1


今回はS男ちゃんと従兄家族という異色のメンバーで、秋深まる富良野岳に行ってきました。

本当はこのメンバー+フーミンさん家族だったのですが、都合によりフーミンさん達が参加できなくなったのが残念でした。

私の自宅5時30分出発の予定でしたが、妹が寝坊して5時40分出発、そして私の予定より10分早い7時50分に登山開始です。駐車場は私達の車3台を停めた途端に満車です。たぶん・・・

2


今回の服装は、サラサとおそろのモンベルのオレンジジャンバーで決めてみました。でもこのジャンバー、歩きだして10分で暑くて二人とも脱いでしまったのです。(笑)

3


30分弱で安政火口に到着。ここの登山、登山口からここまではウォーミングアップだし、帰りはここからがクールダウンなのです。

4


子供達はバランス感覚が良いので岩の上をポンポンと跳ねながら歩いて行きます。後ろから進む妹はやっと歩いているような感じが・・・(苦笑)

5


この日は安政火口の少し上あたりが紅葉のピークでした。


6


この日はどういう訳か頂上が遠く見えるのです。それでも暖かく風もなし、この時期としてはベストコンディションです。

7


登りながら振り返るとこんなふうに十勝岳が見えます。

8


頂上には10時30分に到着。私の予定より30分程早く到着しました。

サラとツーショットで私もご機嫌!

9


そして妹と従兄家族との集合写真。S男ちゃんが撮影してくれました。

10


前夜、我家で飲み過ぎて二日酔い気味の従兄に娘のサラサはおかまいなしでカメラ目線!(笑)

11


食料係のわたく氏は、ヤクルトおねえさんから購入してからすっかり日にちが経過し、賞味期限の切れかかった青汁入りのインスタントラーメンを玉子入りで作りました。風が無風なので作り方がまったく無防備です。普通なら山の上でこんな風に広げて作るなんてありえません!

12


そのラーメンを岩の上で食べる長男のイブキと妹のサラサ。この上から見える景色は・・・

13


雲の上です。私も子供の時にこんな経験ができたなら、今の人生とは変わっていたかも?(苦笑)

14


下りはS男ちゃんがバテバテの妹にカーボンシャフトのダブルストックを貸してくれ、そしてS男ちゃんは妹の一本ストックを使いながらおじいちゃんのように下ります。(笑)

15


S男ちゃんが登りの時から気にかかっていたこの岩。ここを歩かないと気がすまないようです。結局下りで歩きました。(笑)

16


子供達は最後まで元気一杯!つねに先頭を歩きます。

17


午後2時下山。二人とも大変ご満悦!

18


そして汗を流しに白銀荘へ。S男ちゃんのポルシェの助手席に乗ってご機嫌のサラサです。

でも、S男ちゃんの愛人にはまだちょっと早いかな?(笑)