので購入してみました。

実はこの手のような化繊の下着、スポーツメーカーではもうかなり前から販売されていて、10年以上前から私も愛用しています。
保温力があり汗をかいても常にドライであるので冬山登山等では必需品です。

綿のような自然素材だと、肌触りは良いのですが、重いし動いて汗を掻くと濡れてしまいます。
これでは止まった途端、すぐ寒くて風邪をひいてしまうし、冬山なら場合によっては低体温症になるかもしれません。

しかし、メーカーや保温力によりますが、ユニクロ製品の3倍から5倍位の価格がします。

何がこんなに価格差があるのかを検証をしてみたのですが、結果は・・・

一番の問題は、素材の伸縮力が低いので大変動きづらいのです。特に下半身(苦笑)

私のような肩こりや腰痛のある人間には苦痛。普通の日常生活ではまったく問題ありませんが、運動には無理・・・って感じです。(あくまでも私感です。)

価格の差って、こういう事なんですね。

本当は安くて使えたらいいと思ったのですが、そう甘くはなかった・・・[^^;;