1


温泉から上がり、翌日の山での食料を調達に街に行ったのですが、その時、ほんの一瞬だけ利尻山が姿を現したのです。

山が「明日来いよ!」と言っているような言っていないような・・・


2


準備完了後、Sさんのお店に行く前に、ちょうどこの日開催されていた地元のお祭り会場へ行ってみました。

3


さすが利尻って感じで、ここではウニが沢山焼かれています。

4


特設ステージではウニの早食い競争が・・・。ウニ大好物の陽ちゃんなら優勝できるかも?(笑)

普段人混みで仕事をしているS男ちゃん、こういう人の集まるところが嫌いなようで、さっさと退散!

5


そしてSさんのお店へ。
このお店はどちらかと言うと地元客向けのお店です。

6


中へ入るとSさんは友達の漁師さんと二人で、獲れたばかりのウニ身を取り出していました。私達の為に用意してくれていたのです。

7


そしてまず出されたのが生うに。北海道と言えども身の大きさが違います。

ウニは通常昆布を食べて成長します。と言う事は利尻で獲れるウニは利尻昆布を食べて成長するので、もちろん美味しいに決まっています。

8


次はホタテの貝殻にウニを乗せて炭焼き。

9


このウニ焼きも味と香りがさらに濃厚になり美味い!S男ちゃんも大変お気に入りで来月オープンする郷土料理のお店のメニューになるかも?

10


他にも利尻のタコ。

11


利尻のもずく。ここからは漁師さんの差し入れですが、流通はしていないとか・・・

12


利尻産の海苔。こちらも地元の人しか食べられない逸品です。


13


そして漁師さんが自分の冷蔵庫から厳選した根ボッケ。利尻ホッケの選び方としては大きさではなく顔が小さく流線形の物が美味しいらしい・・・

14


最後にここのお店のメニューラムジンギスカンとご飯を食べて、テントへGO!

この日の夜は大変美味しいものばかりを御馳走になりました。S男ちゃんとSさんと、その友達の漁師さんに「感謝感激!」

つづく・・・