キャンピングカー


昨日の続き・・・
一応テントを持参して一人で屈斜路湖に向かった私ですが、私の山の師匠も一人で来ていたので、キャンピングカーに泊めてもらう事にしました。
向かって左から2台目のキャンピングカーですが、この車になってからは初めての宿泊です。

ベット


たぶん私のブログを見に来てくれる方達はほとんどの方がキャンピングカーの中なんてあまり知らないと思いますので、師匠に無断でちょっと紹介。(苦笑)

それぞれのライフに合わせて色々なパターンがあるようですが、師匠はアウトドアの達人なのでこの車はマジによくできているみたいです。

これが私が寝たベット。この車は常設ベットが装備されている車ではないので、テーブル周りが広く使えます。8人くらいなら楽勝で宴会ができる広さがあります。

仕掛2


でも、ちょっと手を加えれば簡単即時にベットに早変わり。椅子の背もたれが椅子と椅子の間にセットできるようになっています。

仕掛


セットするとこんな感じ。器用な友人のS男ちゃんなら簡単に作れそう・・・(笑)

テレビ


このベットに横になりながらテレビを見ていると、家とまったく変わりありません。いや、まさに家だと言っても過言ではありません。この日の夜は寒かったのですが、暖房だってエンジンをかけなくてもすぐに入ります。

キッチン


そしてこれがキッチンですが、180cm近くある背の高い師匠が楽に立って料理ができます。
ちなみに向かって左側のドアがトイレ。夜中だと特に女性に便利です。

朝食


本格的な食事にこだわる師匠は私に朝飯を作ってくれました。もちろんインスタント食品なんて当然ありません。ごはんは水を節約できる無洗米を使い、時間と燃料を節約できる圧力鍋で炊きます。
そしてこのビニールクロス。何をこぼしても拭けばすぐに綺麗になる優れ物。

ただ食事は大変美味しかったのですが・・・

視線


食事をしている時の、隣のキャンピングカーからの視線が気になりました。(苦笑)

まあそれはともかく、のんびりした三日間のキャンピングカー生活は楽しかったです。もうそんなに遠くない自分のリタイヤ後の残り短い余生はこんな生活に憧れます。(笑)