丹頂


川湯へ・・・シリーズもこれが最後。
この時期せっかく道東に行ったのなら、特別天然記念物の丹頂鶴は見たいものです。

今から30年前位の事ですが、取引先のカメラ屋さんから60万円位する望遠レンズを借り、同僚のG次長と夜通し走って阿寒町まで丹頂鶴の撮影に行った事があります。
やっぱり鳥の写真を撮影すには、一眼レフカメラでないと納得いく写真は撮れないですね!

バカチョンカメラでの撮影では、私の腕ではこの写真はベストの方かも?


番い


ほとんどの丹頂鶴は番いか家族で生活していると言われています。
でも、死別したりすると生涯1羽で過ごすのだとか・・・。

まあ、そんなロマンチックな話より今の私は・・・

鹿


商売柄、運転をしながら色々な道路付属施設物を見て価格とかを考えてしまいます。(苦笑)

たとえばこの動物注意の標識。一般的にはほとんどがこの鹿かキツネの絵なのですが・・・


馬


滅多に見れないですが、たまにはこんな馬とかもあります。


トラクター



さらにはこんなトラクターに注意の看板も・・・。こんなのはきっと道東ならではですね。

これって汎用性がないので、価格が高くなるのかなぁ〜?  なんてね!(笑)