新酒


夜勤と忘年会が交互に続いている忙しいカミさんなので、最近は一人夕食が多い我家。
帰宅が遅い日は料理するのも面倒なので、冷蔵庫の中にあるもので我慢・・・(苦笑)

今日は、地元の酒蔵(正確には隣町)で新酒が発売されたので購入してみました。

日本酒の大好きな私は、地産地消と言われているこの時代でも、ここのお酒は大嫌いでした。
理由はもちろん美味しくないからです。

でも、今は経営者も変わり、なによりも杜氏さんがお酒作りに一生懸命だと聞いております。
そして、今年初めて発売された限定生酒の辛口が販売されたので、早速購入して試飲してみました。本当は郷土愛の強い私は、地元企業を応援したいのです。

で、結果はと言うと、私の私見は今までの甘口の酒よりは数段美味しくなりましたが、辛口を言えば、ただ辛口と言うだけ・・・
お酒の味を文章で表現する事は私には難しいので恋愛に例えて言うと、女性がよく言う「やさしくていい人なんだけど・・・」って感じかな?(笑)

何かが足りません。これで1,000円ですが、これなら似たような値段でもっと美味しいお酒が東北だけでも沢山あります。これらに負けないようなお酒を作って欲しいと思います。

美味い日本酒は飲んでいて酔いません。でも、いつの間にか記憶がなくなります。しかし二日酔いはあまりしません。これが私の美味しい日本酒の定義です。(酔っているとは言え、偉そうだな・・・)

増毛の国稀や、根室の北の勝のような北海道でも地元に愛されている酒造会社はあります。
そんな酒蔵になってもらいたいですね。

まあ、あくまでも各人好みがあるので、日本酒の好きな人はとりあえず購入して飲んでみる事が地元企業への応援だと思います。