1


寝坊して予定より1時間遅れの朝6時、登山開始です。

2


歩いて一時間程で弥三吉水へ到着。この日も利尻と同じで風がなく、しかも暑い。スタート1時間の遅れを後悔します。さらにはここまで誰ひとりと会う事もなく、無音で熊に対する緊張感も少しはありました。(苦笑)

3


なのでここまででポカリ一本空けてしまい水を補給します。(苦笑)

4


弥三吉水から少し歩くと極楽平に到着します。ここでやっと山の上の方が見えるのですが、やはり灼熱。極楽どころではありません。


5


登り始めて2時間、8時に大沢到着。ここまででかなりの登山者を追い越してきました。前に師匠と登った時は9月の中過ぎでしたが、ここで吹雪に遭遇した苦い思い出があります。

6


沢の途中は雪渓もしっかり残っています。

7


8時30分羅臼平到着。オーストラリアの外人さん他テントが数張りありました。ここで寝るのは気持ちがいいと思います。

8


羅臼岳の頂上も見えます。但しキャンプするなら食べ物はこの中に・・・

9


頂上直下にある岩清水。この水は冷たくてマジ美味い!

10


ここからは岩を登ります。一番上の岩が落ちてこないだろうかとちょっと気になります。

11


もうすぐ頂上。知床連山の素晴らしい景色です。縦走したら最高でしょう!

12


9時25分頂上に到着。暑いわりには頑張りました

13


ウトロ側はこんなに晴れていても・・・

14


羅臼側は雲海です。

15


世界遺産知床はやっぱり素晴らしい景色。

16


頂上で旭川のこの方としばらくお話をして、結局はほとんど一緒に下山しました。

17


下山してから峠少し前からの羅臼岳。

羅臼岳


そしてログ。