1


一昨日の道新の朝刊を見て唖然としました。斜里町朱円の国道が水没して通行止め。そこは週末登った海別岳のふもとです。
下山が予想より早かったので帰宅しましたが、もし遅かったらもう一泊キャンプか宿だったかもしれません。危うく帰宅できなくなるところでした。

と言うことで、日曜日はカミさんと札幌へ。つい先日、15年乗っている私の愛車の車検をとりました。まともに見積もりをとったらとんでもない金額になったのです。
2年後は乗れるかどうかわからないので交換部品は中古を捜してもらい、車検が通る最低限の整備をしてもらいました。

2年後に向けて、ゆっくりと次の車の事も考えないとならなくなってきたのです。しかも年齢と経済的には生涯最後の車になるかも知れない・・・(苦笑)

偶然にもこの日は札幌でキャンピングカーのイベントが行われていたのです。

2


会場に入ると一番最初に出会った車がこれ。カミさんのキャンプ好きの同僚が最近購入したのと同じだとか。
この車で通勤しているらしく色もカッコイイ!目立ち度120点!

3


中に入って常設ベットに寝てみたカミさん。なかなかのお気に入りのよう。
でもこの車で中古の家が一軒購入できるくらいの価格がします。

4


次に目に入ったのがアメ車のでっかいやつ。こんなのは日本では釧路方面の道東でしか乗れませんね。コンビニもうかつに入れません。

5


価格も一本越え。私の友人の中では我家の家の前の社長さんくらいしか買えないかも?(笑)

6


一般的なハイエース。このクラスでだいたい5〜6百万円くらいです。

7


なかなか豪華で、料理も楽しくなりそう。でも、とうていこの価格では買えないので、ハイエースならS男ちゃんに作ってもらおう!(笑)

8


1500ccのタウンエースのキャンピングカー。だんだんと目が現実的になります。(笑)

9


室内もコンパクトに収まっています。

10


それでも価格はこんなにもします。

11


とうとう軽自動車へ。

12


軽と言っても、ちょっと狭いですが装備はなかなか本格的。1〜2人旅なら走りは別として快適だと思います。

13


でも、やっぱり気になる価格。ハーレーと同じくらいかな?(苦笑)

14


軽自動車の狭いのを回避するためこんな面白い車もありました。

15


停車時は後ろを伸ばすことができます。

16


中のキッチン周りもなかなかのもの。

17


結局一つわかった事は、我家の経済力では新車のキャンピングカーはとうてい買えません。夢のまた夢。

最後の抽選会でルスツリゾート宿泊の夢をかけて挑みましたが、結果は残念賞の飴。

現実は厳しい!(笑)