1


今年の正月休みは雪も大した降らず、食べて飲んでは寝てのだらけた生活で2kgも肥えてしまった私ですが、最後の日くらいはビシッと!行こうと思い、先輩達と音江山に行ってきました。

準備の遅い私はいつものごとくスタートは必ず遅れます。(苦笑)

2


20分程歩くと音江山の入口です。この時はすでに先頭。
と言うか、一番若い私はラッセルをしなければならないので当然先頭を歩きます。

3


雪は少し降っていますが、風もなく、少し暖かいのでコンディションは良好です。
体も調子が良いのか、後ろの人達とも離れ、冬山特有のまったく無音の世界が心地よいのです。

4


登りだして3時間、頂上のすぐそばですが、さすがに稜線から頂上にかけては気温が変わります。

5


私のつけたトレースを歩いてきた他パーティのスキーヤー、私に「トレース有難うございます」と言ってから裏側の超急斜面を滑ろうとしています。装備を見ると、スキーはかなり上手そう・・・

6


頂上で待つ事30分、我がパーティの会長Nさんが登ってきました。さすがベテランの貫禄!
実はこの時、私の手足はすでに冷えきって、早く降りたい気持ちでいっぱい・・・(苦笑)

7


雪は少し重いかな?と思ったのですが、滑ってみると最高のパウダースノーで超気持ちがイイのです。テレマークスキーを持って来ないで山スキーにした事を少し悔みました。
結局スタート地点に戻ったのは登り始めて5時間後。その間300ccのポカリスエット1本。
お腹が空いて朝作ったおにぎりをほおばります。

美味かったなぁ〜。(笑)

音江山


ひさびさにGPSでログをとりました。登りながら少しルートがわからなくなった事と、予備のインナー手袋を持参していなかった事は今日の反省点です。インナー手袋が汗で濡れてしまって頂上から手が冷たかったのです。

家に帰ってからチロルの湯に行ったのですが、体重が正月休み前に戻りました。
やっぱり体を動かす事は最高です。でも両足の筋肉痛が・・・(苦笑)