荷物


特別何処か遠くに行ったわけでもない今年の盆休ですが、PCを触ることは、社内イントラのチェックと料理のレシピを調べる時だけにしました。なので目の調子が大変良好です。(苦笑)

さて、今年で3回目になった浜益の友人に誘われてのイカ釣り、今回は隣人W君を誘って行きました。おかげで私の車の中は荷物でいっぱい!(笑)

船


昨年と同じこのイカ釣り船に乗ります。

見送り


16時50分浜益の港を出港。友人の奥様、M美さんが見送ってくれています。


隣人W君


18時ちょいすぎよりイカ釣り開始。この写真は少し時間が経過している写真ですが、イカ釣りは初めての隣人W君、浜益の友人にイカ釣りの仕方を教えてもらい、手際はすぐ上手くなりました。さすが魚釣りが趣味だけのことはあります。


イカ


水深40m位に仕掛を落とすのですが、夜が更けるにつれイカがどんどん釣れます。仕掛けに針は全部で8本ついているのですが、3杯以上かかると吊りあげるのがとっても重くて腕が疲れます。

ところが、不器用で手際の悪い私はとっても釣れている時間帯に仕掛を2度も絡めてしまい、それを直すのに大変な目に・・・(苦笑)

沖漬


釣れたイカは左側のように一度海水に入れて炭を吐かせます。そして小さいのは沖漬に。
生きているので、たれをどんどん吸っていきます。

箱


釣ったイカは箱に入れるとよく見る風景ですが、クーラーボックスに海水とペットボトルを凍らしたのを入れ、その中にイカを入れるのが最高です。これだと家で活イカを食べられます。

帰港


朝5時帰港。釣りの成果は隣人W君が95杯、浜益の友人は150杯位かな?
私は2度仕掛を絡めた2時間位のロスで60杯。目標の100杯には程遠かったのです。

来年また頑張ろう!今年の夏はこれで終わりかな?