1

Kっち君と約束していた登別で宗八カレイの船釣りをキャンセルしてもらい、先輩達と前十勝を目指しました。
でも、今年は私が山行に加わると、いつも天気があまり良くありません。

2

三段山の登山口とスタートは同じですが、すぐ左方面に入ります。私は白銀荘のトイレに入って大をした関係でスタートが大幅に遅れ、追いつくのが大変。必死に後を追います。(苦笑)

3

十勝岳噴火の監視機械小屋はまるでキノコのように屋根に雪が積もっています。でも、今年もこの辺りは雪が少ない感じがしました。

4

前十勝を登るには、沢を一つ越えて向かいの尾根にとりつかなければなりません。この辺りでは私はラッセルをしていたのですが、視界がきかず、沢を渡れる場所がわからないのです。

ちなみにこの写真、ただの平らな雪原に見えますが、この1m先はスパッと10m以上は切れ落ちているのです。実は危なかった・・・(苦笑)

冬山はこの上ないほど美しいけれど、マジに気をつけないと危険と隣合わせなのです。

5

少し戻り、そのまま沢沿いを登りながらルートを捜す事にしました。

6

少し歩くと急斜面が見えてきたのです。

7

トレースがわずかに残っていたので、その跡を使い登りました。

しかし、ちょうど登りきったところで右の方から声が聞こえてきたのです。しかも姿が見えてくると、私が登山口から歩きだしたときに前を歩いていた二人です。

なんと私達はここで三段山を登っていた事に気づきました。この急斜面は昨年の暮れに雪崩が発生して事故が起こった二段目です。いつもと登る方向が違うとまったく違う山に見えます。

8

この天気では二段から上は視界も悪く風も強いのです。そしてなによりも山の超達人である先輩がルートを間違った事で気を落としてしまいました。「猿も木から落ちる!」ってこういう時に使うのでしょうね!(苦笑)

って事で二段目の上で下山。沢が埋まる4月に前十勝リベンジ予定です。それにしても三段山の頂上すら、いったい何年登頂していないだろう?天気に恵まれない私です。

この写真は先輩のHPから勝手に借用。

0223ルート


ここに来ると、下山後の白銀荘の温泉が最高!

ログ。ちなみに一段目を登るにはこのルートの方が楽かも?(苦笑)