マイタケ


落葉キノコ採りに行った日曜日の夜、大変な事件?が起こりました。同僚のN課長補佐が実家にある古い大きな栗の木の下で栗拾いをやっていると、偶然にもキノコらしい株を発見したのです。

私の家に見せに来て「これなんだかわかる?」と聞かれたので「これは舞茸では?」と答えました。山菜採りの名人隣人W君も我家に呼んで確認。「これはきっと舞茸だわ」と言いました。しかも香りも凄い!

でも、念の為翌日保健所に持って行き「まず確認!」。すると保健所の担当者が「これは凄い!舞茸です。」と答えたそうです。

私はもちろんの事、この舞茸にかかわったすべての人は天然舞茸を食べた事がありません。それを聞いた瞬間、私は舞茸パーティを決定!(笑)

計測


持ち主の N課長補佐は、普段お世話になっている人達にお裾分けした後、私の家に残りの舞茸を持ってきました。重量を計ってみると956g。こうやって計測すると「新聞の重さがあるじゃないか!」と言う突っ込みもありそうなので・・・

新聞


新聞の重さも計測しました。43gありました。956−43なので舞茸の正確な重量は913gです。これくらいの計算なら私にもできます。ネットで天然舞茸の相場を調べてみるとk8,000円位。なのでこれだけでも7,300円もする高級食材なのです。大変貴重なもの。

塩水


私とN課長と隣人W君で食べるならそのまま食べても問題ないのですが、パーティのメンバーには女性と子供もいるので、天然なので塩水に浸して虫出しを行い、綺麗に洗いました。

乾燥


そして我家の焼肉ハウスで乾燥。こんな事を朝活でやるのは結構大変でした。(苦笑)

舞茸


そしてその夜、いよいよ舞茸パーティの始まりです。奥の小さいのは食品乾燥機で乾燥させたもの。これを使ってお酒の燗を作りました。

鉄板パスタ


そしてこの日の天然舞茸を使った料理は、舞茸の鉄板パスタ。鉄板パスタは超久しぶり。

鉄板パスタ2


レシピを忘れてしまい最初の水がちょっと少なめでしたが、まあまあです。

塩焼き


そして普通に塩焼き。本当は炭火で焼きたかったのですが、外が寒過ぎて断念。アウトドア用のガスコンロを使って家の中で焼きました。このシンプルな食べ方が一番舞茸の味を楽しめます。

香ばしくて歯ごたえもありとっても美味いのです。スーパーとかに売っている養殖ものとは全然違います。天然舞茸を食べると、普段食べている舞茸は舞茸の形をしているだけだと言う事がわかりました。(苦笑)

天ぷら


そして最後のメニューはフライヤーを使って天ぷらです。みんなで囲って揚げると楽しくてさらに美味くなります。
来年ももし生えたら今度は舞茸ごはんと土瓶蒸しを作りたいなぁ〜。

N課長補佐の実家の大きな栗の木に感謝!(笑)