1


日曜日は天気が続いています。6月最後の日曜日は、またまたS男ちゃんと山でした。いつものごとく、登る二日前に決定!(苦笑)

S男ちゃん、この日は午後から部下の結婚式で挨拶をしなければならなく、先週に続き、またもや午前中勝負!

なのでS男ちゃんの自宅から車で30分程で登山口まで行ける空沼岳に決定しました。

2


私は家を午前3時過ぎに出発。S男ちゃんの家から車を乗り換え、5時30分に往復15.4kmの空沼岳登山が始まりです。

3


私は空沼岳は初めて。そもそも札幌圏の山は人が多く、私の師匠はそういう所が嫌いで、いつも道東、裏大雪、日高と言った静かなところばかり登っていました。

朝から晩まで山にいて、2〜3人にしか合わないとかね!(苦笑)

ここは別名泥沼岳と呼ばれているらしく、登山道の状態が悪いのです。朝一番のまだ体が固い時は、こういう場所をくぐるには腰に悪い!

4


それでもS男ちゃん、今回購入したカーボンシャフトで280gしかないトレッキングポールを使いながら軽快にスピードを上げます。

こういう場所でのバランスとりも楽勝!

5


沢筋を歩き・・・

6


登り始めて1時間20分で・・・

7


万計沼に到着。天気が良いのでとっても綺麗です。

8


時間があまりないので、少し休憩してすぐ出発。

9


30分程で二つ目の沼、真簾沼に到着。北海道らしい風景ですね。

10


頂上は札幌岳への分岐を過ぎですぐと聞いていたのですが、何処を見ていたのか、いつのまにか頂上へ。

登り始めて2時間50分、8時20分に到着です。最初に見えた景色。

これは支笏湖が雲海で、恵庭岳と風不死岳の頭が姿を現しています。

11


振り返ると蝦夷富士、羊蹄山も。さらには遠くトムラウシをはじめとした大雪山まで見えました。

左膝の調子がいまいちだったので、重たいEOSを持っていなかった事に後悔します!(苦笑)

12


そしておきまりのどや顔でツーショット!。シャコタンセリカに乗ってブイブイやってた35年前頃ならこんな姿は考えられませんね!(苦笑)

暑いのでラーメンは二人とも食べる気にはならず、おにぎりを食べて下山。

13


登山口に着いたのは11時30分。9時頃頂上を出発しているので2時間半程かかっています。この山も札幌岳と同じで登りも下りも30分程しか変わりません。時間に予定通りの山行でした。

私はこの後、S男ちゃんの家でシャワーを浴びてチョイ街ブラ。

S男ちゃんは今回月曜日もお仕事が休みなので、結婚式が終わった後に、札幌から約400km離れた稚内へ夜走り、ウインドサーフィンを乗りに行きます。

南東の風は日本海の抜海。北西の風が吹けばエリモだとか。

どちらにしても私のような寝ないと生きていけない凡人にはついていけない体力。

もしかしてS男ちゃんは、BOSS宇宙人ジョーンズの仲間ではないだろうか・・・(苦笑)